たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

中国株アナリスト
1958年生まれ。愛知県出身。大和総研、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立、TS・チャイナ・リサーチ(株)を設立。現在は生活の拠点を中国に移し、日本と中国を行き来しながらフリーランスとして活動中。マスコミ、金融機関や、個人投資家向けに情報提供を行っている。大和総研勤務時代に1994年から9年間、北京に駐在、中国経済、個別企業の調査を担当。それ以来、中国経済、企業に関する情報提供をライフワークとしている。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。
【著書】
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレインスタグラム登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレスタッフブログ

26日のハンセン指数は2.37%高、春節明け初日は急騰!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

26日(木)のハンセン指数は高寄り後、終日買い優勢の展開となりました。

終値は2.37%高の2万2566.78ポイントで引けました。

20230126A.png

26日(木)の中国企業指数は2.98%高で引けました。

20230126B.png

参考として、2022年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20230126C.png

主要4指数の動きをまとめたチャートをみると、ついにハンセン指数がNYダウを上回ってきました。

中国経済のV字回復期待が高まっています。

景気回復の起爆剤として期待される不動産ですが、春節の販売状況が良好だと本土メディア(時代週報、1/26など)は伝えています。

中国では戸籍のある省・自治区・直轄市以外で不動産を買う際には、省・自治区・直轄市での納税証明または社会保険加入証明などが必要であり、2件目住宅購入の際にはさらに厳しい制限があります。

ちなみに、北京市では5年連続の納税証明または満5年の社会保険加入証明が必要です。

なので、納税証明などの取れない人や、1件目の住宅を取得していて2件目住宅を購入しようとしている人などは、地元で買うというようなことが一般的に広く行われています。

建設中の物件であったとしても、実際に立地を確認したり、モデルルームを内覧したりする必要があるので、帰郷の際にそうした目的での取引は集中します。

今年は3年ぶりに里帰り客が急増しており、取引が活発化しているようです。

その他にも、当局は不動産市場の活性化に向けた総合的な政策を打ち出しており、不動産ローンの申請条件が緩和されていること、銀行側の融資態度が緩くなっていること、不動産ディベロッパーがこのチャンスを生かそうと値引き、優待付与など積極的な営業を仕掛けていることなども取引活発化の要因となっています。

1、2月の不動産販売は予想以上に好調な数字が出てきそうです。

消費絡みの統計としては、映画館のチケット予約販売額(18日から23日)がこの5年間で過去最高に匹敵する額となっており、春節期間全体では90億元を超す見込みです。

映画鑑賞チケットの販売状況は、ゼロコロナ政策廃止、経済活動の正常化に伴う消費の回復力を探る一つの重要なデータになりえるとアナリストたちは見ています。

今のところ、"景気回復見通しに死角なし"といった状況です。

セクター別では、不動産、映画関連のほか、アップル関連、電気自動車などが買われており、ハンセンハイテク指数は4.26%上昇しています。

小米集団(01810)は12.48%高と急騰しています。

スマホ、IoT家電に続き、電気自動車市場への参入を進める小米集団ですが、24日、電気自動車のデザインが流出したとの報道について、一部のサプライヤーから秘密情報ファイルが流出したと認めました。

ただ、開発の初期段階であり、最終デザインでないと説明しており、大きな痛手とはならない見込みです。

そのことよりも、電気自動車開発が順調に進んでいることを印象付けることになり、だから株価は急騰したとみています。

主力のスマホについても最悪期を脱したとする見方もあり、株価はしばらく上昇基調が続くのではないかと予想しています。

 

若林栄四 NYからの金言
第23回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

上海総合指数、春節休場明け後も上昇トレンドを維持か!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家の皆さん、こんにちは。

