酒匂隆雄の畢生の遊楽三昧 sakoh

この歳になって….

2024/03/04

先程、この歳になって親知らずを抜いた。

親知らずは口の一番奥に在って、歯磨きが上手く行かずに虫歯になり易いと聞いていたが,案の定大分前から歯医者さんから、”時限爆弾を抱えている様なものなので、何れ抜歯する事になると思います。”と言われていた。

先週末,冷たい水を口にしたらビビッと沁みて、”あ、来やがったな!”と思って歯医者に行ったら、”今から抜きますか?”と平然と言われて、”あ,今日は夜食事(勿論,飲みもある。)の約束が有るので,週明けにして下さい。”と頼んで、今日抜いて貰ったのだ。

“成る可く痛くない様にしますからね。”と言われたので、”成る可くではなく、絶対に痛くない様にして下さい。”と頼んだら、”そうは行きません。”と軽くあしらわれた。

何十年も前に同じく親知らずを抜いて貰った事が有るが、大変だった。

歯を割って抜かねばならず、先生がトンカチでガンガンやって歯を割り、死ぬかと思った。

“今回は上だから、楽ですよ。”と言われたが、恐ろしくて仕方無い。

未だ斬首台には乗った事は無いが、首を斬られる時は同じ様な心境なんだろうな。

麻酔を打たれて15分位待つ間の長いこと,長いこと。

さて,抜歯。

何だか恐ろしいペンチの様な物で、グイグイと抜くのだが、そうすんなりとは行かない。

その内メリメリと言う音がして歯が取れた。(抜けたではない。)

死んだかと思った。

抜いた歯を見せて貰ったが、グロテスクで見るに耐えない代物だった。

先生が、”歯を持って帰りますか?”と冗談を言ったが,自分には全然面白くも何ともなかった…

“今日はお風呂と酒は控えて下さいね。”と言われて、”矢張りな。”とは思ったが、なーに毎水曜日は飲まない様にしている禁酒デイを今日にすれば良いんだ。

奥歯に血止めのガーゼを口に挟んだまま帰宅すると、カミさんが”どうだった?痛かった?歯を割られた?”とニコニコして聞いて来やがった。

性格の悪い奴だ。

何で役に立たない親知らずなんて物が存在するんだろうか?

ああ,でもこれで永年の心配事が一つ減ったことは事実だ。

もう御免だ….

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

さこう・たかお
酒匂隆雄

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

最新の記事

カテゴリー

アーカイブス

無料会員募集中