酒匂隆雄の畢生の遊楽三昧 sakoh

ドル・円相場は膠着。

2020/05/27

\選べるプレゼント!お肉かお米が貰える/ 詳しくはこちら→

筆者が朝起きて先ず行うことは為替相場のチェックである。

メインはドル・円相場だがぱっと見て、”おう、上がったな。”、とか”おう、下がったな。”と安心したりがっかりしたりするのだが、ここ2週間はすべて107円台あった。

全然動かない。

3月に101円台まで暴落した後たった2週間で111円台まで急騰したあのダイナミックな動きが嘘の様である。

この異常な膠着の理由はコロナ・ウィルス騒動に対する悲観と楽観が入り混じってリスクを取るべきか(リスク・オン)、逆にリスクを取らないか(リスク・オフ)を決めかねている投資家が多いからであろう。

世界的な経済活動再開期待やウィルスに対するワクチン開発のニュースは株価にとって好材料で、あれだけ悪い経済指標が出てくるにも拘わらずニューヨーク株式市場は活況を呈している。

今までの経験則から言うと株価上昇は投資家に投資意欲を高めてリスク・オンとなり債券が売られて金利は上昇、そして円が売られてドル・円は上昇と言うパタ―ンが多かったが、最近はドルと円が同方向に動く傾向があり、リスク・オンになるとドルが買われるのだが同時に円も買われてドル高&円高となって結局ドル・円は動かない。

ここ数日米中関係悪化の懸念からリスク・オフとなっても良い様なものだが、日本もそうだが経済活動再開期待の方が上回って株式市場では株価が堅調である。

ところが為替市場では素直に過去の経験則と同じ様にドルが売られて、その他主要通貨であるユーロ、ポンド、そして豪ドルなどが買われるのである。

ドルと円が同方向に動く傾向がある為にドルが売られると円も売られて結局ドル・円は動ない。

結果としてクロス(その他通貨と円の組み合わせ)ではその他通貨高&円安となり、ドル・円は余り動かない。

まあ、こう言った相場展開の時はじたばたしても仕方ない。

個人的にはコロナ・ウィルス騒動が未だ予断を許さず、また米中関係悪化の状況を考えるとリスク・オフとなって、教科書的なドル安&円高になると思うのだが未だ少し先かな?

4月にも述べたが今暫くディフェンシブなトレード・スタイルで参りましょう。

\嬉しい特典!お肉かお米がもらえる/ 詳細を見る→

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

さこう・たかお
酒匂隆雄

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。
YouTubeチャンネル「酒匂塾長チャンネル」開設。

最新の記事

カテゴリー

アーカイブス

無料会員募集中