酒匂隆雄の畢生の遊楽三昧 sakoh

情け無い。

2023/08/02

ふるさと納税制度に基づく自治体への2022年度の寄付総額が前年比1351億円増の9654億円となり、3年連続で過去最高を記録したらしい。

ふるさと納税は寄付額から2000円を超える分が住民税や所得税から控除され、寄付を受けた自治体は返礼品として畜産物や水産物を送るらしい。

北海道への寄付金額が全国最多で、納税者が北海道の畜産品や水産物を欲しがっているのが分かる。

当然その分住民税の減収となる自治体が有る訳で、市区町村別では我が横浜市の272億円が最も多かった。

此れは言い換えれば横浜市に住む住民が当然市に払うべき市民税を払わずに、美味しい物の返礼を期待して他所の自治体に払っている事になる。

ふるさと納税なんて、誰が考えた仕組みか知らないが、情け無いもんだ。

市民の義務として、世話になっている自治体にキチンと税金を払って諸々の公共サービスを受けるのが当然だろう。

何年か前にカミさんが”此処にふるさと納税して、此れを貰おうよ。”と言って来たので、”欲しけりゃちゃんと金を払って買えよ。我々は市に世話になってるだろ。世話になっている自治体に税金を払うのが道理だろう。”と言ったら、それ以来何も言わなくなった。

利用者が891万人と言うから、ザッと10人に1人弱がふるさと納税している事になるので、皆さんの中にもいらっしゃるであろうが、上で述べた事はあくまでも偏屈ジジーの勝手な戯言で御座いますので……

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

さこう・たかお
酒匂隆雄

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

最新の記事

カテゴリー

アーカイブス

無料会員募集中