酒匂隆雄の畢生の遊楽三昧 sakoh

ゴルフって易しそう。

2021/11/01

昨日の女子プロゴルフ、三菱電機レディースを見て感激した!

最終日、首位タイで出た全英オープンを制した渋野日向子選手が、韓国のぺ・ソンウ選手をプレーオフで破って優勝したが、その勝ち方に鳥肌が立った。

途中ぺ・ソンウ選手と首位を取ったり、取られたりの攻防が続いていたが最終18番ホールで2打差をつけられており、こっちがイーグル(パーより2打少ない。)を取ってあっちがパー、或いはこっちがバーディー(パーより1打少ない。)を取って向こうがボギー(パーより1打多い。)でなければ負ける展開となった。

まあ確率的には殆ど勝てるとは思えない状況であったが、何と本当に渋野選手が先にバーディーを奪ったら、ぺ選手が3パットしてボギーにしてしまった。

両者とも9アンダーの首位タイとなり、18番ホールでのプレーオフとなった。

渋野選手は渾身のティー・ショットを打って、いい所にボールを置いた。

そしてスプーン(ウッドの3番クラブ)で打った第2打目、グリーンのエッジに乗り、上手くバウンドしてピン横凡そ3メートルに付けてイーグル・パットが残った。

ぺ選手は3オンしてバーディー・パットを残していたが、先に渋野選手がイーグル・パットをど真ん中から沈めて今年2回目の勝利を飾った。

天晴れ、渋野選手!

前週は松山選手が矢張り圧巻のイーグル・パットを沈めてPGA.のZOZO.オープンで優勝したが、まあ凄いものだ。

ああいったプレーを見ると、”ゴルフって簡単そうだな。”と何時も思う。

出来っこないのだが,”俺にも出来んじゃねーか?”と錯覚する。

そもそも飛距離が違うので出来っこ無いのだが、そう思わせてくれるだけでも嬉しい。

よーし、どうやら天気も良さそうなので明後日、鬼のBWC.でプレーしてみるか?

そう、あの松山選手としぶこ(渋野日向子選手のあだ名)のスゥイングをイメージしながらやってみよう。

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

さこう・たかお
酒匂隆雄

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

最新の記事

カテゴリー

アーカイブス

無料会員募集中