たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

中国株アナリスト
1958年生まれ。愛知県出身。大和総研、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立、TS・チャイナ・リサーチ(株)を設立。現在は生活の拠点を中国に移し、日本と中国を行き来しながらフリーランスとして活動中。マスコミ、金融機関や、個人投資家向けに情報提供を行っている。大和総研勤務時代に1994年から9年間、北京に駐在、中国経済、個別企業の調査を担当。それ以来、中国経済、企業に関する情報提供をライフワークとしている。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。
【著書】
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

25日の上海総合指数は0.76%高、再生エネルギー関連が買われる!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家の皆さん、こんにちは。

25日(月)の上海総合指数は安寄りしましたがすぐに切り返しました。

後場に入ると一段高となり、終値は0.76%高の3609.86ポイントで引けました。

セクター別では、電力、電力設備、ガス、油田開発、石炭などが買われました。

一方、不動産、教育などが売られました。

20211025A.png

25日(月)の創業板指数は1.64%高となりました。

20211025B.png

25日(月)の上海50指数は0.18%安となりました。

20211025C.png

今朝の本土市場は、好材料、悪材料どちらもありました。

まず、好材料から挙げると、環境関連の政策が発表されました。

共産党中央委員会、国務院が連名で24日、「完全に正確に全面的に新発展理念を実践しカーボンピークアウトとカーボンニュートラルを実現させるための業務を上手く行うことに関する意見」を発表しました。

これによると、2025年までに、グリーン低二酸化炭素循環発展の経済システムを初歩的に形成し、重点産業のエネルギー利用効率を大幅に引き上げるそうです。

2025年までに達成すべき数字目標は、単位GDP当たりのエネルギー消費量を2020年比で13.5%引き下げる、二酸化炭素排出量を単位GDP当たりのエネルギー消費量で割った比率を2020年比で18%減らす、非化石燃料の消費比率を20%前後とする、森林カバー率を24.1%にする、森林による蓄積量を180億立方メートルにするなどです。

カーボンピークアウトとカーボンニュートラルを実現させるための基礎を作り上げるそうです。

そのほか、2030年までの数値目標も示されました。

最終的には、2060年までに、エネルギー利用効率を国際的な最先端グループの水準まで引き上げ、非化石燃料消費比率を80%以上とし、カーボンニュートラルを実現させるとしています。

こうして具体的な政策が出てきたので、関連の再生エネルギー関連が買われました。

一方、悪材料は不動産に関する政策です。

これは日本のマスコミも一斉に報道していますが、全人代常務委員会は23日午後、一部の地域において不動産税(固定資産税)改革テスト業務を実施することを決めたと発表しました。

農村地区の住宅を除き、居住者、非居住者いずれにも税がかかるようですが、基本的には不動産投機を抑えることが目的なので、後者にはより高い税率がかかりそうです。

どこで行われるのか、どの程度の税率なのか、具体的なことはまだ発表されていませんが、テスト期間は5年間で、その後はテスト結果をみて、良好であれば全面的に行われることになりそうです。

サプライズというほどではありませんが、やはり、不動産ディベロッパーの業績には影響しそうなので、主力銘柄は軒並み売られることになりました。

もっとも、マーケット全体をみると、小型株の値動きが良くなってきました。

悪材料よりも好材料により強く反応しています。

地合いは好転しています。

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

21日のハンセン指数は0.45%安、利益確定売りに押される!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

21日(木)のハンセン指数は安寄り後、一旦前日終値比プラスに戻し、暫くはもみ合いとなりましたが、前場終了少し前から売られはじめ、後場に入っても売りが優勢となりました。

ただ、大引けにかけては戻り歩調となり結局、終値は0.45%安の2万6017.53ポイントで引けました。

20211021A.png

21日(木)の中国企業指数は0.03%安で引けました。

20211021B.png

参考として、2021年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20211021C.png

10月に入り取引停止となっていた中国恒大集団(03333)ですが、21日から取引が再開されました。

取引停止となったのは資産売却に関するディスクロージャーが理由なのですが、200億4000万香港ドルに及ぶ子会社恒大物業集団(06666)の売却話が流れたそうです。

