蟹瀬誠一コラム「世界の風を感じて」

蟹瀬誠一(かにせ・せいいち)

国際ジャーナリスト/明治大学国際日本学部教授
(株)アバージェンス取締役
(株)ケイアソシエイツ副社長
1950年石川県生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、米AP通信社記者、仏AFP通信社記者、米TIME誌特派員を経て、91年にTBS『報道特集』キャスターとして日本のテレビ報道界に転身。東欧、ベトナム、ロシア情勢など海外ニュース中心に取材・リポート。国際政治・経済・文化に詳しい。現在は『リーダー&イノベーション・賢者の選択』(日経CNBC,サンテレビ、BS-12)、『マネーの羅針盤』(テレビ東京)のメインキャスター。カンボジアに小学校を建設するボランティア活動や環境NPO理事としても活躍。
2008年より2013年3月まで明治大学国際日本学部長。
趣味は、読書、美術鑑賞、ゴルフ、テニス、スキューバ・ダイビングなど。


書籍

Twitter

出演番組

おススメブログ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トランプ大統領の憂鬱

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

お騒がせトランプ米大統領がまたシリアにミサイルをぶち込んだ。しかも昨年4月のおよそ倍の105発。在庫一掃の意味もあるかもしれないが、やるときは一気に派手にやれというトランプらしい。

ターゲットとされた3カ所の化学兵器関連施設(とおぼしき所)は破壊され、懸念された敵対するイランやロシアからの反撃はなかった。それを知ったトランプはさっそく誇らしげにツィート。

「完璧な攻撃。任務完了!」

確かに戦術的にはそうかもしれない。しかし地政学的要所として7年間も血まみれの戦場と化し、約50万人が死んでいるシリアに秩序をもたらすという戦略的目的にはまったく寄与していない。シリアの現実はなにひとつ変わっていないからだ。

むしろロシアを後ろ盾としたアサド政権に西側の限界を露呈し、化学兵器さえ使わなければいくら人を殺してもいいという誤ったメッセージを送った可能性さえある。

昨年は電撃的な空爆だったにも拘わらずアサド政権はビクともせず、イスラム社会の反米感情を煽っただけに終わったことを忘れたのか。大切なのは攻撃後のフォローアップなのだ。

そもそもシリアは軍事で解決できる問題ではない。戦争を終わらせるための複雑な外交的中長期ビジョンが必要な政治問題なのだ。ホワイトハウスはミサイル攻撃によって外交的プロセスが促進されることを希望するとコメントしたが、そんなものはただの根拠なき願望にすぎない。

恐らくこの先の中東戦略など考えてもいないのだろう。地図でシリアの位置さえ指させないのだから。攻撃後の記者会見でマチス国防長官が今回の攻撃は「一回限り」のものだと説明したあたりに側近たちの苦悩がにじみ出ている。

そもそも人権無視の大統領令を連発したトランプが化学兵器の非人道性などに関心があるわけがない。なにしろアフリカやハイチ、エルサルバドルなどを「クソ溜め国家」と呼んで憚らない人物だ。

「俺がニューヨークの五番街で人を殺しても、支持者は気にしないよ」とか「いきなり女性にキスをしたり、プッシーを掴んでも俺は怒られないよ」とも言った。

息子のエリックによれば、トランプはしばらく前までシリア情勢に関心など皆無だったという。昨年の空爆は、化学兵器の犠牲になったシリアの子供たちの姿をテレビで観た娘イヴァンカの「パパ、こんなの酷すぎる」という一言が切っ掛けだったそうだ。なにしろトランプはイヴァンカを溺愛しており、本気で米国初の女性大統領にしたがっている。

ならば今回なぜ攻撃に踏み切ったのか。敵対するイランやロシア、さらには北朝鮮に対する警告か。それもあるだろう。しかしそれ以上に国内事情が影響が大きい。怖い物知らずのはずのトランプがミュラー特別捜査官(※1)によるロシア疑惑捜査にビクビクしている。

