酒匂隆雄の畢生の遊楽三昧 sakoh

麻雀の功罪。

2024/06/12

\選べるプレゼント!お肉かお米が貰える/ 詳しくはこちら→

筆者は麻雀が大好きである。

大学に入って真っ先に覚えたのが麻雀であった。

学生の本分は勉学に勤しむことであるが、残念ながら(?)4年生であった1969年から1970年に掛けて我が大学は学園紛争に巻き込まれて凡そ1年間左翼の学生に学校が封鎖されてしまい、授業が殆ど行われなかった。

電車に乗って大学正門前で降りると右側が正門なのだが、キャンパスに入れない。

仕方ないので左側に行くと麻雀荘が数軒在り、其処に行くと大体顔見知り数人が屯して待っていた。

“ああ、勉強したいなあ…”と何時も思いながら,麻雀を打っていた。

(甚だ疑問ではあるが…)

“何方のご出身ですか?”と訊かれたら、”..大学、経済学部、麻雀学科卒業です。”と言う事にしている。

ところが最近面子(麻雀は4人のゲームで、相手のこと面子と呼ぶ。)が集まらなくて,中々麻雀をする機会が無かった。

我々が若い頃は麻雀くらいしか楽しむ物は無かったが、最近の若い人達は余り麻雀は嗜まず、コンピューターゲームの方を好むらしい。

“麻雀したいなあ。”と呟いていたら、勉強仲間(飲み仲間?)の若い方が、”今度,セットします。”と言って,2週間くらい前にアレンジしてくれて,久々に楽しんだ。

いやあ、実に楽しかった。

麻雀は絶対にボケ防止になると思う。

もそもそ指先を動かす事は脳に良いと言われているし、兎に角考える事は大事だ。

麻雀はある意味確率のゲームで、成る可く早く、確率良く、高い点数を取った者が勝者となる。

同時に、潔ぎよく降りる勇気も必要である。

ある意味,為替にも似ているな。

難点も有る。

それは時間が掛かることだ。

やるからには5-6時間はやりたい。

麻雀の功=ボケ防止。

麻雀の罪=時間が掛かる。

うーん、矢張りどう考えても我々老人には功の方が大きいな!

さあ、今日は2週間ぶりに麻雀をしに出掛けて来るぞ!

\嬉しい特典!お肉かお米がもらえる/ 詳細を見る→

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

さこう・たかお
酒匂隆雄

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。
YouTubeチャンネル「酒匂塾長チャンネル」開設。

ブログランキング

最新の記事

カテゴリー

アーカイブス

無料会員募集中