蟹瀬誠一コラム「世界の風を感じて」

蟹瀬誠一(かにせ・せいいち)

国際ジャーナリスト
明治大学名誉教授
外交政策センター理事
(株)アバージェンス取締役
(株)ケイアソシエイツ副社長

1950年石川県生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、米AP通信社記者、仏AFP通信社記者、米TIME誌特派員を経て、91年にTBS『報道特集』キャスターとして日本のテレビ報道界に転身。東欧、ベトナム、ロシア情勢など海外ニュース中心に取材・リポート。国際政治・経済・文化に詳しい。
現在は『賢者の選択FUSION』(サンテレビ、BS-12)メインキャスター、『ニュースオプエド』編集主幹。カンボジアに小学校を建設するボランティア活動や環境NPO理事としても活躍。
2008年より2013年3月まで明治大学国際日本学部長。
趣味は、読書、美術鑑賞、ゴルフ、テニス、スキューバ・ダイビングなど。


書籍

Twitter

出演番組

おススメブログ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレインスタグラム登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレスタッフブログ

トランプ、共和党内の刺客

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

流石狡猾なドナルド・トランプ前米大統領である。またも見事にマスコミを煙に巻いた。

今月行なわれた中間選挙の激戦区に彼が無理矢理送り込んだ「刺客」候補が軒並み惨敗して批判の矢面に立たされたトランプは、「重大な発表をする」と意味深な事前告知でメディアを惹きつけ、共和党や家族の反対を押し切って、15日にフロリダの大邸宅でド派手な2024年大統領選出馬セレモニーを敢行した。

するとメディアの関心は一気に中間選挙の結果から次期大統領選でトランプはどうなるという話題に移ってしまった。してやったりと薄ら笑いを浮かべるトランプの顔が目に浮かぶ。

「マスコミについて俺が学んだのは、連中はいつもニュースに飢えていて、それもセンセーショナルな話しほどよいということだ」と、トランプは自伝で述べている。

ところが、虚言、暴言、妄言で大統領退任後も共和党内で猛威を振るっている前大統領の前に思わぬ強力なライバルが現れた。かつて「ミニトランプ」と呼ばれたフロリダ州知事のロン・デサンティス(44)である。

kanise_20221124.jpg

中間選挙で民主党候補を「地滑り的」な大差で破り再選され、他州で共和党候補が苦戦する中、一夜にして激戦州で「レッドウェーブ(赤い波。赤は共和党のシンボルカラー)を起こしたのだ。今や次期大統領選で共和党の「脱トランプ」候補の本命として脚光を浴びている。

保守系メディア界の大物でルパート・マードック率いる経済紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ),タブロイド紙ニューヨーク・ポスト、そしてFOXニュースもこぞって「共和党の未来」だとデサンティスを称賛。WSJに至っては社説で「トランプは共和党最大の敗者」だと名指しで前大統領を厳しく批判した。

トランプにとっては旧友からの手痛い仕打ちだ。マードック傘下のメディアは共和党の支持基盤や党幹部に大きな影響力を持っている。昨年1月、過激な連邦議会議事堂襲撃事件をトランプが煽るまでは前大統領を後押ししていた。

デサンティスは、派手な身振り手振りや強権的な政治姿勢だけを見れば確かに「ミニトランプ」だが、傍若無人なトランプと違って頭が切れ、経歴は超エリートだ。スポーツ万能で、アメリカの二大名門大学イェールとハーバード法科大学院で学び、大学院生時代には海軍エリート部隊「シールズ」に所属してイラク戦争も経験している。舌鋒鋭く行動力もある若手保守派そのものだ。

共和党右派やいずれトランプを排除したいと思っている共和党支持者にとっては、トランプ抜きで「トランピズム(右派保守思想)」を実現してくれそうな期待の候補だろう。

しかも彼にはハリウッドスターを彷彿とさせる美人の夫人ケイシーさんがついている。8日にフロリダ州タンパで行なわれた祝賀パーティでは、イエローとゴールドのゴージャスなロングドレス姿で3人の子供たちと壇上に上がり、満面の笑顔で夫の勝利を祝っていた。

ケイシーさんはサウスカロライナ州のチャースルトン大学で経済学を専攻し、卒業後はフロリダ州のテレビ局WJXTのキャスターを務めていた。デサンティスとはゴルフ練習場で出会ったという。下院議員だった夫の政治活動を支え、デサンティス人気の一翼を担っている。今年9月、大型ハリケーンがフロリダ州を直撃した際には被災者救済基金の責任者として4500万ドル(約63億円)の救援金を集めた。

しかしながら、デサンティスの人気はバブルに終わる可能性もある。国政選挙ではまったくの未知数だからだ。大統領選への態度は明言していないが、今回の選挙戦でざっと見積もって2億ドル(約280億円)の政治資金を集めている。

彼が出馬表明すれば、トランプの怒りを恐れて遠慮している共和党の政治経験豊富な面々も名乗りをあげてくるだろう。マイク・ペンス前副大統領、マイク・ポンペオ前国務長官、ニッキー・ヘイリー前国連大使などが考えられる。

2019年にニューヨークからフロリダ州の自宅兼リゾートに住民登録を移したトランプの存在も不気味だ。2018年のテレビ選挙CMでデサンティス幼い息子に「トランプ自伝」読み聞かせる姿を恥ずかしげもなく見せて前大統領に媚びをへつらっていた。ところが今は袂を分かっている。

人一倍負けん気の強いトランプが黙っているはずがない。「あいつは忠誠心がない!平凡な共和党知事だ!」と自身のソーシャル・メディアでこき下ろした。これからさらにデサンティス潰しの悪手を打ってくるだろう。

トランプは黒いマフィア人脈からふたつの掟を学んでいる。ひとつは、やられたら容赦なくやりかえせ。もうひとつは、ボスを裏切った奴は絶対に許さないだ。

トランプの逆襲を侮るとデサンティスの大統領出馬は幻想に終わる。

トランプの悪巧みについては拙書『ドナルド・トランプ世界最強のダークサイドスキル』(プレジデント社)をぜひお読みいただきたい。

若林栄四特別セミナー
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示