蟹瀬誠一コラム「世界の風を感じて」

蟹瀬誠一(かにせ・せいいち)

国際ジャーナリスト
明治大学名誉教授
外交政策センター理事
(株)アバージェンス取締役
(株)ケイアソシエイツ副社長

1950年石川県生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、米AP通信社記者、仏AFP通信社記者、米TIME誌特派員を経て、91年にTBS『報道特集』キャスターとして日本のテレビ報道界に転身。東欧、ベトナム、ロシア情勢など海外ニュース中心に取材・リポート。国際政治・経済・文化に詳しい。
現在は『賢者の選択FUSION』(サンテレビ、BS-12)メインキャスター、『ニュースオプエド』編集主幹。カンボジアに小学校を建設するボランティア活動や環境NPO理事としても活躍。
2008年より2013年3月まで明治大学国際日本学部長。
趣味は、読書、美術鑑賞、ゴルフ、テニス、スキューバ・ダイビングなど。


書籍

Twitter

出演番組

おススメブログ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

トランプ終焉

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

kanise_20210121.png

世界を混乱させ、新型コロナ死者40万人以上を見殺しにし、就任時と比べて300万人もの職を奪ったうえ、前代未聞の連邦議会議事堂襲撃まで引き起こしたドナルド・トランプ。そんな悪玉大統領とその一族が20日、ようやくホワイトハウスから姿を消した。世界中から安堵のため息が聞こえるようだ。

だが、まだ疑問は残っている。

ひとつは、暴徒と化したトランプ支持者たちがなぜあれほど簡単に議事堂に侵入できたのか。当日に大統領の呼びかけに応えて全米から怒りに満ちた群衆が押し寄せてくることは十分予測されていた。それ相応の警備体制が敷かれていたはずだ。

群衆の数が予想外に多かったのか。それもある。だが記録された映像の中には、一部の警官が抵抗もせずに自ら鉄柵を開けて暴徒らを敷地内に入れている姿が映っていた。暴徒とスマホで自撮りする者さえいた。

テレビで一部始終を観ていたトランプ大統領はご満悦で、鎮圧のための州兵動員要請を拒んだという。昨年、白人警官による黒人暴行死事件が起きた際には即座に州兵どころか連邦軍を出動させろと息巻いていたのに。トランプ親衛隊ともいえる暴徒たちのほとんどが白人だったからだろう。

それを知ったバイデン次期大統領(当時)は「もし議会を襲った暴徒がブラック・ライブズ・マター(BLT:黒人の命だって大切だ)の活動家だったら、同じ扱いを受けただろうか!」と怒りを露わにした。当然だろう。

トランプの白人至上主義に同調してあからさまに対応を変える警察のおぞましさをバイデンは指弾したのだ。これまでに何度もこのコラムでも書いたが人種差別と警察暴力は米国の原罪なのである。

もうひとつ不可解なことがある。それは乱入した極右団体のメンバーや白人至上主義者たちが議事堂内を平然と移動して下院議長の執務室などに侵入していたことだ。「ペンスを首つりにしろ」と叫ぶ暴徒たちが議場に押し寄せたのはペンス副大統領が避難したわずか1分後だった。

なぜ彼らはそれほど内部事情に詳しかったのか。

元海軍パイロットのマイキー・シェリル下院議員(民主)は、自身のフェイスブックで、事件の前日に議事堂を「偵察」する集団を同僚議員が案内しているのを目撃したことを明らかにしている。

「彼(トランプ)をほう助した議員、1月5日に私は目撃したのだが、翌日のための偵察をするグループを議事堂で案内した議員。この暴徒の集団を扇動した議員。民主主義を損なおうとする大統領を手助けしようとする議員...に責任を取らせて、必要であれば、議会に奉仕できないようにする(辞職を要求する)!」と同議員は怒り心頭だ。

それが事実なら、襲撃はトランプが主張したような偶発的な出来事ではなく周到に計画されたもので、警備当局だけでなく議員にも協力者がいたことになる。就任式前日には動員された2万5千人の州兵のうち12人が極右組織と関係があるとして排除されているのも不気味だ。

