若林栄四 ニューヨークからの便り wakabayashi

トランプの有罪判決:選挙の行方と中間層の動向

2024/06/14

\選べるプレゼント!お肉かお米が貰える/ 詳しくはこちら→

トランプ有罪判決後の、一般ポールはまだはっきりしないが、方向はバイデン有利に移行しつつあ
るように見える。

民主、共和両党の熱烈な支持者はトランプ有罪判決に揺さぶられることなく、トランプ支持(共和
党)トランプ不支持(民主党)で動かない。

問題は中間層のインディペンデントの投票者である.バイデンもトランプも嫌だといっていた人の
中では、どちらかといえばバイデンへの投票を考えている人が増えているようだ。

LESSER EVIL(どちらもダメだが、まだましな駄目さ加減)で見るとさすがに、有罪の悪人
(convicted felon )の肩書を付けたトランプに投票するのははばかられるという極めて常識的な見
解が、多数見られるようだ。

専門家は有罪判決は投票行動にそれほど影響を与えることはないと、過去のトランプの実績を過大
評価しているように思われる。

投票活動に影響はないかもしれないが、否投票活動には一般国民が影響されるのは間違いないだろ
う。

7月11日に予定されている、裁判官による判決は、場合によっては、最長4年の収監ということもあ
り得る。収監になれば、ますます否投票には拍車がかかるのではないかと思われる。

新興宗教であるトランプMAGA の信奉者は有罪判決でも減らない。しかし有罪判決で増えることも
ない。

選挙は水物というが、あと5カ月弱に迫った段階で、世の中は少しずつバイデン寄りに傾いていくの
ではないかと思われる。

やはり有罪判決は大きな流れの底流で大統領選挙を支配する決定的な要因の様に思われる。

\嬉しい特典!お肉かお米がもらえる/ 詳細を見る→

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

わかばやし・えいし
若林栄四

1966年東京銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。シンガポール支店、本店為替資金部及びニューヨーク支店次長を経て勧角証券(アメリカ)執行副社長を歴任。現在、ニューヨークを拠点として、ファイナンシャル・コンサルタントとして活躍中。

【著書】
・黄金の相場予想
・世界一やさしい図解FXの教科書
・異次元経済 金利0の世界
・富の不均衡バブル
・etc

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

最新の記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブス

無料会員募集中