そのことが正式に決まったので、取引再開となりました。

結局、買収を予定していた合生創展集団(00754)が中国恒大集団の提示した要求をのめなかったようです。

もし、買収が決まっていれば急騰したでしょうが、そうではなかったので12.54%もの急落となりました。

ただ、この件で相場全体が影響を受けるようなことはありませんでした。

劉鶴副首相は20日、北京で行われた2021年金融街フォーラムの開幕式に出席、金融政策について語りました。

零細企業に対する融資を支援するとか、新エネルギーの開発を支持するとか経済を発展させる話に加え、金融リスクを防止し、コントロールするといった管理面の話もしています。

「不動産市場では個別の問題が出てきているが、リスクはコントロールできる」とか、「合理的な資金需要は現在、充分に供給されており、不動産市場の健全な発展といった全体的な大勢は変わっていない」などと強調しました。

また、中国人民銀行の易網総裁は20日、2021年G30国際銀行業研究会で発言しました。

中国恒大集団の処理について、「法治化の原則を堅持し、あらゆる債権者、利害関係者の正当で合法的な権益の確保について公平に対処しなければならない」と発言しました。

金融担当の副首相や、人民銀行総裁が公の場で中国恒大集団の経営危機について言及しています。

恒大案件の安全な処理は金融監督部門にとって最重要課題です。

もし、中国恒大集団が破綻し、それが元になって金融不安が発生すれば、二人とも政治生命の終わりです。

監督側の金融関係者は、上から下まで人生を賭けて金融市場の安定を確保しようとしています。

考えられるあらゆる手段を使って、金融市場の安定が図られるでしょう。

彼らのこうした発言を受けて、不動産大手の中国海外発展(00688)は4.86%高、華潤置地(01109)は3.50%高、万科企業(02202)は2.40%高と買われています。

ハンセン指数がマイナスに沈む中での上昇です。

「中国恒大集団が破綻したところで、不動産市場は影響を受けず、金融市場は安定が保たれる」という見方が現在のコンセンサスだと思います。

22日の上海総合指数は上昇しています。

本土市場のコンセンサスも同様だと思います。

現在のハンセン指数の水準は、8月から9月上旬にかけての持ち合いにおける高値近辺に差し掛かっています。

ここを抜けるには少しエネルギーが必要です。

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

18日の上海総合指数は0.12%安、下げ渋る!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家の皆さん、こんにちは。

18日(月)の上海総合指数は安寄り後、下げてはいますが、売り一巡後には戻しています。

終値は0.12%安の3568.14ポイントで引けました。

セクター別では、石炭、石油開発、電力、ガス、電力設備などが買われました。

一方、白酒、医療サービス、バイオ、レジャー施設・旅行、半導体・部品などが売られました。

20211018A.png

18日(月)の創業板指数は0.005%高となりました。

20211018B.png

18日(月)の上海50指数は1.98%安となりました。

20211018C.png

寄付き直後は売りに押されました。

現地時間10時に発表された経済統計の内容が嫌気されたのでしょう。

まず、7-9月期の実質経済成長率ですが、4.9%で前四半期と比べ3ポイント低下しました。

これは市場予想と比べて0.3ポイント低い水準でした。

9月の経済統計の結果は以下の通りです。

カッコ内は順に、先月との比較、市場コンセンサスとの比較です。

鉱工業生産:3.1%増(▲2.2ポイント、▲1.2ポイント)

固定資産投資(累計):7.3%増(▲1.6ポイント、---)

全国不動産開発投資(累計):8.8%増(▲2.1ポイント、---)

小売売上高:4.4%増(+1.9ポイント、+1.1ポイント)