23日(月)は春節のため休場となりました。

今週の本土市場はすべて休場となります。

20日(金)までの本土3指数のチャートを示しておきます。

20230123A.png20230123B.png20230123C.png

本土3指数は、香港ハンセン指数と比べると、12月中旬に押し目を付けた分だけ出遅れ感がありましたが、足元ではいずれも200日移動平均線を超えて上昇しています。

特に創業板指数ではっきりとした上昇トレンドが出ており、個人投資家の買い意欲が強まっていることがわかります。

気になる春節中の経済活動ですが、21日に同程旅行が発表した春節休暇初日の消費データによれば、休暇直前の旅行、帰郷者による人流は新型コロナ禍前と同様、休暇直前にピークに達したそうです。

色々な予約優待を実施したこともあって、名所旧跡などの入園券予約数は前年同期と比べ76%増、予約車両数は35%増、ホテル予約件数は19%増となっています。

航空チケット予約件数は前年同期比16%増でこの三年間で最大となりました。

春節前に出発する航空チケット料金(平均)は、昨年の862元から24%上昇し1073元となりました。

予想通り、旅行需要はしっかりと回復しているようです。

また、文化旅行部は20日夜、2月6日より、一部の国家に対する旅行団体向けの"航空券+ホテル"の予約業務を解禁すると発表しました。

その結果、同程旅行のHPでは国際旅行商品情報に対する検索数が瞬時に5倍以上に膨れ上がったようです。

残念ながら日本はその対象から外れていますが、タイ、シンガポール、マレーシア、カンボジア、インドネシアなど31か国が対象となっており、そうした国への旅行客は急増することになるでしょう。

ちなみに、1月18日現在の国際便旅客便数は310便まで回復しており、航空チケット代金は前年同期と比べ3倍強となっています。

海外航空関連需要は今後、着実に増えることになりそうです。

新型コロナ感染に関するニュースでは、中国疾病コントロールセンター病学の呉尊友主席研究員はSNSを通じて次のような見解を示しています。

「春節期間中大量の人流が発生、一定程度新型コロナの拡散促進が起こるかもしれず、局所的には感染者数が急増するだろう。

しかし、今回の流行では既に、全国で約80%の人が感染している。

短期間、例えば今後2~3か月以内に、全国規模で感染がぶり返したり、新たな感染第2波が発生する可能性は極めて低いだろう」

市場は楽観に包まれています。

現在までの状況を整理する限りでは、上海総合指数は休場明け後も上昇トレンドを維持するとみてよさそうです。

若林栄四 NYからの金言
第23回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

18日のハンセン指数は0.47%高、高値圏での持ち合い!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

18日(水)のハンセン指数は高寄り後、終日狭いレンジでの値動きとなりました。

終値は0.47%高の2万1678ポイントで引けました。

20230118A.png

18日(水)の中国企業指数は0.36%高で引けました。

20230118B.png

参考として、2022年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20230118C.png

本土市場は1月23日(月)から27日(金)までの5営業日、香港市場は23日(月)から25日(水)までの3営業日、春節休場となります。

春節休場入り間近のこのタイミングでは、どうしてもリスク回避の売りが出やすくなります。

また、足元で上昇相場が続いているので、一旦利益確定売りが出やすい環境だと思います。

そういう点を考慮すれば、地合いは随分良いと言えるでしょう。

今年の春節休暇は、消費が好調だと予想する投資家は少なくありません。

また、各社のレポートをみる限りでは、ゼロコロナ政策の廃止、集団免疫獲得の進展などから、景気の急回復を予想する機関投資家が増えているように思います。

春節後に株価が上昇するシナリオをより強く意識した方が良さそうです。

劉鶴副首相は17日、ダボス世界経済フォーラムに出席、講演を行ったのですが、"不動産のシステマティックリスクと道徳面でのリスクの関係について、うまく処理する必要がある"などと述べています。

ただ、"不動産は中国国民経済の支柱産業である。銀行の全貸出額に占める不動産関連は40%近くを占め、地方の総合的な財政力の内、不動産関連収入の占める割合は50%、都市住民の全資産に占める不動産資産の割合は60%である"と不動産業の重要性を強調しています。