それだけではない。事件前に極右勢力が海外から多額の寄付を受け取っていたことや、下院議長のオフィスから盗まれたパソコンがロシアに売り渡されそうになったことを米連邦捜査局(FBI)が捜査していることも判明した。なにやら陰謀の臭いさえするではないか。事件での逮捕者はすでに100人を越えている。いずれ事実が明らかになるだろう。

一方、トランプの2度目の弾劾裁判はバイデン政権下で始まる。共和党上院議員17人以上が民主党に同調して有罪となれば、トランプは公職に就くことが許されなくなり年間約20万ドルの年金も貰えない。

上院院内総務としてトランプを支えてきたミッチ・マコーネル議員もいまや大統領とは犬猿の仲。議事堂襲撃はトランプの「挑発」によるものだと就任式前日に公言した。自分の保身とトランプを共和党からお払い箱にするタイミングが来たと判断したのだろう。彼のひと言でかなりの数の共和党上院議員が雪崩を打って反トランプに転向するだろう。

たとえ裁判が長引いて有罪にならなかったとしてもすでにトランプは死に体だ。5人の死者まで出した議事堂襲撃を目の当たりにした企業経営者や資産家が次々と献金を止め、トランプファミリーの企業との取引を停止し始めているからだ。その上、トランプにとって最後の頼みの綱で最大サポーターだったカジノ王シェルドン・アデルソンまでが87歳で今月病死してしまった。こういうのを運の尽きというのだろう。

トランプを待ち構えているのは巨額の借金と司法妨害、公職選挙法違反、反乱教唆などに対する刑事訴追だけだ。一族が経営するトランプ・オーガニゼーションにも捜査の手が伸びる。

前代未聞の自己恩赦する可能性もとりざたされたが、対象は連邦法の違反に限られる。州法違反による起訴や実刑判決には適用されない。そもそもトランプはこれまでに起訴や有罪判決を受けていない。自分や家族を恩赦することは犯罪行為を認めたことになる。

狂気と幻想のポピュリスト大統領の末路は哀れだ。ホワイトハウスで彼を見送る人の姿はほとんどなかった。破れかぶれになった市民トランプが大統領任期中に知り得た国家機密情報を敵国に漏洩するのではないかという不安が残る。

2万5千人の州兵やシークレットサービスが厳戒態勢を敷く中、首都ワシントンの連邦議会議事堂前ではバイデン大統領の就任式が行なわれた。コロナウイルスの犠牲者に黙祷をささげたバイデンは、次のように高らかに宣言した。

「きょうはアメリカの日であり、民主主義の日だ。民主主義が勝利を収めた。共和と民主、地方と都市、保守とリベラルという無意味な争いを止めなければいけない。私は全ての国民の大統領になる。・・・同盟を修復し、再び世界に関与する」

78歳という年齢を感じさせない力強い演説だった。空は晴れわたり、恐れていたトランプ支持者の過激な抗議行動は起きなかった。

10/6(水)20時より
YouTube無料不動産セミナー開催!

大損しないための税金対策ガイド本「ビットコイン大破産時代の到来」応募者全員にプレゼント!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

みなさま、こんにちは。トレトレ編集部です。
トレトレ編集部より応募者全員に当たるプレゼントキャンペーンのお知らせです!

以前、トレトレで仮想通貨の税金についてインタビューをさせていただいた、税理士の八木橋泰仁さんの書籍「ビットコイン大破産時代の到来-大損しないための税金対策ガイド」のプレゼント企画を実施中です!

昨年12月よりビットコインを初めとした仮想通貨の価格が高騰しました。ビットコインについては1月8日に400万円を突破しました。

このビッグチャンスをものにした方も多いかと思いますが、2月の確定申告の対策はされていますか?

今回のプレゼント本ですが、長年税理士として活躍している著者が仮想通貨の利益の計算方法から、仕訳手順まで詳細に解説しています。

現在、仮想通貨をお持ちの方に必見の内容となっております。

お申込みはお一人様一回に限りますが、ただ今お申込みいただければ応募者全員に当たりますので、ぜひご応募ください。

プレゼントの応募はこちら

10/6(水)20時より
YouTube無料不動産セミナー開催!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示