酒匂隆雄の畢生の遊楽三昧 sakoh

オミクロンは怖くないか?

2021/12/07

\選べるプレゼント!お肉かお米が貰える/ 詳しくはこちら→

新型コロナ・ウィルスの変異株であるオミクロンが南アフリカで確認されたから凡そ10日が経ったが、その間金融市場はてんやわんやとなった。

ニュースが伝わった11月26日にはドル・円相場は2円以上も下落したが、株式市場のダメージは相当なもので、1週間で世界の株式時価総額は約3.7兆ドル(410兆円)減ったと言われている。

昨日、週明けのニューヨーク株式市場ではバイデン米政権の医療顧問トップ、ファウチ国立アレルギー感染症研究所長がオミクロン株について”重症化の度合いがそれほど高くないようだ。”と指摘し、投資家の景気悪化への警戒感が和らいで3指数共に大幅に上昇した。

ダウは647ドル上昇し、終値の上げ幅としては今年最大で、昨年11月上旬以来、約1年1カ月ぶりの大きさとなり、日経平均株価もつれ高となって本日628円高で引け、ほっと胸をなでおろした投資家も多かろう。

オミクロンについては未だよく分からない点が多いらしいが、ファウチ所長が言う様に重症化の度合いがそれほど高くないのであれば、余り恐れおののく必要は無いのかなあ?

いやいや、そうは問屋が卸すまい。

重症化しないとは言えコロナはコロナ。

我々老人は矢張り用心に越したことはない。

我が家の庭に来る雀の数が随分増えた。

“あそこには餌が有る。”と言う噂が流れたのだろうか?

雀社会にも序列が有るのか、或いは只の意地悪かは知らないが他の雀を押しのけて我が物顔で餌を食べ続ける奴が居る。

面白いものだわい。

\嬉しい特典!お肉かお米がもらえる/ 詳細を見る→

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

さこう・たかお
酒匂隆雄

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。
YouTubeチャンネル「酒匂塾長チャンネル」開設。

最新の記事

カテゴリー

アーカイブス

無料会員募集中