酒匂隆雄の畢生の遊楽三昧 sakoh

マンネリ。

2020/06/04

マンネリを辞書で引くと、

“マンネリズム【mannerism】 の略。

手法が型にはまり、独創性や新鮮味がないこと。”

Goo辞書

とある。

今の筆者の生活スタイルは別に”手法”ではないが、正に”新鮮味がない。”

詰まらない。

外出を控えているので家に籠っており、毎日の生活に変化が無く何だか毎日毎日同じ事の繰り返しである。

毎朝8時起床。

録画していたテレビ東京の”モーニング・サテライト”を見ながら前日の欧州とニューヨーク市場のまとめ。(各市場の為替、株式、債券相場の終値を毎日記録している。)

9時半頃、同じく録画していたNHK. Eテレのテレビ体操をやる。

9時55分からじゅん散歩を見ながら朝食兼昼食を取る。

この後、相場を見ながら悪い癖でだらだらテレビのニュース・ショーを見る。

この間”今晩、ご飯どうする?”、”なんでもいいよ。”、”そんな事言っても嫌いな物は食べないじゃない。”の何時もの馬鹿げた会話が有る。

午後5時から録画していた”下らないアメリカのテレビ会社が作ったアクション物=昔大量に録画したCSI. ,Criminal Mind.など。一日2時間見て、3年分くらい溜まっている。”を見ながら30分間ウォーキング・マシンで歩く。(大体3000歩くらい)

ウィークデイの間のちょっと変わったことと言えば、月曜日はビデオ録画、レポート書き、そして木曜日はZoom.を使っての会議が有るが、後はいっつも同じ。

そして気が付けば何時の間にか週末の土曜日と日曜日。

週末変わる事と言えば、必ずシャンパンを開けることと、後は見るテレビ番組が変わるだけ。

間違いなく、マンネリである。

ところでコロナ対策、ちょっと緩めたら又感染者数が増え出したらしい。

このマンネリ、未だ未だ続くのは間違いない。

我慢は続く。

じーさんみたいだが、(あ、じーさんには間違い無いか?)ふと外に目をやって入ってくる花の姿は心を落ち着かせてくれる。

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

さこう・たかお
酒匂隆雄

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。
YouTubeチャンネル「酒匂塾長チャンネル」開設。

最新の記事

カテゴリー

アーカイブス

無料会員募集中