酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

本当に簡単そう..

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

昨日女子プロ・ゴルフ・ツアーのブリジストン・レディース・オープンを観戦したが、20歳の西郷真央選手が大会初優勝を飾った。

 

西郷選手今季10戦して何と5勝。

勝率5割であるが、今回優勝する前の2戦は予選落ちしている。

 

圧巻は16番まで同スコアに3人居て誰が抜け出すかと思っていたら16番パー5で第3打をバンカーから直接放り込むイーグルで他の2選手を突き放した。

 

我々ヘボはバンカー・ショットが苦手で、バンカーに入るとがっかりするが西郷選手は計算ずくでバンカーに入れ、鮮やかなショットで直接カップ・インしたのだ。

 

ああいうのを見ると、何だか簡単そうで"俺にも出来そうだな。"と思うが、絶対に出来ない。

 

しかし2週連続で予選落ちの後優勝と、"プロでも波が有るんだなあ。"と思うが、我々ヘボは悪い波ばかりだ。

 

 

よし、あのイメージで俺もバンカー・ショットをやってみよう!

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

優れ物。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

久し振りに古いピノ・ノアールを飲みたくて1990のYARRA YERING.を開けた。

 

 ワイン 215.jpg

 

 

こう言う古いワインを開けると多くの場合コルクが脆くなっていて、開けるのが大変だ。

 

下の様な普通のオープナーで開けようとするとコルクがスカスカになっていて抜けない。

素人が開けるのは殆ど不可能である。

 

 栓抜き2.jpg

 

そこでこの優れ物の登場である。

 

 

 

 栓抜き 215.jpg

 

先ずは普通のオープナーと同様に、左側をそーっとコルクの中心に刺していく。

 

そして次に右をコルクとボトルの間に刺していき、完了すると両方をいっぺんに持ち上げる。

 こう言う感じである。

 

 

栓抜き all.jpg

今までこれで古いワインを開けるのに失敗したことは無い。

ほんに優れ物である。

 

ワインは今晩飲む為にさっき開けたのだが、実はこれは結構賭けである。

 

30年以上経ったワインは下手をすると開けた途端にぱーっと香りと味が散ってしまって時間が経つと美味しくなくなることがある。

 

逆に数時間置くことによって香りと味がまろやかになることが多い。

 

今ひと口飲んでみたが、素晴らしい香りと心地良い酸味が宜しい。

 

 ワイングラス入り.jpg

 

 

さてあと3時間後にはどうなっているだろう?

 

楽しみだ。

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

世界株安。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

世界的にインフレ懸念が台頭して株価が下がっている。

 

特にニューヨーク株式市場の3指数の下げが酷く、年初からダウが15%、ナスダックが28%、そしてS&P.が19%の大下げとなっている。

 

最大の原因はアメリカの中央銀行とも言えるFRB.(連邦準備委員会)の金融引き締めである。

3月の0.25%の利上げに続いて今月は0.5%の大幅利上げに踏み切り、6月と7月にも各々0.5%ずつの利上げとバランス・シートを縮小するQT.の開始が予想されている。

 

金利が上がり、バランス・シートが縮小されると投資家の手元の流動性が減少するので株などのリスク・アセットが売られる傾向にあり、株価は下がる。

仮想通貨も下がるであろう。

 

株価が下がるとリスク・オフ(投資家が既存の債権の縮小を計り、新規投資を控える。)となり、再び株が売られると言う負のスパイルに陥る。

 

3月中旬までは株価下落とウクライナ情勢悪化によるリスク・オフでドルと円の両方が買われて115円前後でのレンジ取引が続いていたが、米金利上昇が引き金となって突然リスク・オフ下でのドル買い&円売りに市場のセンチメントが変わり、131.25迄急激なドル高&円安が進んだが、此処にきて今度はリスク・オフ下でのドル売り&円高となってユーロやポンドが上昇し、昨日ドル・円が127.03まで下落した。

 

市場は移り気と言うが、まあ難しいですな。

 

日米金利差拡大による中期的なドル高&円安のシナリオは変わらないと思うが、短期的には"皆が買った"ドルが売られて下への調整が有っても不思議ではない。

 

上手く立ち回りましょう。

 

 

f33.jpg

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

お騒がせ男。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今、世の中で一番話題になっている例の4630万円誤振り込み男が逮捕された。

 

本人も逮捕されるとは思っていなかったのではないのかなあ?

 

"ネット・カジノで全部使った。"と自供し、口座からの出金の詳細が紹介されたが確かに34回に渡って全額引き出されている。

 

これを見ると、"本当だ。全額引き出してカジノでギャンブルして負けて全てすった。"と思われるが、本人は"全部使った。"とは言っているが、"負けて全てすった。"とは言っていない。

 

下衆の勘繰りだが、こいつ全部は使ってはいない(負けて全てすっていない。)で何処かにプールしていると思う。

 

身近な例で言うとFX.会社に保証金(証拠金とも言う。)100万円を10回に分けて口座に入金するとする。

 

途中取引して利益が出れば保証金は増える。

 

合計1000万円の保証金になったところで50万円の利益が出ていれば口座内の引き出し可能額は1050万円で、何時でも引き出せる。

 

取り引きに失敗して50万円損をすると保証金額1000万円、簿価上の損失50万円で口座内の引き出し可能額は950万円となる。

 

幾ら頭が悪くて、ギャンブルが下手でもあの短期間にあれだけそっくり全額を負けると言うのも中々考え難い。

 

此奴、口座にそっくり残しているんじゃないのかなあ?

 

逮捕にビビッて白状するかも知れないな。

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

やっと晴れた!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ゴールデン・ウィークの最中も、また終わってからもぐずぐずした天気が続いて嫌になっていたが、やっと晴れた。

 

今日は実に気持ち良い五月晴れとなって気分も爽快だ。

 

そんな中、気分悪いのは山口県の田舎で町役場の事務員が誤って463世帯分のコロナウィルス対策関連の給付金4,630万円を若い男の銀行口座に振り込んでしまい、その男が"全部使った。"と言って返還を拒否している事件だ。

 

男はネット・カジノで全部使って返す金は無いと言っているが、まあ嘘だろう。

間違いなく知恵を付けた奴らが居てその指示通りに動いているだけだろう。

 

問題が起きた町民は最初は"役場も悪い。"と男に同情していた人も居たらしいが、ネット・カジノで使ったと言う話を聞いて、殆どの人が"とんでもない奴だ。"と言うことになったらしい。

 

法律の事は知らないが、罪を認めてネコババした金を"こつこつ返す。"と言えば一定期間牢屋に入ってお勤めを済ませれば隠した金は自分の物になるのかなあ?

 

4,630万円と言えば大金だが、これで自分、家族、一族郎党が世の中に晒されてどうなのかなあ?

 

このまま白を切ってあくまでも全部使ったと言い続けたら、大したもんだな?

 

筆者の推測はある日この男が,"実は全部使っていません。お返しします。魔が差しました。"と謝ってくることなのだが..

 

 

 

 

f32.jpg

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示