酒匂隆雄の畢生の遊楽三昧 sakoh

春は直ぐ其処?

2022/02/18

\選べるプレゼント!お肉かお米が貰える/ 詳しくはこちら→

未だ寒い日が続き、日本海側では大雪が降っていると聞くが、関東地方では着々と春の訪れが感じられる。

家の前の小さな公園でも桃と梅が小さな花を付け、我が家の小さな庭でも梅が段々蕾から花へと開花しつつある。

人間はここ数日益々寒く感じるのに植物は春を感じているのだろうか?

動物はあと2週間で啓蟄と言われる3月6日を迎えて地中からぞろぞろ這い出てくるのであろう。

益々寒く感じているのと同時に、鼻がムズムズし、目がチカチカして花粉が飛んでいるのが良く分かる。

お尻にいたーい注射を打っているので大丈夫なのだが、矢張り大いに気になるものだ。

ところで相場は毎日の様にウクライナに関するニュースのヘッドラインに踊らされて右往左往している。

昨日のウクライナ軍による砲撃のニュースでリスク・オフとなり、その流れを引き継いで今朝の東京市場では一時ドル・円が114.79、ユーロ・円が130.41、豪ドル・円が82.43の安値を付けたが、10時頃に米露の外相が来週会合するというニュースが流れてドル・円は115.27、ユーロ・円は131.00、そして豪ドル・円は83.03迄跳ね上がった。

まあ、大した動きとも言えないが、それでも瞬間50銭~60銭も動かれるとびっくりする。

ショートであれば,”週末を控えて切るべきかな?”と思うし、ロングであれば(恐らく上で捕まった筈である。)”適当なところで損切りすべきかなあ?”と迷うところであろう。

個人的には米露共に引くに引けない状態が続くと思っており、暫くはウクライナ絡みのニュースのヘッドラインから目が離せないであろう。

上がったら売っておいて良いのではないのかなあ?

(個人的な意見です..)

\嬉しい特典!お肉かお米がもらえる/ 詳細を見る→

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

さこう・たかお
酒匂隆雄

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。
YouTubeチャンネル「酒匂塾長チャンネル」開設。

ブログランキング

最新の記事

カテゴリー

アーカイブス

無料会員募集中