中国だけではなく、グローバルで、石炭、天然ガス、石油などエネルギー価格が大幅に上昇しています。

中国国内では石炭の需給がひっ迫、そのため東北地方を中心に、一部の地域で電力不足が発生しています。

また、昨年来の不動産業に対する厳しい規制により、不動産投資が鈍化しています。

こうした点が生産、投資に影響しているのではないでしょうか。

投資家、特にファンダメンタルズに対して感度の高い機関投資家は今回の結果に不安を感じています。

彼らの売りが寄り付き直後の下げ、或いは終日通じて大型株の売りに繋がり、上海50指数は大きく下げたとみています。

ちなみに、外国人投資家が好む白酒銘柄が大きく売られています。

ただ、個人投資家の見方は少し違うようです。

景気が悪くなれば当局は景気対策を打ち出すはずだと考える投資家は少なくありません。

弱気筋の売りがひと段落した後で政策期待の買いが出てきたので、創業板指数は前日比プラスまで戻すことができたのでしょう。

電力、電力設備セクターも上げていますが、これらは風力発電関連がけん引しています。

17日、北京で開かれた風力発電に関するイベントで語られた「2021年末までに農村地区の10の県・市が風力発電建設プロジェクト地区に指定される。その設備容量は全体で500万kwに及ぶ」と言った内容が材料視され、関連銘柄に買いが入りました。

ちょっとした政策にも反応するあたり、個人投資家の政策期待の強さがうかがえます。

今年は第十五次五か年計画の初年度です。

一連の重点プロジェクトが立ち上がったり、政府の建設債券が増発されたり、下期は政策によって景気は押し上げられる可能性が高いでしょう。

また、当局は景気サイクルを小さくするような政策を行うと繰り返しています。

景気が悪化すれば景気を刺激する政策が出るだろうということです。

景気を刺激するような大きな政策を打ち出したい場合、素直にそれを打ち出せばすぐにバブル化してしまいます。

だから、先にバブルを防ぐ違法行為や投機をいさめるような政策を打ち出し、その後で大きな政策を打ち出す傾向があります。

政策への期待が高まっています。

 

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

14日の上海総合指数は0.10%安、様子見の展開!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家の皆さん、こんにちは。

本日の香港市場は重陽節のため休場です。

14日(木)の上海総合指数は安寄り後、狭いレンジでのもみ合いとなりました。

終値は0.10%安の3558.28ポイントで引けました。

セクター別では、空港・空運、レジャー施設・旅行、ホテルレストラン、教育、貴金属、電力設備などが買われました。

一方、医療サービス、医薬、不動産、石炭、銀行などが売られました。

20211014A.png

14日(木)の創業板指数は0.17%高となりました。

20211014B.png

14日(木)の上海50指数は0.67%安となりました。

20211014C.png

9月下旬以降の上海総合指数の動きをみると、下値は堅いが上値は重いといった展開です。

上海50指数は戻り相場となっていますが、200日移動平均線の位置はまだ、随分と上にあります。

大きく下げた分を取り戻しつつあるといった程度の上昇です。

3指数とも出来高は低迷しています。

現地時間9時30分、9月の物価統計が発表されました。

消費者物価指数上昇率は前月と比べ0.1ポイント低い0.7%でしたが、生産者物価指数の方は、1.2ポイント高い10.7%となりました。

生産者物価指数について細目をみると、購入価格は0.7ポイント高い14.3%、出荷価格は1.5ポイント高い14.2%となりました。

石炭価格の急騰やそれによるエネルギ多消費型(素材)産業の製品価格上昇が大きく影響しています。

日本のマスコミは景気への影響を心配しているようですが、本土投資家は無関心です。

月曜日のブログでも触れましたが、10月8日に開催された国務院常務会議では、今年の冬から春にかけて電力、石炭をしっかりと供給し、人民の基本的な生活、経済の安定成長を保障するといった方針が示されました。

