酒匂隆雄の畢生の遊楽三昧 sakoh

潜水艇。

2023/06/23

\選べるプレゼント!お肉かお米が貰える/ 詳しくはこちら→

1912年に大西洋で氷山にぶつかって沈没したタイタニック号を探索する為に水深4000メートルの海底に向かっていた5人が乗った潜水艇が行方不明になったらしい。

もう酸素は残っていなくて、遭難が確実視されていて、アメリカの沿岸警備隊が哀悼の意を表した。

聞くところによるとこの潜水艇、かなり杜撰な造りで、かねてから危険性を指摘されていてらしい。

操縦はゲーム機のリモコンで行うと言うから、驚きだ。

参加費用は1人3500万円と言うが、大金払って海の藻屑となるのは可哀想だ。

どうやら酸素が段々無くなったのではなく、何かの原因で爆発沈没したらしいが、参加者が即死なら未だ良かったと思う。(お気の毒であるが)

“酸素が残りあと1時間、30分。”と言われながら死ぬのは残酷だ。

筆者は幾らお金を貰っても、こう言った冒険はお断りだ。

\嬉しい特典!お肉かお米がもらえる/ 詳細を見る→

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

さこう・たかお
酒匂隆雄

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。
YouTubeチャンネル「酒匂塾長チャンネル」開設。

最新の記事

カテゴリー

アーカイブス

無料会員募集中