酒匂隆雄の畢生の遊楽三昧 sakoh

再び、快挙!

2021/06/07

笹生優花(さそうゆうか)選手が畑岡奈紗選手との日本人同士の対決となるプレー・オフを制して全米女子オープン選手権で優勝した。

1977年の全米女子プロで優勝した樋口久子選手、2019年の全英女子オープンで優勝した渋野日向子に次いで日本人で3人目のメジャー制覇だ。

彼女、未だ19歳で今回の優勝で稼いだ賞金は100万ドル。(1億1千万円)

天晴れである!

フィリピン生まれで日本とフィリピン両国の国籍を持っているらしい。

以前から彼女のロングヒットぶりには驚いていたのだが、益々上達するんだろうな?
羨ましい..

益々のご活躍をお祈りします。

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

さこう・たかお
酒匂隆雄

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。
YouTubeチャンネル「酒匂塾長チャンネル」開設。

最新の記事

カテゴリー

アーカイブス

無料会員募集中