蟹瀬誠一コラム「世界の風を感じて」

蟹瀬誠一(かにせ・せいいち)

国際ジャーナリスト/明治大学国際日本学部教授
(株)アバージェンス取締役
(株)ケイアソシエイツ副社長
1950年石川県生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、米AP通信社記者、仏AFP通信社記者、米TIME誌特派員を経て、91年にTBS『報道特集』キャスターとして日本のテレビ報道界に転身。東欧、ベトナム、ロシア情勢など海外ニュース中心に取材・リポート。国際政治・経済・文化に詳しい。現在は『リーダー&イノベーション・賢者の選択』(日経CNBC,サンテレビ、BS-12)、『マネーの羅針盤』(テレビ東京)のメインキャスター。カンボジアに小学校を建設するボランティア活動や環境NPO理事としても活躍。
2008年より2013年3月まで明治大学国際日本学部長。
趣味は、読書、美術鑑賞、ゴルフ、テニス、スキューバ・ダイビングなど。


書籍

Twitter

出演番組

おススメブログ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

IT先進国イスラエル事情

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

初めてイスラエルを取材した。イスラエルと聞くと日本では危険な「空爆」「パレスチナ紛争」あるいは「ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の3大宗教の聖地」というイメージが強いだろう。しかし実際に現地で目の当たりにしたのは世界の最先端を行くIT先進国だった。

成田空港からモスクワ経由で17時間余り。イスラエル第二の都市テルアビブ到着したのは現地時間の深夜。予想どおり空港警備や入国審査は厳しかったが無事に小さな紙一枚の滞在許可証を受け取り迎えの車に乗れた。かつではパスポートに入国スタンプが押されたそうだが、それがあるとサウジアラビアやシリアなど近隣のアラブ8カ国に入国が出来なくなるので廃止されたそうだ。

テルアビブで取材したのは主に若き起業家たちと彼らを支えるベンチャーキャピタリストの面々。誰もが話好きで自信に満ち溢れていた。彼らのようなイスラエル発のベンチャーが遠く離れた私たちの生活を知らず知らずのうちに便利に変えているのだ。

例えば、オフィスや自宅で使うパソコンの心臓部であるインテルプロセッサーの8割以上はイスラエルで設計・製造されている。ハイテク監視システムや自動運転、さらには電気自動車(EV)の基幹技術でもイスラエルが世界をリード。日本でもすっかりお馴染みになったドローンも元々はイスラエル軍で開発された偵察機の総称だ。

いまやその旺盛なベンチャー精神はテルアビブだけでなく伝統的大都市エルサレムにまで本拠地が広がっている。政府も積極的に後押ししている。予定されていたネタニヤフ首相との対面はドタキャンされてしまったが、首相主催するクリーンエネルギーとスマートモビリティに関する大イベントとパーティに参加が許され、30カ国以上から集まった起業家や投資家が熱心に意見交換する姿を垣間見た。

そんなイスラエルの熱い起業家精神は一体どこから生まれてくるのか。取材先の誰もが口にしたのは「失敗を恐れない教育」そして「スピード」だ。イスラエルの学校教育では幼いころから自主自立の精神に基づいて徹底した議論と知的好奇心が育まれ、常に失敗を恐れないポジティブ思考に重点が置かれているという。それに加えてふたつの隠れた要因がある。移民の存在と国軍の超エリート教育だ。

1948年の建国時のイスラエルの人口はわずか60万人だったが、今はそれが868万人に急増。欧州やロシアからのユダヤ人移民の大量流入によるもので、彼らが優秀な人材と社会の多様性をもたらしている。

軍のITエリート教育も凄い。四方を敵に囲まれた中で国家存続を目指すイスラエルにとって、今やサイバー空間が戦場だからだ。イスラエルでは18歳になると男女を問わず兵役義務(男子3年、女子1年半)がある。エリートの選抜は16歳からすでに始まっており、何段階もの厳しいテストを合格した者だけがサイバー諜報部門のトップ集団「8200部隊」に配属されるのだ。

「タルピオット」と呼ばれる最先端軍事技術の研究・開発を担うスーパーエリート育成プログラムもある。そんな超エリートの若者たちが除隊後に次々とITベンチャーを立ち上げるのだから、他国がそう簡単に追いつけるわけがない。

現地で会った企業トップの中にも8200部隊やタルピオットの経験者が複数含まれていた。しかもこの最強ネットワークは今や世界に広がっている。帰国後、対談したイスラエルの某サイバーセキュリティ企業トップも5年間8200部隊に所属していたと話してくれた。

