若林栄四 ニューヨークからの便り wakabayashi

訪れて見える欧州経済

2023/11/14

水の都ベニスで3泊し、歩き回った。

サンマルコ教会の内壁は金モザイクの豪華絢爛で、往時のベニスの繁栄をうかがわせる素晴らしいものである。それ以外にもベニスは、いたるところのコーナーに絵になる景色があり、小さい教会で素敵なものが多かった。2日間歩き回り、いわゆるベニスの観光客があまりこないエリアを踏破した。食事はもちろんイタリアンだが、観光客相手のものが多く、この季節あまり繁盛していない店が多かった。おまけに質も大したものはなく、イタリアにくればいつでも楽しめたイタ飯はベニスではだめだった。ただ二人のディナーで60-70ユーロというのはNYに比べると本当にお勉強で、ヨーロッパ旅行は快適である。

\\お肉かお米がもれなく貰える!?// 詳しく見る→

ベニスが終わり、今度は汽車でウンブリア州のペルージアにやってきた。割と大きな町で山の上に豪華な宮殿、教会が蝟集し壮観である。一日は汽車で1時間のアッシジまで行った。聖フランチェスコの聖地で壮麗な教会が見事である。

本当はレンタカーでまわると便利なのだが、娘たちが運転には反対でレンタカーせず、鉄道やバスで小都市を訪れるので面倒だ。イタリアは特に運転が激しいドライバーが多いのでよくないとのことだ。

今日はバスでtodiという町まで行ってきた。バスで1時間半で帰りには道が真っ暗になった。そういえばバスに乗って気が付いたのは道が暗いことだ。街の明かりも暗い。それでこの暗さは確かに、慣れない外国人の運転には不利だと了解した。ベニスは暗くなかったが、ペルージアは暗い。これは電気を節電しているためにおこっていることらしい。

NYで夜でも昼のような明るい街に慣れていると、この暗さは異様だ。

\選べる特典!お米かお肉をゲット!/ 詳しく見る→

イタリア経済が他のEU諸国に比べると相当ビハインドなのだろう。どこの街に行っても立派な建造物が立ち並ぶ壮観も案外張子の虎かもしれない。バスに乗ってくる人は、車を持っていない世帯である有色人種が圧倒的に多い。移民の問題も欧州にとって大きな問題で、イタリアの足を引っ張っているようだ。

オランダの豊かさに比べるとEUの南北問題は結構深刻な問題になりつつある。ユーロ・ドルが一向に上がらないのも、そのあたりの背景があるのかもしれない。

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

わかばやし・えいし
若林栄四

1966年東京銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。シンガポール支店、本店為替資金部及びニューヨーク支店次長を経て勧角証券(アメリカ)執行副社長を歴任。現在、ニューヨークを拠点として、ファイナンシャル・コンサルタントとして活躍中。

【著書】
・黄金の相場予想
・世界一やさしい図解FXの教科書
・異次元経済 金利0の世界
・富の不均衡バブル
・etc

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

最新の記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブス

無料会員募集中