なぜならミュラーは海兵隊出身の高潔な人物で、トランプ流の脅しがまったく通用しないからだ。捜査はロシアコネクションや司法妨害はもちろんのこと疑惑だらけのトランプの私的ビジネスにまで及ぶだろう。

そんな中、米連邦捜査局(FBI)は4月9日、トランプの代理人を長く務めた弁護士マイケル・コーエン氏の事務所の捜索に踏み切った。コーエンはポルノ女優ストーミー・ダニエルズ(本名ステファニー・クリフォード)にトランプとの性的な関係をばらさないよう口止め料として13万ドル(約1400万円)支払ったことを認めている。

大統領には知らせず自費で賄ったと言い張っているが、なにしろトランプの表も裏も知る人物だ。そんな人物に司直の手が伸びたとあってはさすがのトランプも心穏やかではあるまい。11月の中間選挙も当然気にしている。

対シリア攻撃は、トランプにとってマスコミと巷の関心を国内問題からそらすのにもってこいの手段だったに違いない。アメリカの大統領は自分が追い詰められると総じて戦争をして窮地を脱しようと考える。ブッシュもそうだった。

しかしそのお陰でただでさえ困難なシリア紛争の外交解決がさらに遠のいた。「任務完了」というのは危険な言葉だ。

2003年、ブッシュ大統領が米空母の甲板でイラク戦争終結を声高らかに宣言したときに使ったのも「任務完了!」。

その後8年間も米軍はイラクに残り、4000人以上の米兵が命を落とした。2011年にいったん撤退したが、2014年にはイスラム過激派ISとの戦闘のために再び従軍し、今もイラクにいる。

※1
ロバート・スワン・ミュラー三世
Robert Swan Mueller III

1944年8月7日 生まれ 。アメリカ合衆国の元海兵隊出身、法律家、司法官僚。
2001年9月4日-2013年9月4日、第6代連邦捜査局(FBI)長官。
2017年5月17日、前年の大統領選におけるロシアの干渉捜査のため司法省から特別検察官に任命。

kanise_20180420.jpg

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

野蛮の世紀

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

『邪魔者は殺せ』という英国映画が日本で初公開されたのは1951年のことだったが、今まさにそのタイトルどおりのことが現実に起きている。3月に英国で元ロシア情報機関員と娘が猛毒の神経剤で襲撃された事件もそのひとつだ。

3月4日、セルゲイ・スクリパリ(66)とその娘ユリア(33)は大聖堂で有名な英南部の小都市ソールズベリーにあるショッピングセンターのベンチで意識不明になっていることころを発見された。目撃者によれば、ふたりは口から泡を吹き激しく痙攣していたという。現場に駆けつけた警察官1名も重体だ。

犯行に使われた毒物はロシア製化学兵器「ノビチョク」だと判明。専門家によれば、ノビチョクは第3世代の神経剤で、極めて殺傷性が高く遅効性なので毒殺にうってつけだそうだ。

被害者のスクリパリは英国のスパイとして活動したことが理由で禁固13年の判決をロシアで受けたが、2010年の米露スパイ交換によって英国に亡命していた。ロシア政府にとっては明らかに「許しがたい裏切り者」だった。

それにしてもなぜ今頃なのか。その答えは18日のロシア大統領選挙にある。2024年までの長期政権を狙うプーチン大統領にとって今回の暗殺計画は「私に盾突く者はこれからも容赦なく抹殺する」という非情な警告だとみて間違いないだろう。

しかも、その冷血な仕打ちは今に始まったことではない。2006年には元ロシア情報機関員で反体制活動家だったリトビネンコがロンドンで食事中に毒殺されている。犯行にはロシア製の猛毒ポロニウムが混入されたお茶が使われた。ロシアの情報機関FSBの関与は間違いなかったが、当時の英国政府の対応は政治的に弱腰だった。