日本のビジネスマンや投資家はまずイスラエルの現状を自らの目で確かめることから始める必要がある。

kanise20171124.jpg

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

崩れるmade in japanの信頼

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ホンダは10月19日、一世を風靡した二輪車「スーパーカブ」の製造を熊本の工場で再開したと発表した。約5年ぶりの生産国内回帰だ。同日、カブシリーズの世界生産が累計1億台を達成したという。記者会見に臨んだ八郷隆弘社長は、国内回帰の理由を「品質向上のため」と説明していた。

しかし日本の製造現場は見るに堪えない現状だ。欠陥エアバッグで民事再生まで追い込まれたタカタを始め、巨額の粉飾決算が明らかになった東芝、無資格検査を続けた日産、リコール隠し・燃費データ改ざんがばれた三菱自動車、そして製品の強度や寸法データ改ざんを40年以上続けていた神戸製鋼などなど。

どれも日本の誇りである緻密なモノづくりを代表する企業ばかりだ。「ばれなければ何をやってもいい」というその姿はいかにも醜い。背景には大企業と行政・政治家の隠蔽体質もあるだろう。

神戸製鋼といえば安倍首相がサラリーマン時代に数年勤務した国策企業だ。安倍氏はその頃の思い出を昨年3月に放送された自民党のインターネット放送で語っている。新入社員だった安倍晋三は「最初は長さを間違って入力してね。・・・結構大量に(間違った)製品ができあがってね。...しかし、事なきを得て・・・だから多少の失敗にもめげずに頑張ってもらいたいと思います」と。今となっては笑えない話だ。

私たち日本人は、目覚ましい経済発展と共に生活水準が向上し便利なものをずいぶんたくさん手に入れてきた。しかし失ったものもたくさんある。そのひとつが経営者の「真っ正直な商いをする心」だろう。

例えば、江戸後期の儒者だった海保青陵は『稽古談』で大阪商人が月末に貧乏神祓いをするというエピソードを書いている。貧乏神が店の中に巣くっていては商売がうまくいかない。そこで主人が焼き味噌をいれた鍋の蓋を開けて店中を隅から隅まで走り回る。

そうすると美味しそうな焼き味噌の匂いにひかれて貧乏神が鍋の中に飛び込んでくるから、全部入ったと思うところでパッと蓋を閉じて川に流してしまう。子供だましの話のようだが、そうではない。真剣に店内を走り回る店主の姿をみた店員たちが「主人が商売繁盛のために必死で頑張っているのだから」と一生懸命に働くようになるというのだ。

そういえば、ホンダ創業者本田宗一郎さんの左手の指先はみな潰れていた。右手にハンマーを持ち、バーンと叩くとき、誤って左手の指を潰してしまったのである。指を一本詰めても,なにくそと言って止めず、また一本詰めてしまう。おまけに手のひらにドリルの穴まで開いていたという。

「そういうとき、どうするんですか?」と伺うと「なーに、手に布をぐるぐるっと巻いて、酒を飲みにいっちゃうんですよ」とこともなげに笑ったそうだ。

しかしそんな創業者の一途な精神が町工場を世界のホンダへと育てあげたのだ。

戦後の日本の繁栄は本田さんのような多くの真面目な経営者・労働者の血と汗と涙の上に築かれてきた。そのことを今の経営者も政治家もすっかり忘れてしまっている。残ったのは欲ボケの亡者ばかりだ。魚は頭から腐る。

kanise20171020.jpg

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

日本のジャーナリズムのあるべき姿

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

傍若無人なトランプ米大統領の襟元からだらしなく垂れ下がって床まで伸びているトレードマークの赤ネクタイの上に北朝鮮の独裁者金正恩が立っている。肩には小型ミサイルを担ぎ、トランプを睨みつけて脅しの言葉を吐いた。

「俺は危険で何をするかわからない男だぜ」

すると同じく大型のミサイルを担いだトランプが言い返した。

「俺もそうなんだ」

いかにもありそうな光景だが、もちろん本当にあった話ではない。トランプのネクタイがいくら長いといっても犬のリードのように床を引きずるほど長くはない。

じつは米国のネットメディア上で見つけた風刺漫画の一コマだ。長いネクタイはいわゆるレッドライン。つまりトランプの我慢の限界を示しているというわけだ。

じつに現実をうまくとらえた漫画である。金正恩とトランプは北朝鮮の核兵器開発問題を巡って相手の度胸を試すチキンゲームを続けている。頭の上を北の弾道ミサイルが飛び越えていった日本では、政府は明日にも核戦争が勃発するかのごとく危機感を煽っている。それはそうだろう。トランプの舎弟を気取る安倍首相にとっては防衛費増大とあわよくば憲法改正の絶好のチャンスだからだ。

