酒匂隆雄の畢生の遊楽三昧 sakoh

Tears and Blood

2023/12/08

.

毎日相場の話で恐縮だが、ドル円がとんでもない動きをしている。

昨日の午前中は147円台で割合静かに推移していたのだが、昨日ご紹介した植田日銀総裁のコメントが段々知られる様になると海外の投機筋が一斉にドルを売り始めて、夕方には144円台迄突っ込んだ。

その後145円台に戻す局面有ったが、ニューヨーク時間の朝2時頃に突然売りが殺到して141.60迄急落した。

朝から5円69銭の暴落である。

同じく此処でもご紹介したがマーケットはドルロングであり、多くの損切りのドル売りが出た事であろう。

海外の友人に言わせると、”Lots of Tears and Blood.”=(市場は血と涙に溢れている。)との事であった。

141.60まで落ちた後、早朝には143.50近辺で落ち着いており、東京では戻すだろうと思って早起きして少し買ったら、案の定144.32まで上げてしめしめと思った途端に142.49迄急落して元の木阿弥になってしまった。

これが典型的な年末相場である。

年末は参加者が減り、市場の流動性が低下する。

そしてボラティリティーは増加する。

思わぬ動きをするので、要注意。

必ず損切りを入れておきましょう!

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

さこう・たかお
酒匂隆雄

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

最新の記事

カテゴリー

アーカイブス

無料会員募集中