2013年、英国に亡命しプーチン批判を繰り返していた新興財閥の大富豪ボリス・ベレゾフスキーが英国の元妻の家で首を吊って死亡。英当局は殺人事件として捜査中だ。さらには、ベレゾフスキーの友人でプーチンと不仲だったニコライ・グルシュコフも亡命債のロンドン自宅で不審死を遂げている。

ソールズベリーでの事件後、英国を始め欧米諸国からロシアに対する非難の声が上がった。英警察はロシアと関係する心臓発作や自殺、事故死など過去の不審死14人件の再捜査に着手するという。

しかし、7割を超える圧倒的は得票率で大統領に再選されたプーチンはそんなことはたぶんなんとも思っていない。西側諸国の結束がいまやボロボロに綻び、民主主義も名ばかりの状況になっていることを見透かしているからだ。

ソールズベリーでの暗殺未遂事件は勿論のこと、あらゆる不都合な出来事にロシア政府は一切関与していないと主張して憚らない。クリミア併合、サイバー攻撃、2016年米大統領選挙介入疑惑、シリア民間人虐殺などなど。

歴史を振り返れば、毒物による暗殺はロシアの伝統的手法である。古くは怪僧ラスプーチンが青酸カリを飲まされたし、レーニンはスターリンに毒殺されたという説がある。ヲールズベリーの事件で私が真っ先に思い出したのは冷戦時代にロンドンで起きた暗殺事件だ。

1978年9月7日。ブルガリアの反体制作家ゲオルギー・マルコフはロンドンの名所ウォータールー橋でいつものようにバスを待っていた。すると突然、右足に鋭い痛みが走った。振り返ると傘を拾い上げている見知らぬ男の姿があった。

その夜、高熱で倒れたマルコフは3日後に息絶えている。死因は傘型の銃から発射された有毒物資リシンだった。犯行はソ連国家保安委員会(KGB)の支援を受けたブルガリア秘密警察によるものだった。

まさに「邪魔者は殺せ」なのだ。

21世紀はルールを無くした「野蛮の世紀」だと仏政治学者テレーズ・デルペシュは喝破した。今、その野蛮が世界のあちらこちらで牙をむき始めている。

kanise20180323.png

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

トランプ政権を後押しする人々

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

「アメリカ人が戦争をするのは地理に弱いからだ」

古豪のジャーナリストからそう聞かされたのは私がまだ大学生の頃TIME誌ニューヨーク本社でインターンをしていた1970年代半ばだった。TIME誌は世界最大のニュース週刊誌。記者たちはインテリばかりの集まりだ。

地理に疎いとなぜ戦争をするのかと無知な私がいぶかしがっていたら、「その答えはトム・ソーヤの冒険にある」というヒントが返ってきた。謎解きの始まりである。

『トム・ソーヤの冒険』といえは日本でもお馴染み19世紀のアメリカ人作家マーク・トウェインの名作だ。トウェインは小説だけでなく珠玉の名言も多く残している。そこで辿り着いたのが次の言葉だった。

"God created war so that Americans would learn geography.(神はアメリカ人に地理を勉強させるために戦争を作った)"

いかにも皮肉とユーモア好きだったトウェインらしい着想である。

その言葉どおりだとすれば、アメリカ人はずいぶん地理を勉強してきたことになる。なぜなら1776年の建国以来、アメリカはその歴史の9割以上の歳月を戦争に費やしてきたからだ。5年間、戦争をせずに過ごしたのは唯一大恐慌の孤立主義時代(1935年~1940年)だけなのだ。

それならさぞかしアメリカ人は地理に詳しくなっただろうと思いきや、そうでもなかった。ナショナル・ジオグラフィック(全米地理学協会)が2006年に行った調査によれば、地図を見て戦地のイラクやアフガニスタンはおろかニューヨーク州も指させないアメリカの若者(18歳~24歳)がなんと5割もいた。

10年経った今でもそんなに変わっていないだろう。そんな連中が世界最強覇権国の将来を担うかと思うと背筋が寒くなる。要は、テレビやインターネットが普及し世界中のニュースがリアルタイムで届く今でも、アメリカ人の多くは身近なこと以外にほとんど興味がないのだ。自らを福音派と呼ぶこの人たちは科学を徹底的に否定し宇宙は神が7日間で造ったと信じている。