市場における最近の中国不動産業に対する悲観的な論調に対しては、"中国は依然として都市化の発展する段階にあり、巨大な潜在需要が不動産業の発展を支える有力な力となるだろう"と答えています。

国務院は、投機需要を満たすような高級物件ばかりを扱い、価格つり上げにより暴利を得ていた一部の不動産ディベロッパーに対する粛清作業を終え、"住むための住宅"建設を推し進める優良企業に対して積極的に支持する方針を改めて示しました。

既にこのストーリーで不動産関連は大きく買われているため、この日は特に材料視されませんでしたが、多くの投資家が注目する国際会議で国務院の副首相がはっきりと不動産業を支える姿勢を示したことは、今後の中国経済の急回復見通しをより確かなものにするという点で好材料だと思います。

17日に発表された10-12月期実質GDPは2.9%で7-9月期よりも1.0ポイント低くかったのですが、市場予想を1.1ポイント上回りました。

12月の経済統計をみると、小売売上高は前月よりも悪化するだろう(▲8.6%)とみられていたのですが、逆に4.1ポイント改善して▲1.8%となりました。

鉱工業生産は1.3%増で前月と比べ0.9ポイント悪化しましたが、市場予想を1.1ポイント上回りました。

これなら4半期ベースなら10-12月期、月次なら12月に底打ちした可能性が高いでしょう。

統計面からも、今後の中国経済がV字回復しそうな感じが大いに強まっています。

若林栄四 NYからの金言
第23回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

16日の上海総合指数は1.01%高、約4か月ぶりの高値!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家の皆さん、こんにちは。

16日(月)の上海総合指数は高寄り後、大きく上昇、後場からは利益確定売りに押されましたが、終値は1.01%高の3227.59ポイントで引けました。

セクター別では、証券、医療サービス、半導体・部品などが買われました。

一方、レジャー施設・旅行、ホテル・レストラン、自動車などが軟調な値動きとなりました。

20230119A.png

16日(月)の創業板指数は1.86%高となりました。

20230119B.png

16日(月)の上海50指数は1.68%高となりました。

20230119C.png

これまで出遅れ感の強かった創業板指数ですが、こちらもようやく200日移動平均線を超えてきました。

国内機関投資家、海外機関投資家に加え個人投資家も強気転換したとみてよさそうです。

昨年11月から12月にかけてゼロコロナ政策が劇的に転換されました。

転換後に発生した感染爆発もピークアウトしたとみられ、既に多くの都市で集団免疫の獲得が進んでいるものとみられます。

政策面では、不動産、IT産業などに対する粛清は終了、こうした産業に対する発展戦略が強化されています。

一週間後に春節を控え、様子見となりがちなこの時期、今年の相場は楽観に包まれています。

16日は証券セクターが大きく買われました。

山西証券(002500)、湘財股フェン(600095)がストップ高、広発証券が7.92%上昇するなど、セクター49社中48社で株価が上昇しました。

証券監督管理委員会は13日、証券ブローカレッジ業務管理弁法を発布しました。

2月28日より実施されます。

ブローカレッジ業務の本質的な内容の定義、顧客行動管理、具体的な業務のフローチャート、顧客権益の保護、内部コントロール、ガバナンス・監督管理責任など6つのポイントから業務管理方法の詳細が示されました。

中でも強調されたのは、ブローカレッジ業務は証券会社だけに属する業務であり、証券監督管理委員会の批准なくして勝手に事業を起こせないことがはっきりと示された点です。

一見、当たり前の事のように思うかもしれませんが、2015年前半の大相場では、多くのノンバンクや情報提供会社が証券会社と組んで法的に極めてグレーな形で、しかも資金を貸し出す形で実質的には違法な高レバレッジの信用取引まがいのサービスを提供し、短期的に大きなバブル相場を作り出す主な要因となってしまいました。

