酒匂隆雄の畢生の遊楽三昧 sakoh

庶民感覚とのズレ。

2024/01/20

総務省が昨日発表した統計によると、昨年の全国消費者物価指数(CPI.)の平均が、値動きの大きい生鮮食品を除く総合指数が前年比で3.1%上昇したそうだ。

3.1%?

我々庶民の肌感覚から言うとそんなもんではないだろうよ、と思うが如何なものか?

日銀はそれよりも下の2%を物価上昇目標にしているが、これもピンと来ない。

皆さん、周りを見渡して値上がりが数パーセントで収まっていると思いますか?

ちゃんとした数字を使って計算しているのだろうが、どうも我々庶民の感覚とは違ったものだと思えて仕方ない。

一つ嬉しいニュースは、同じく昨日厚生労働省が今年度の年金支給額を2.7%引き上げると発表したことだ。

毎月の支給額に2.7%を掛けるとニュージーランド ワイン、一本も買えないが、まあBetter than nothing.(無いよりは良い。)

有り難く頂戴致します。

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

さこう・たかお
酒匂隆雄

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

最新の記事

カテゴリー

アーカイブス

無料会員募集中