中絶や同性愛など悪魔の仕業というわけだ。そんな人たちが全米人口の30%ほど占めており、共和党大統領候補を支持する。無茶な戦争を起こし支離滅裂な経済政策で国民生活を脅かしたニクソン、レーガン、ブッシュ、そしてついにトランプ大統領まで誕生させたのは彼らだといっても過言ではない。

あれだけホラを吹き傍若無人なことをやってもトランプの支持率が3割を下らない背景には福音派の存在があるのだ。

経済格差だけではなく、知識を拒絶する多数の大衆と知識人階級との断絶がアメリカ社会を二つに引き裂いている。朝鮮半島や中東で深刻な軍事衝突の足音が近づく今、核のボタン(実際にはボタンではなくプラスチックの認証カード)を持つ反知性のトランプ大統領だけには地理の勉強はして欲しくない。

kanise_20170219.png

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ウォーゲーム

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

「ウォーゲーム」をご存じだろうか。最新のコンピューター対戦ゲームではない。政府や議会、軍の研究機関、民間の研究所、マスコミの専門家が一同に介して、現実に起きている国際的危機の分析や未来予測をするシミュレーション(模擬演習)である。

先日、都内某所で私が理事を務めるNPO外交政策センター(FPC)主宰でこの「ウォーゲーム」を行った。参加者は50人弱、テーマはもちろん北朝鮮核危機である。相互に罵り合いをエスカレートさせている米国のトランプ大統領と金正恩北朝鮮労働党委員長。

新年早々、金正恩が核兵器の発射ボタンは「常に自分の机の上にある」と挑発すれば、すぐさま「俺様はもっと大きくて強力な核爆弾を持っているし、ちゃんと機能する!」とツィッターで反撃した。まさに衝動的な「爬虫類脳」のぶつかり合いである。

爬虫類脳とは辺縁系とも呼ばれる人間の脳の一部で、この支配下ではわれわれは我慢を忘れ、目先の満足を求めて超自己中心的になる。その典型が世界に核戦争の恐怖を拡散している両者である。

今回東京で行ったシミュレーションでは、参加者が米国政府チーム、中国政府チーム、韓国政府チーム、日本政府チームの4つに分かれ、本部から時々刻々発表される状況についてそれぞれ対応策をねった。参加者は現実の大統領や首相、閣僚などになりきって議論・決断するため緊張感が半端ではない。なにしろ人類初の核戦争に発展しかねないのだから。

議論された内容についてはチャタムハウスルールが適用された。英国のシンクタンクである王立国際問題研究所(チャタムハウス)に由来する決め事で、参加者はシミュレーション中に得た情報を外部で自由に引用・公開することができるが、その発言者を特定する情報は伏せなければならないというものだ。

シナリオは今年の春に米国の北朝鮮に対する軍事行使の可能性が一段と高まるという設定が始まった。北朝鮮の挑発的軍事行動を受けて各国はギリギリの選択を迫られる。米国は先制核攻撃を行うのか、核ミサイルを撃ち込まれた日本はどう対応するのか、中国は北朝鮮に軍事侵攻するのか、など生々しい「FIRE AND FURY」(炎と怒り)が展開された。もちろん経済的なインパクトも議論された。

以前、私は米国マサチューセッツ工科大学(MIT)政治学部主宰の「アジア太平洋危機シミュレーション」に参加してテレビ報道したことがあるが、そのときを彷彿とさせる体験だった。

