酒匂隆雄の畢生の遊楽三昧 sakoh

Sell on fact.(事実で売れ。)

2022/05/05

\選べるプレゼント!お肉かお米が貰える/ 詳しくはこちら→

金融取引の世界に”Buy on rumor, sell on fact.”と言う格言が有る。

そのまま訳すと、”噂で買って、事実で売れ。”であるが、簡単に言うと”何かが起きる前に買っておいて、事が起きたら売れ。”と言うことである。

昨日(厳密に言うと東京時間の午前3時だから今日か?)正に為替市場でそれが起きた。

3日から4日の予定(ニューヨーク時間)で開催されたFOMC.(連邦公開市場委員会)で22年ぶりに0.5%の利上げが決定された。

通常の利上げは一回に0.25%行われるのだが、現状の高いインフレに対処する為に通常の倍の0.5%引き上げられた。

市場は大分前から利上げ(これが事であった。)を織り込んでおり、多くの市場参加者がドルを買っていた。(Buy on rumor.)

FOMC.後の記者会見でFRB.(連邦準備理事会)のパウエル議長が”インフレはあまりにも高い。”と発言するとドル・円相場は一瞬130.37まで上昇したが、その後”0.75%利上げは積極的に検討しているものではない。”と述べると一転してドル売りが殺到して128.63迄急落した。

(Sell on fact.)

東京時間になって129.54迄戻して再び128.75迄下げると言う落ち着きの無い動きを見せているが、午後4時半現在では再び129.60迄戻している。

今日の東京市場はゴールデン・ウィークで休場で市場参加者が少なく、市場の流動性が低くなって相場が落ち着きの無い動きをするのは想定内。

Sell on fact.が収まれば金利差拡大と言うファンダメンタルズを反映して再びドル・円は上昇するのではなかろうか?

\嬉しい特典!お肉かお米がもらえる/ 詳細を見る→

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

さこう・たかお
酒匂隆雄

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。
YouTubeチャンネル「酒匂塾長チャンネル」開設。

最新の記事

カテゴリー

アーカイブス

無料会員募集中