蟹瀬誠一コラム「世界の風を感じて」

蟹瀬誠一(かにせ・せいいち)

国際ジャーナリスト/明治大学国際日本学部教授
(株)アバージェンス取締役
(株)ケイアソシエイツ副社長
1950年石川県生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、米AP通信社記者、仏AFP通信社記者、米TIME誌特派員を経て、91年にTBS『報道特集』キャスターとして日本のテレビ報道界に転身。東欧、ベトナム、ロシア情勢など海外ニュース中心に取材・リポート。国際政治・経済・文化に詳しい。現在は『リーダー&イノベーション・賢者の選択』(日経CNBC,サンテレビ、BS-12)、『マネーの羅針盤』(テレビ東京)のメインキャスター。カンボジアに小学校を建設するボランティア活動や環境NPO理事としても活躍。
2008年より2013年3月まで明治大学国際日本学部長。
趣味は、読書、美術鑑賞、ゴルフ、テニス、スキューバ・ダイビングなど。


書籍

Twitter

出演番組

おススメブログ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

トランプ再選へのロードマップ

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

新型コロナウイルス感染と白人警官が黒人男性を暴行死させた事件で全米に広がる抗議デモ。日本のマスコミの報道をみていると、このダブルパンチでトランプ大統領の再選に赤信号が点灯したかのようにみえる。

確かに最新の世論調査では民主党候補バイデン前副大統領が現職のトランプを53%対43%と大幅にリード。さらに差を広げる勢いだ。勝ち馬に乗ろうと資金も集まってきている。共和党内も諦めムードが漂うなんてまことしやかな記事まで出てきた。

だが、拙書『ドナルド・トランプ世界最強のダークサイドスキル』をお読みいただいた方なら分かるように、トランプはうんざりするほどのセクハラ告発、ロシア疑惑、それに弾劾裁判など数々の政治的危機を大嘘とマフィア顔負けの脅しでくぐり抜けてきた男である。まったくめげていない。

今回もまた奇策に打って出た。6月1日のことである。ホワイトハウス周辺の騒乱で催涙弾の刺激臭がまだ漂う中、ホワイトハウスからマスクもせずに現れたトランプはすぐ近くのセント・ジョンズ教会へ徒歩で向かった。

同教会は1816年以来歴代の大統領が訪れているため「大統領の教会」と呼ばれている由緒正しき聖堂である。神妙な顔つきで教会の正面に立ったトランプは、待ち受けたカメラマンに向かって右手に持った分厚い聖書を自慢げに高く掲げてみせた。

こういうのをマスコミ用語で「フォト・オップ(photo op)」という。なんてことはない。写真撮影のためだけのパフォーマンスである。信仰心などどこ吹く風で日曜日はゴルフ三昧のトランプのことだから、聖書を開いて心に響く一節を読むことも教会に入ることさえしなかった。牧師はカンカンに怒ったが、トランプは気にしない。メディアを通じて「俺は信仰心あふれるお前たちの大統領だ」という無言のメッセージをバイブルベルトの支持者たちに発信できればよかったからだ。

バイブルベルトとはアメリカ南東部一帯のキリスト教保守派が多く住む地域のこと。とりわけ国民の4分の1のおよそ8000万人を占めるエヴァンジェリカル(福音派)はトランプの岩盤支持者たちである。狂信的な彼らの多くはトランプを「神に選ばれし者」だと信じているから驚きだ。それほどでもない信者もトランプは自分たちとの公約、つまり反同性愛、反中絶、反進化論反共産主義、反イスラム、反フェミニズム、家庭重視、を守ってくれる頼りになる大統領だと思っている。

「この大統領はどこまで下劣になれるのか!」民主党幹部のシューマー上院院内総務は憤慨したが、すでに後の祭り。バイブルを掲げたトランプの姿は生中継で全米に流れた。さっそくテキサス州のファースト・バプティスト教会指導者のロバート・ジェフレス牧師は「教会の前で聖書を掲げたのは適切だった。私は幸せだ」とトランプを絶賛。非営利団体「信仰と自由の連合」(会員180万人)のラルフ・リード会長も大統領の行為を褒め称えた。まさにトランプの思惑通りの結果だ。

そんな芝居じみた大統領の宣伝写真撮影のために、平和的抗議活動をしようとホワイトハウス周辺に集まった老若男女に治安当局は容赦なく催涙ガスやゴム弾を打ち込み強制排除した。これもトランプ流の演出だ。教会訪問に先だって行なわれた演説でトランプは「自分は法と秩序の大統領だ」「軍を投入して暴動と略奪と暴行と無差別な財産の破壊を止めさせる」と息巻いていた。抗議活動が激しくなればなるほど強行発言が不安な国民の共感を呼ぶと見越したのだ。

抗議活動の取り締まりについてモーニング・コンサルトが行なった調査では、アメリカ国民の過半数が警察支援のため軍隊を動員することに賛成だという結果がでた。共和党支持者に至っては8割近くが賛成だった。人種差別と警察暴力は反知性主義宗教国アメリカの根深い原罪なのである。良識など木の葉1枚の重さもない。国民がどれだけコロナで死んでも全て中国のせいにすればいい。そうトランプは確信している。全米でアメリカ人の中国嫌いが加速しているのを知っているからだ。

米国の大統領選挙は一般投票数で負けても、各州を代表するわずか270人の選挙人を獲得すれば当選できる。なんとも納得しがたいシステムだ。2016年の選挙ではクリントン候補が一般投票で280万票以上もトランプを上回ったが、ちゃっかり304人の選挙人を確保したトランプが大統領に選ばれている。今回も同じ戦略で勝てるとトランプは確信している。

つまり、狂信的なキリスト教原理主義者を味方につけ、人種差別を煽り、繁栄から取り残された白人労働者の支持を固めて米国社会を分断するのだ。万が一負けたときには、不正行為があったと騒ぎ立てて裁判で選挙結果を無効にするかひっくり返す作戦。終身雇用の最高裁判事9人のうち5人は保守系で、そのうち2人はトランプに指名されている。コロナ感染がさらに深刻化すれば、非常事態宣言を発令して大統領選延期を訴えるかもしれない。自分の責任なのに。

コロナウイルスによる死者が10万人を突破してもジョージ・フロイド氏が白人警官の暴行で死亡しても、トランプが毎日のようにチェックしているラスムッセン調査での彼の支持率は40%台を保っている。株価も急速に回復してきた。米大統領選の先行きを予想するのはまだ時期尚早なのだ。

kanise_20200618.jpg

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示