国務院は西側諸国の政府部門と異なり、マクロコントロールを通じて物価をコントロールする力が格段に強いと言えるでしょう。

また、中国の素材は基本的にどれも供給過剰です。

鉄鋼にしても、セメントにしても、環境対策を強化し過ぎたから需給がひっ迫しただけで、構造的な問題ではありません。

当局が足元の景気や物価に目配りし始めている以上、価格を引き下げるのは難しくないでしょう。

本土の投資家たちの判断は正確だと思います。

新型コロナについてですが、13日現在、中国全体で延べ22億2550万本のワクチンが摂取されています。

13日の新規感染者数は21人に過ぎず、死者はゼロです。

空港・空運、レジャー施設・旅行、ホテルレストランが買われる理由はあるにはあるのですが、しかし、9月下旬から状況はずっと落ち着いています。

この手のセクターが買われること自体、相場の手詰まりが感じられます。

本土市場は政策材料待ちです。

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

11日の上海総合指数は0.01%安、大型株が堅調!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家の皆さん、こんにちは。

11日(月)の上海総合指数は高寄り後、上値の重い状態が続いたのですが、大引け30分前にまとまった売りが出て下落、終値は0.01%安の3591.71ポイントで引けました。

セクター別では、石炭、種苗・林業、空港・空運、EC取引、通信設備、国防軍事、銀行などが買われました。

一方、ガス、環境、油田開発、電力、電力設備、鉄鋼、建材などが売られました。

20211011A.png

11日(月)の創業板指数は1.45%安となりました。

20211011B.png

11日(月)の上海50指数は0.62%高となりました。

20211011C.png

11日の本土市場は、大型株が買われ、小型株が売られるといった展開となりました。

米中関係について、米国側が緩和に向けた行動を取りはじめました。

アメリカ通商代表部のキャサリン・タイ代表は8日、劉鶴副首相と電話会談を行いました。

本土のマスコミ情報によれば、そのポイントは以下の三点です。

  1. 追加関税措置の取り消し交渉が行われており、米中貿易戦争は最終局面に入っている
  2. 中国側は経済発展モデル、産業政策、今後の経済発展などに関する問題について立場をはっきりと説明した
  3. 平等、相互尊重といった態度に基づき、交渉を続けることに双方が同意した

米国側の変節は少々気になります。

コストプッシュ型のインフレが深刻なのでしょうか。

長期金利の上昇が止まらない可能性があるのでしょうか。

中国からモノが入らなければ困るでしょうし、このタイミングで中国が米国債を売るようなことになれば非常に困るでしょう。

米国は中国と争っている場合ではないのかもしれません。

米国の現状はともかく、米中関係の緊張緩和は本土市場でも好材料です。

特にマクロ経済への感度が高い内外機関投資家にとって買い易い状態になってきたといえそうです。

個別セクターでは石炭セクターの上昇が目立ちました。

山西省で大規模な水害がありました。

1万7000件余りの家屋が倒壊、農作物に大きな被害が出ました。

山西省は石炭の一大生産基地なので、この災害は国全体の石炭生産量に大きな影響を与えると予想されます。

余談ではありますが、この水害が起きた際、マスコミはこの件をほとんど報じず、7日夜に東京で発生した地震について詳しく報じました。

翌日そのことがネット上で、問題視されました。

価格上昇以外にも好材料がありました。

10月8日に開催された国務院常務会議では、今年の冬から春にかけて電力、石炭をしっかりと供給し、人民の基本的な生活、経済の安定成長を保障するといった方針が示されました。

環境対策を急ぎ過ぎことが石炭不足の根本的な要因です。

長期的な政策は大事ですが、景気が大きく悪化するような形での実施は困ります。

当局が足元の景気に対しても十分気配りしていることが示されたという点で、全体相場に対してもポジティブだと思います。

個人投資家の動きが鈍いようです。

投機を厳しく抑える政策が効いているようです。

その分、上海総合指数の値動きはゆっくりとしたものとなるかもしれませんが、下値は堅いとみています。

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示