若林栄四 ニューヨークからの便り

若林栄四(わかばやし・えいし)

1966年東京銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。シンガポール支店、本店為替資金部及びニューヨーク支店次長を経て勧角証券(アメリカ)執行副社長を歴任。現在、ニューヨークを拠点として、ファイナンシャル・コンサルタントとして活躍する傍ら、日本では株式会社ワカヤバシ エフエックス アソシエイツ(本邦法人)の代表取締役を務める。

【著書】
・黄金の相場予想
・世界一やさしい図解FXの教科書
・異次元経済 金利0の世界
・富の不均衡バブル
・etc

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

書籍







トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレインスタグラム登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレスタッフブログ

共和党の頭打ち

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

11月8日の中間選挙まで1ヵ月に迫った。

毎回中間選挙では、政権を維持している党が、負けることが多い。

つまりホワイトハウスを守っている民主党には不利というのが歴史の示すことである。

今年の前半まではその通り共和党圧勝の予想が圧倒的だったが、6月最高裁の堕胎禁止の判決が出て、50年間の慣例を破ったことから、女性票が圧倒的に民主党に傾き、上院、下院とも共和党といわれていたのが、上院は民主党有利、下院は接戦だが共和党有利の形成になりつつある。

大統領のバイデンの支持率も43%あたりまで回復してきている。一時は40%を切るところまで行った。

この選挙戦を見ていて傑作なのは、トランプの扱いである。

予備選挙ではトランパーの支持が大事で、共和党の候補者は、ほとんど2020年の選挙結果を認めないと公表していたが、予備選挙が終わって、本選挙のステージに入ると、多くの共和党候補が、前言を翻して、選挙結果の否定を発言しなくなった。中には選挙は正しかったという候補者も出てくる始末である。

こういうのを米国ではヒポクラット(偽善者)といって嫌われるが、そんなことを気にすることなく、嫌トランプの有権者に媚びるわけである。それこそトランプもいい面の皮である。ちょっと頭の足りないこの男は、もうすでに自分の運勢のピークが過ぎたことを自覚せず、いつまでも共和党で権勢を振るおうとして 結局、人々の嘲笑の的になっているのである。

一方でごろつきまがいの行為ありとあらゆるコーナーからの訴訟を呼び込み、毎日のように新しい訴訟事件が報告されている。

2024年の大統領選挙に出馬するといっているが、到底無理だろう。

やや程度の低い選挙民には受けるが、その支持層は堅いが広がらない。一方で次々に悪事が露見するので常識のある一般人は嫌トランプにますます傾くのである。

共和党の候補者連中もそれがわかっているから、露骨にトランプを裏切ってくるのである。

あと45日の選挙戦でますますトランプは信用を失い、24年出馬は不可能になるだろう。

そのためにはトランプを支持した共和党の候補者が負ける必要がある。

上院だけじゃなく、下院も民主党が制する事態が起こるのではないかと期待している。

第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

【9/29 20時開催】第19回「酒匂×川口のゴールデンアワー」開催!川合美智子氏ゲスト出演!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

みなさん、こんにちは。トレトレ編集部です。

毎月開催している無料YouTubeセミナー「ゴールデンアワー」。
今回のゴールデンアワーは、外国為替ストラテジストとして活躍中の川合美智子氏をゲストに迎え、2022年後半のマーケットを予想していきます!

★今回のセミナーのみどころ★
米国の金利上昇が目立つ中、145円寸前までいったドル円は更に上に到達するのか?2022年後半の株価はどうなるのか?川合氏にたっぷりと分析していただきます。

★注目ポイント1★
番組後半では皆様の質問を川合氏が直接お答えいたします。
すべての方のご質問にお答えすることはできませんが、もしかしたら答えていただけるかも・・・?

・質問の方法1
番組放送中に、チャット欄に気になる質問を書いて送信してください。

・質問の方法2
視聴登録フォームのアンケート「セミナーでお聞きになりたいことがあればご記入ください。」にお聞きになりたいことをご記入ください。

★注目ポイント2★
番組終了後には、3万円分のAmazonギフト券や秋の和菓子セットなどが当たる豪華視聴者プレゼントコーナーを実施します!

