酒匂隆雄の畢生の遊楽三昧 sakoh

根拠無き熱狂。

2024/03/05

週明けの東京株式市場で日経平均株価は初の4万円台に乗せた。

2月22日にバブル期に付けた最高値の38,915円を上切ってから10日しか経っていないが、意外に市場の過熱感は無い。

それよりももっと凄いのはビットコインの急騰で、昨日1ビットコインが1千万円台に乗せた。

年末は600万円位だったから2ヶ月で実に67%も値上がりしたことになる。

ドル円相場が10円も上がっている事もこのビットコインの急騰を助けている事は間違いないが、それにしても凄い!

持たぬ者の僻みではないが、間違い無く根拠無き熱狂と言えよう。

根拠無き熱狂とは、1996年に当時のグリーンスパンFRB.議長が当時の株価の騰勢に対して皮肉を込めて言った、”Irrational Exuberance.”の訳であるが、今のビットコインの動きに対してそれを言ってもおかしくはあるまい。

筆者はビットコインを始めとする仮想通貨には余り興味が無い。

理由は簡単で、フェアバリュー(適正価格)なる物が無いからである。

ドル円相場のフェアバリューが115円なのか150円なのかは分からないが、日米金利差の拡大でドル円は115円から150円迄上昇し、今はFRB.の利下げ,そして日銀のマイナス金利からの脱却を意識しがらドル安&円高へのトレンド転換のタイミングを市場は固唾を飲んで見守っている。

つまりこの様なファンダメンタルズの変化が相場(価格)の調整を試みると言うのがプライス メカニズムで、それでフェアバリューを探るのである。

ビットコインにはそんなメカニズムは無い。

イーロン マスクが買ったと聞けば上がり、売ったと聞けば下がる。

実は筆者もちっとだけビットコインを持っている。

何年か前にトレトレさんのイベントに参加して貰った物だが、今は馬鹿にならない金額となった。

自分では買う勇気は無いので、この虎の子のビットコインを大事にしておこう。

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

さこう・たかお
酒匂隆雄

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

最新の記事

カテゴリー

アーカイブス

無料会員募集中