酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

あれから20年。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ニューヨーク・マンハッタンの世界貿易センタービルに国際テロ組織アルカイダが旅客機2機を衝突させ、ペンシルベニアでも旅客機を墜落させて3000人以上の犠牲者を出した9.11事件から丁度20年経った。

 早いものだ。

 この年の9月末で銀行を辞めることになっており、友人と狸穴のアメリカン・クラブのバーでその話をしている最中に、壁に掛けてあった大きなテレビに一機目がぶつかる映像が流れていた。

その時はまさかテロとは思わず、事故だと思った。

 すると程なくして2機目がぶつかり、見ていたCNN.が"テロの可能性が有る。"と報じて、"これは偉い事になるな。"と思って、直ぐに帰宅してニュースを見ていたらワシントンのペンタゴンにも一機墜落し、その時は未だ飛行中の旅客機の何機かがハイジャックされている危険性が有ると報じており、戦慄が走った。

 その後の世界貿易センタービルの崩落の画像は未だ目に焼き付いて離れないが、あれから丁度20年経った。

昔、世界貿易センタービルの中に入っていた銀行を訪ねる為に、何十回訪れたことだろう..

 

9.11で 身近な友人の訃報は聞かなかったが、間接的な友人は何人も亡くなった。

 その後、アフガニスタンのタリバン政権がアルカイダの指導者ウサマ・ビンラディンをかくまったとしてアルカイダとタリバンの壊滅を目指して米英両軍が空爆を開始したが、結局20年掛けて先月米軍がアフガニスタンから全面撤退をすることとなったのは記憶に新しい。

 

結局、何だったのだろう?

 

 自分もサラリーマンを辞めて20年経った訳だが、本当にあっと言う間の20年間だったな。

 

"10年ひと昔"と言うけれど、"20年あっと言う間。"だな。

9月21日(火)YouTube無料セミナー開催!
以下のバナーよりお申込みいただけます。

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示