とにかく"金儲け"には手段を選ばない人々が強引に市場になだれ込みかねない状況で、何としてもバブル発生前にそれを食い止めようとしている当局の姿勢を本土の投資家たちは評価しています。

医療サービス関連も大きく買われています。

ゼロコロナ政策を実施していた時期は、感染を恐れ病院を訪れる患者は極端に減りました。

そもそも医療体制自体が新型コロナ治療を最優先していたため、供給サイドでも十分な医療サービスが提供できませんでした。

ゼロコロナ政策の廃止、集団免疫の獲得によって、こうした状況が一変される見通しです。

特に、美容整形、歯科、眼科などで需要が急増するのではないかといった見方をするアナリストたちがいます。

半導体・部品セクターも上昇が目立ちました。

こちらは世界的に需要が弱いのではないかといった見通しが広がりつつあっただけに、中国経済の急回復見通しによって、弱気見通しに変化が表れています。

上昇相場は始まったばかりです。

今年前半は8年ぶりの大相場が期待できそうです。

若林栄四 NYからの金言
第23回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

12日のハンセン指数は0.36%高、高値圏での売り買い交錯!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

12日(木)のハンセン指数は高寄り後、高値圏での売り買い交錯となりました。

終値は0.36%高の2万1514ポイントで引けました。

20230112A.png

12日(木)の中国企業指数は0.01%高で引けました。

20230112B.png

参考として、2022年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20230112C.png

本土市場では1月23日(月)から27日(金)までの5営業日が春節のため休場となります。

香港市場では本土ほど長くはないのですがそれでも、23日(月)から25日(水)までの3営業日が休場です。

中国株市場はこの時期、長い休場を控え、手控えムードが広がりやすいのですが、そうした相場環境の中でも香港ハンセン指数はしっかりとした値動きが続いています。

日本の多くのマスコミは、ゼロコロナ政策の廃止に伴う急激な感染拡大について、ネガティブな報道を続けていますが、本土主要都市では感染のピークは過ぎたとみられています。

集団免疫獲得による流行の鎮静化が近づいています。

月曜日のブログでも触れましたが、本土への帰国者、省を跨いだ里帰り客に対する制限がなくなることで、春節は大きな盛り上がりを見せるものと予想されます。

大量の人の移動により農村部への感染拡大を懸念する人もいるようですが、既に農村部でも感染拡大はピークを迎えているところが多いとみられます。

予想以上に農村への拡大は速く、春節後に農村部で感染爆発が起こるような感じにはならないとみています。

商務部、中国人民銀行は連名で11日、"外国経済貿易企業がさらに一歩進んで人民元の国境を越えての使用の拡大を指示し、貿易投資の利便性を促進させることに関する通知"を発表しました。

銀行が海外で人民元の貸し出し業務を展開することを鼓舞奨励し、対外投資、対外請負貿易企業が"一帯一路"建設に参加することを支持し、実際に需要があり、条件に符合する海外プロジェクトや企業に対して、人民元の貸出を優先させることを鼓舞奨励するなどの内容が盛り込まれています。

これまでは、新型コロナ禍で大きな被害を受けた消費関連や、投機的取引を続けていた業者への粛清によって大きなダメージを受けた不動産、国家が新産業として発展育成に力を入れている新エネルギー自動車など、内需に対する刺激策、拡大策、金融緩和が政策の中心でした。

しかし、政府は人民元の国際化を絡めて輸出関連企業に対しても支援策を打ち出し始めました。

政策は経済を拡大させる方向に大きく振れています。

欧米機関投資家はこうした大きな政策の流れを評価して中国株への投資に強気になっているとみています。

昨年11月以降の上昇局面で、香港証券取引所(00388)、平安保険(02318)、中信証券(06030)いった市場環境に敏感なところが買われ続けています。

こうした先行銘柄が崩れそうにない感じなので、春節前に大きな押し目はないように思います。

若林栄四 NYからの金言
第23回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示