急降下していた支持率もわずかながら上向いてきた。野党がボロボロのうちに総選挙をやろうなんて話まで出てきている。本当に危なかったら選挙どころではないはずだ。だらしないのはマスコミである。国民のための番犬であるはずのマスコミが事実を冷静に分析することもなく、一緒になって煽っているから国民は現実を見誤る。

考えてみてほしい。
崩壊する崩壊するといわれながら北朝鮮の三代にわたる金独裁政権が何十年も生き延びてこられたのはなぜか。それは国家の存続を最優先するしたたかな戦略を遂行してきたからに他ならない。ヒロシマ・ナガサキで核の破壊力と放射能の恐怖を経験した世界で、チキンゲームを続ければ結末は国家消滅、あるいは人類滅亡だということを金正恩は理解しているに違いない。

もちろん彼が何を考えているかは外部の誰にもわからない。政権内部の一次情報を入手するのが極めて困難だからだ。テレビ番組に物知り顔で出演している専門家も推測で話をしているに過ぎない。ただ、これまでの北朝鮮政権の言動をみれば、核武装が米国の奇襲攻撃阻止と国家存続の唯一の手段だと考えていることは間違いないだろう。

幸いなことに当事国である米国ではケリー首席補佐官、マクマスター大統領補佐官、マティス国防長官の3人の退役将校が過激な孤立主義者バノンとその一派をホワイトハウスから一掃し、なんの知識も経験もなく衝動で動くトランプの暴走を阻止している。中国(北朝鮮の唯一の軍事同盟国)もロシアも朝鮮半島の核化も戦争も望んでいない。米国の先制攻撃は断固阻止するとしながらも様々な手段で金正恩をけん制している。

北朝鮮が核武装しても戦争の危機は減るという説もある。なぜなら核兵器の破壊力と恐怖があまりにも強大なため、敵対する国々が報復を恐れて攻撃を躊躇するからだ。いわゆる核の抑止力である。北朝鮮の核開発を阻止することはすでに不可能だから北を核保有国と認めたうえで関係を正常化して危機を回避するというオプションも米国で考えられているという。

現在の核保有国はアメリカ(核弾頭数9,400)、ロシア(13,000)、イギリス(185)、フランス(300)、中国(240)の5大国に加えて核拡散防止条約を批准していないインド(60-80)、パキスタン(70-90)、北朝鮮(10程度)の3カ国。イスラエル(80)も核保有の疑いが強いので総数9カ国である。

これまで核戦争は一度も起きていない。

kanise20170920.png

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

非武装中立地帯から眺める未来

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

北朝鮮ミサイル危機が深刻化する中、朝鮮半島を分断する軍事境界線の非武装中立地帯(DMZ)を久々に訪れた。晴れた日には肉眼でも北側の風景がはっきりと見える。60年以上にわたる南北分断の板門店。近くにはソウルまでわずか50キロ程の所で発見された第3地下トンネルもある。1970年代に北朝鮮が奇襲攻撃のために掘ったものだ。

現在4本のトンネルが確認されているが、一番大きくて知られているのは全長1,635メートル、幅2メートル、高さ2メートルの第3トンネル。北朝鮮の完全武装した兵士3万人が1時間以内に移動できる規模だ。当時の北朝鮮の南進欲の強さが感じられるトンネルである。入口の棚に置かれたヘルメットを被って長いスロープを降りていくと、湿気と埃で息苦しくなるような薄暗いトンネルが北に向かって続いていた。途中でコンクリートの壁があり、その向こうが北朝鮮だ。

じつは、ツアーに参加すればこのトンネルには誰でも入れる。「命がけの非武装地帯潜入」とか大げさに体験談を書いたブログなどが散見されるが、実際には板門店も第3トンネルも人気ナンバーワンの観光スポットなのだ。多数の観光客が記念写真を撮り、嬉々として土産物を物色している。時々刻々とミサイル危機を伝えるニュースとは対照的な光景である。このギャップをどう理解すればいいのか。

「たぶん日本と韓国で感じる危機感を足して2で割ったぐらいが適当でしょう」そう話してくれたのは韓国有力紙『東亜日報』元編集局長シン・キュソン氏。つまり日本ではメディアが過剰な危機感を煽っている一方で韓国の人々はこうした状況に慣れ過ぎているという意味だ。

 とはいえ今回は傍若無人で"天性の嘘つき"のトランプと得体の知れない金正恩という予測不可能な二人のリーダーが角を突き合わせている。世界的に緊張感が高まるのは無理もない。威嚇の応酬は人類の滅亡を暗示するスタンリー・キューブリック監督の核戦争映画『博士の異常な愛情』(1964年)のようだという声さえ米国内で出始めているという

