若林栄四 ニューヨークからの便り

若林栄四(わかばやし・えいし)

1966年東京銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。シンガポール支店、本店為替資金部及びニューヨーク支店次長を経て勧角証券(アメリカ)執行副社長を歴任。現在、ニューヨークを拠点として、ファイナンシャル・コンサルタントとして活躍する傍ら、日本では株式会社ワカヤバシ エフエックス アソシエイツ(本邦法人)の代表取締役を務める。

【著書】
・黄金の相場予想
・世界一やさしい図解FXの教科書
・異次元経済 金利0の世界
・富の不均衡バブル
・etc

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

書籍







トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレインスタグラム登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレスタッフブログ

どんなに暑い夏も終わるようにドル高も...

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

米国中間選挙は、結局あまり大きな振れはなく、下院が共和党支配となりそうだが、それでも民主党の善戦といえよう。共和党はもっと圧勝するつもりでいたが、トランプの介入が災いして、思ったほど勝てなかったとトランプに責任を転嫁しようとしている。

トランプの神通力の低下は免れないだろう。

話は変わるが10月18日の日経新聞『大機小機』欄に【構造的ドル高】は終わらないというコラムが出ている。匿名のコラムなので多分著名な経済学者が寄稿したものだろう。

その中でなぜドルが高いかを説明した後、この構造的ドル高は終わらないと結論付けている。筆者は欧州に旅行中にこれを読んだが、構造論が出れば相場は終わるという筆者の経験から見て、ドル高の終了は間違いないと確信した。

案の定10月21日には151円94銭の突飛高を付けて、反落に転じた。マーケットは介入ばかりを気にして、介入余力などのくだらない議論に振り回されているが、問題はそうしたことではないことは明らかである。

2020年3月9日の安値101円18銭から2年7ヶ月で151円台まで50円もドルが急騰すること自体が明らかに狂っているという議論は聞かない。しかし相場にはおのずから限度があるのである。

その限度は概ね構造論が出るほど相場が走ったときが限度なのである。

お偉い経済学者が相場に口を出すことは社会現象としてそろそろ相場が終わるという印である。

3年弱で50円の壮烈な円安をやった相場が、今度は壮烈な円高で切り返すことは間違いないだろう。

円安が一時的に止まるのではなく、強烈な円高が始まるのである。

日経新聞に出る専門家の話はまるで経済学者のようではないか。もうすでに円安は終わっているのに155円までの円安をみんなして言い募っている。

中間選挙で米国の政治が完全な狂気ではなく、正気の人も多いということを証明したのと同じく、この狂気のドル高も正気に返るタイミングである。もっとも狂気の円高がくるまでドル安は終わりそうにないが。

若林栄四特別セミナー
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示