結果はシナリオや参加者によって当然大きく変わる。だが、こうした演習で重要なのは結果ではなくプロセスなのだ。危機に直面して各国の指導部がどのような議論をし、どのような行動をするのか。その渦中で、様々な問題点があぶり出されることがポイントだ。それが教訓となって実際の危機が発生したとき、あるいは危機を未然に防ぐために、役立つのだ。FPCではこれからもこうした試みを続けて行きたい。

kanise20171224.jpg

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

今月起こった「アラバマ物語」

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

思わず主役のグレゴリー・ペックがやたら格好よかった『アラバマ物語』(1962年)を思い出した。人種偏見が根強い米国南部アラバマで白人女性を暴行したとの容疑をかけられた黒人青年を身の危険を顧みず弁護する熱血弁護士の物語だ。原作はベストセラー小説でピューリッツァー賞も受賞した"To Kill A Mockingbird"である。

そのアラバマで話題の上院補欠選挙が行われた。

本来なら共和党が圧倒的に強い州だから注目などされるはずのない選挙だったが、今回ばかりは様子が一変していた。選挙戦で元州最高裁判事で共和党候補ロイ・ムーア(70)のセクハラ疑惑が急浮上、トランプ政権の屋台骨を揺るがす一戦となったからだ。

なにしろムーアが副地方検事だった頃に性的な接触や暴行を受けたと告発する女性が次から次へとなんと7人も登場した。しかも被害当時はいずれも10代だったというから大ごとだ。毒舌で「ミニ・トランプ」として知られるムーア氏はトランプ大統領の常套句である「フェイク・ニュースだ」と否定したがそんなことでごまかしきれる訳がない。

折しも米国では、大物映画プロデューサーの女優などに対するセクハラ容疑をきっかけに、セクハラ告発の嵐が芸能界だけでなく政界、スポーツ界、マスコミ界で吹き荒れているさなかである。政界では、すでに共和・民主両党の複数の有力議員がセクハラ疑惑で辞任を表明している。男が権力を手にするとすぐこれだ。

そこでトランプは奇襲作戦に出た(と思われる)。選挙直前に「イスラエルの首都はエルサレムだ」と偽金髪を振り乱して宣言したのだ。アラバマは超保守の州だ。その州のユダヤ人や白人エバンジェリカルというゴリゴリの宗教右派を取り込めはセクハラスキャンダルを振り切れると踏んだのだろう。

もととも1995年に制定された「エルサレム大使館法」で米国大使館を現在のテルアビブからエルサレムに移転することは決定されている。ただ実際にこれをやると中東情勢が大揺れになるから歴代の大統領は6ヶ月ごとに移転を延期することでこれを回避してきた。

トランプの番になってちょうどその期限も迫ってきていたから「やってしまえ」という感じだったのだろう。駄目ならまた気が変わったといえばいいだけのことだ。

事前にパレスチナ自治政府には通告していたらしいからまったくのサプライズとはいえないが、それでも中東を中心に非難の嵐が巻き起こった。だがそんなことはお構いなしがトランプ流。なにしろ「アメリカ・ファースト」だから。

トランプは宣言が和平を促進する一歩になると主張。「(エルサレムが首都である)事実を認めることが、中東和平を達成する必要な条件」とも言った。

全くの的外れである。イスラエル・パレスチナ紛争解決が中東の和平をもたらすという考えはすでに過去のものだ。現在の地政学の焦点はイラン、イエメン、シリア、リビアそしてISISなどのテロ組織である。

隣国のエジプトやヨルダン、サウジアラビア、UAEなどとの関係が改善し、パレスチナ側が分裂・弱体化している今、イスラエルのネタニアフ首相が和平交渉を真剣に考えるはずがない。

さてアラバマ選挙結果だが、民主党候補の弁護士ダグ・ジョーンズ(63)が僅差ながらムーアを破った。25年ぶりの快挙である。これで上院の勢力は共和党51議席、民主党49議席。新議員が就任する来年以降の議会運営に大きな影響がでるのは火を見るより明らかだ。

トランプのアラバマ物語は失敗に終わった。もちろんご本人は自分の非は決して認めない。「じつは俺はムーアを支持していなかったんだ」と素知らぬ顔。そんなら応援演説に行くな!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
いとうまい子さん直筆サイン入り2018年版カレンダー プレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示