 しかしその裏で融和策シナリオが米国で検討されていることを知る人は少ない。北朝鮮の核弾頭小型化と大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発阻止はもはや手遅れだから、米国は北朝鮮を核保有国と認めた上で両国の関係を正常化して危機を回避するというオプションだ。にわかに信じがたいかもしれないが、ありえない選択肢ではない。

元々は1970年代にヘンリー・キッシンジャー米国家安全保障担当補佐官が二つの対立する勢力による韓国と北朝鮮の「相互承認」を提案したのが始まりだった。一方がソ連と中国、もう一方が米国・日本である。もしこの提案に沿って米国が北朝鮮との関係を正常化していれば北が核開発をすることはなかっただろう。だが当時の政治的状況から提案は見送られ、北朝鮮は国家の存亡を賭けて核兵器開発に邁進するようになったのである。その結果が今の北朝鮮ミサイル危機だ。

金正恩政権もトランプ大統領も今のところは強硬な姿勢を崩していないが、国家の滅亡に繋がる核戦争を始める"度胸"は双方ともないだろう。実際、トランプは金正恩との直接対話の可能性を否定していないし、それは北朝鮮が切望していることでもある。彼らも、そして我々も恐怖感から状況判断を誤ってはならない。

第3次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからない。だが、第4次世界大戦が起こるとすれば、その時に人類が用いる武器は石とこん棒だろう」と警句を物理学者アンシュタインが残している。

核戦争が起こればほとんどの人類が死滅しあらゆる文明が消滅するからだ。残るのは原始的な生活のみである。

20170829.jpg

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

トランプとプーチンの蜜月

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 トランプ米大統領の外交音痴もここまで来たかと思わず椅子から転げ落ちそうになった。7月初めドイツ・ハンブルグで行われた20カ国・地域(G-20)首脳会議で注目を集めたトランプとロシアのプーチン大統領との初顔合わせのことである。

両者の間にはシリア、ウクライナ、北朝鮮問題や米大統領選挙介入疑惑といった重要かつ喫緊の課題が山積している。当初は30分程度と考えてられていた会談は2時間15分にも及んだ。いったい何が話されたのか興味津々。

しばらくしてさらに重大なことが明るみになった。なんと報道された首脳会談後にふたりだけでこっそりと1時間も話し合っていたというのだ。それだけではない。同席したのはロシア側の通訳だけだったという。つまり米国側にはなんの記録も残らなかったことになる。トランプはよっぽどプーチン以外には聞かれたくない話をしたのだろう。

怪しげな不動産取引ならともかく、首脳会談という重要の外交交渉の場では前例のない事態だ。秘密会談のニュースが流れた後、ホワイトハウスはそのような会談が行われたことを認めたが、トランプ本人は例によってフェイクニュース(根拠のない作り話)で「吐き気をもよおす」と言って否定している。彼にとっては都合の悪い話はすべてフェイクニュースなのだ。

会談の内容は公開されていないが、ロシアによる米大統領選挙介入疑惑に関して米国民には知られたくない話し合いが行われたのは間違いないだろう。しかしそれは外交では相手に弱みを握られたことに他ならない。馬鹿につける薬はないとはよく言ったものだ。

正式の首脳会談でもじゅうぶん驚きはあった。

日本メディアの報道は総じて「シリアに安全地帯設置で合意、対北朝鮮では相違も」という無難な伝え方だったが、米国での評価は「大統領は決意を示した」から「ロシアの罠に落ちた」まで大きく分かれた。おそらく後者が現実に近いだろう。なぜなら元工作員で外交交渉は百戦錬磨のプーチン氏が自分が欲しいと思っていた3つのものをトランプ氏からすべて手に入れたからである。その3つとは尊敬、同志愛、無批判だ。

つまりロシアは中東で主導権を握り、ウクライナ軍事侵攻やロシア国内での人権弾圧に対する米国の批判を封じこめたわけである。

しかしそれ以上に世界を驚かせたことがある。「プーチンと私は選挙介入などの悪事を監視するため強固なサイバーセキュリティ組織結成することを話し合った」というトランプ大統領お得意のツィートである。

これにはさすがに身内である共和党の議員からも批判が相次いだ。米大統領選挙介入疑惑でサイバー攻撃の張本人と名指しされている敵性国家ロシアとサイバーセキュリティで協力するなど「狐に鶏の番」をさせるようなものである。何度も言うが馬鹿につける薬はない。

世の中はいよいよ米国抜きの時代に突入した感がある。モスクワの土産物店ではプーチン大統領が赤ちゃんを抱いている絵が売られているそうだ。よく見ると赤ちゃんの顔はトランプ大統領だという。今や世界にとっても米国大統領はその程度の存在でしかない。

trump_putin.jpg

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
まいまい田んぼ収穫祭2017レポート
吉田義人書籍プレゼント企画
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示