視聴者全員、上記プレゼントのなかでいずれかの賞品が抽選で当選します!

・応募方法
番組最後に「キーワード」を発表いたします。また、アンケートのご協力をお願いしております。そのアンケートフォームに「キーワード」をご入力いただき、送信してください。

※注意※
キーワードが間違っていた場合は抽選を受けられませんのでご注意ください。

その他、セミナーの詳しい内容につきましては、案内ページを御覧ください。

今回もYouTubeで配信いたしますので、スマホ・PCとどちらでも、どこからでもご視聴いただけます。視聴登録は無料です。案内ページ内の専用フォームより視聴登録をお願いします!

みなさまのご参加・ご視聴をお待ちしております。

▼視聴登録はこちら▼



第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

ドルは天井を見たか?

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル・円は7月14日のドル高値139円39銭でさしもの大円安相場に終止符を打ったという声が強まっている。

いつまでも日米金利差でもないだろう。既に米国インフレはピークを見て下り坂に入っている。

そうした中でFRBはまだ手綱は緩めないが、あまりに強力な引き締めはさすがに躊躇うだろう。

そう考えれば、日米金利差の拡大をもっぱらの材料として走ってきた円安が息切れして、円高方向へ相場がシフトするというのは大いに考えられる。勿論相場はそんなに生易しいものではなく、これだけ無茶な円安をやったので、無茶苦茶な円高がフォローするのはまず間違いない所だろう。

そもそも2011年10月31日の円最高値75円53銭からの59単位(ペンタゴンの高さ)59円を加えた134円53銭が月足のレジスタンスとなっている。

この円相場は比較的わかりやすい。あとはどこまでどのようなスピードで円高が進行するかという興味である。

それに比べてユーロ・ドルは難しい。

そもそもファンダメンタルズの比較がドル・円ほど単純ではない。

ウクライナ戦争の影響や、インフレ、ECB の政策、加盟国間の経済格差などをどう為替相場に落とし込むのか、ほとんど誰にもできない神業だろう。おおざっぱな方向感でも示してくれるとよいが。それに対してもマーケットの専門家は(沈黙)している。

今のユーロ・ドルマーケットで二つ参考にできるポイントがある。

一つは7月14日のドル・円天井の日に、ユーロは0.9952とパリティー割れを見た後反騰に転じている。

もう一つはドル円は75円53銭に59単位59円の134円53銭が大きなレジスタンスである。もっとも139円39銭まで4円86銭もオーバ―シュートしているが、大相場の最後なのでありうることである。

もう一つの参考点はユーロ・ドルも 天井2008年7月15日の天井1.6040からの59単位5900ポイントが1.0140であり、相場はそれを188ポイントオーバーシュートして底値を見た可能性があるということである。

7月14日という日柄は何かあるのか。特にはないがやや長い所から見ると2017年1月3日の底値1.0341からの短月73カ月の節目が正中点8月11日に来ている。その約1カ月前に最安値を見て、73カ月の日柄に入り、相場上昇が加速する流れに入っているのではないかと想像できるのである。

ユーロ・ドルの月足を見ると、2017年1月3日の安値1.0341からの1段下の18度チャネルの54度加速チャネルの下限が7月末1.0277にあり、7月末相場1.0227は50ポイントこれに不足している。8月末相場が1.0346以上であれば、相場は54度加速チャネルに復帰して相場上昇をトライする形になる。

外にも四半期足で興味のある展開があるが、話が煩瑣に過ぎるので割愛する。

基本はそのような研究をさせるほど、ユーロ・ドル天井からの5900ポイントの1.0140とドル円天井からの59円の134円53銭が天井→底の距離感で黄金律の不思議を示唆している。

たまたまユーロでも、円でもドルの高値だった7月14日の日柄は現在研究中である。

第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

米中間選挙の青・赤色模様

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

11月の中間選挙まで4ヶ月を切った。

バイデン大統領の支持率が33%に低迷する中で、民主党の大敗を予想する向きが圧倒的に多かったが、ここにきて少し風向きが変わりつつある。

もともと中間選挙は議会選挙なので、大統領は関係がない。

自信満々の共和党はバイデンの失政でインフレが起こり、ガソリンがガロン5ドルを超える事態になったとして、インフレインフレの大騒ぎで、もっぱら経済問題で民主党を追い詰めようとしている。経済戦争これが共和党の方針である。ところが一番庶民のインフレ感覚を反映するガソリン価格が5ドルの高値から今は4.4ドルぐらいまで下がってきて、やや共和党のインフレ戦争の鋭鋒が緩みつつある。3月には130ドルまで行った原油も100ドルを割り込むことが多くなってきた。

経済戦争の共和党に対する民主党は、カルチャー戦争を仕掛けている。

保守化した最高裁が6月に50年間続いた妊娠中絶の合法性を、拒否し過去の判例をひっくり返すという猛烈な右旋回で、宗教が政治に介入するという悪しき慣例を残した。

妊娠の重荷をもっぱら女性に背負わせるということであり、女性層の反発が大きい。

この最高裁の判決で、危機意識を持った女性層が民主党に大量投票する可能性が指摘されている。

もう一つはガン・コントロールである。米国全体で4億丁の銃が民間に保有されている中で。連日のように起こる銃撃事件にさすがの米国にも正気の人たちがいて、ガン・コントロールが叫ばれ始めた。コントロール反対の共和党も抗しきれず、議会でガン・コントロールに部分的に賛成するなど、今までの鉄壁のガン・ロビーの力が緩んでいる。ほとんど狂気に近い共和党筋のガン・コントロール反対は、極右路線のテロリストの温床となって、正気の人たちの抗議活動を妨害するなど、まさにカルチャー戦争の様相を呈している。心ある人々は圧倒的にガン規制に賛成であり、中間選挙でもその声を届かせようとしている。

さらに人々を怒らせているのは地球温暖化を制限するクライメート・コントロールに対する最高裁の反対意見の表明である。

地球温暖化の弊害が顕著な中で今どきそれに対抗する政府の規制に反対するなどというのは、まさに狂気の沙汰である。

この問題の背景にある共和党の産業政策は、規制はなるべくゆっくり時間をかけてという方向にもっていこうとしている。それに対して、異常高温や山火事や異常渇水は待ったなしである。

選挙民の怒りがどの程度中間選挙に反映されるか。

民主党はこのカルチャー戦争で選挙民を動員して、共和党と互角の戦いができると考えている。

第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

<6月13日開催!>若林栄四、緊急YouTubeセミナー開催決定!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

トレードトレードからのお知らせです。

若林栄四先生が6月に緊急来日し、緊急セミナーの開催が決定しました!

為替取引業界においてその名を知らない人がいないと言う、為替相場の第一人者若林栄四氏。その若林栄四氏が唱える黄金比率とペンタゴンチャートは今後の市場をどう見るのか!?

ご期待下さい。

<予定されている注目銘柄の解説>
・ドル円
・ユーロ
・英ポンド
・豪ドル
・NYダウ
・日経平均
・原油
・金

そして、番組最後には豪華プレゼントコーナーを用意!3万円分のAmazonギフト券を始め、高級メロン、国産牛のすき焼セットなど、参加者全員に当たりますので、ぜひ最後までお楽しみください!

さらに今回はセミナーに申し込むだけで777円相当のビットコインを先着1000名の方にプレゼント!まずはセミナーに登録してビットコインをゲットしてください!

▼詳細はこちらをクリック▼

第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ
トレトレ会員無料登録はこちら
第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
「タンク将軍の愛人米 2021」先着100名様にプレゼント!
川口一晃のペンタゴンチャンネル
奥義ペンタゴンチャート戦略
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
お肉お米どちらかもらえるプレゼント!
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示