川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

川口一晃(かわぐち・かずあき)

金融ジャーナリスト、経済評論家。1986年より11年間、ファンドマネージャーを務める。現在はテレビ、ラジオなどレギュラー多数。月9などのドラマの監修にも従事。著書も多数。

ブログランキング

  • にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

ホームページ

コレモニナカノ円

ブログ

コレモニナカノ円

メルマガ・セミナー

メルマガ
メルマガ

書籍

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレインスタグラム登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレスタッフブログ

ビットコイン、上値の重たい展開続く。このまま横ばいが続くのか。

  • はてなブックマーク

❖❖1年が早い!❖❖

早いもので、今年も終わります。年々時が経つのが早くなります。以前、NHKの『チコちゃんに・・・』という番組で、『なぜ、1年が経つのが早く感じるのか』という質問があり、『驚かなくなってくるから』との答がありました。たしかに、国木田独歩の『牛に行くと馬鈴薯』の中で、主人公が『人生とは驚きである』と話しています。しかし、僕はもう一つ。 『3歳の子供の1年は3分の1ですが、60歳の1年は60分の1になることから1年が早く感じる』と考えています。いずれにしても、どんどん早くなってくる1年を充実させたいものです。

❖❖❖❖❖❖❖

「週明けの動きに注目」

先週のレポートではB点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになったからだ。 しかし、実際には、横這いが続き、BCラインを超えてきた。

次の注目日は12月26日前後である。

A点水準:約220万円
C点水準:約280万円

ビットコインチャート

今週のポイントはこのまま横這いが続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。週明けにC点が位置する時間帯を通過する。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。下値支持線と期待されたACラインおよびBCラインを割り込んでしまっている。また、右肩下がりのCDラインが控えているからだ。 この場合、200万円を試す可能性がある。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性はある。C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合280万円を超えていくことが求められる。

ビットコインチャート

雲の下方を推移しており、上値の重たい展開が続いている。遅行スパンが20日前のローソク足を下回り始めていることからも、再度注意が必要である。

「流れは変わること出来るのか」

先週のレポートでは、BCラインに注目した。右肩下がりのBCラインの手前で大きな陰線が出現したことからも、その動向がポイントになったからだ。 実際には、その後は横這いが続き、BCラインを超えてきた。

次の注目日は12月29日前後である。

A点水準:約20万円
B点水準:約30万円
C点水準:約14万円
D点水準:約14万円
E点水準:約20万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは横這いが続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
CEラインに注目したい。この先、右肩上がりのCEラインに到達する。したがって、堅調な展開に移行するのであれば、CEラインに沿った展開になることが期待されるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。上値抵抗線BCラインおよびC点が位置する時間帯を通過しても、値を上げることなく推移しているからだ。 この場合、14万円を割り込む可能性もある。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性もある。右肩上がりの下値支持線CDラインおよびCEラインが控えているからだ。また、D点が位置する時間帯が変化日になる可能性もある。 この場合、20万円を超えていくことが求められる。

イーサリアムチャート

雲の下限を推移している限り、上値の重たい展開が続く。

「踏み止まるか」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、値を下げたままで上値の重たい展開が続いている。

次の注目日は12月30日前後である。

A点水準:約40円
B点水準:約90円
D点水準:約70円

リップルチャート

今週のポイントは踏み止まれるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
AEラインに注目したい。AEラインは下値の節目の水準である。この水準を割り込むと、真下に新しいペンタゴンが描き足され、弱気が広がることになる。したがって、AEラインを維持できるのか否かは重要である。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。B点が位置する時間帯を通過した後も値を下げている。右肩上がりのADラインも割り込んでしまったからだ。 この場合、40円を割り込む可能性がある。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性もある。C点が位置する時間帯を通過した後に陽線が続いている。下値支持線としてAEラインが控えているからだ。 この場合、60円を超えていくことが求められる。

リップルチャート

雲の下方を推移していることに加え、転換線、基準線よりも下方を推移し、そして遅行スパンが26日前のローソク足の下方を推移している。これらは軟調な展開が続いていることを示しているものであり、この後、一つずつ、解消することが出来るのか否かに注目したい。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

若林栄四 NYからの金言
第23回「酒匂x川口のゴールデンアワー」

ビットコイン、しばらくは上値の重たい展開から安値を更新するか

  • はてなブックマーク

❖❖自作❖❖

7,8年前になるであろうか。一時期、パン作りに凝ったことがある。毎晩のようにいろいろなパンに挑戦し、夜中に焼き上がったパンを試食していた。当時、作っていたロールパンがこれだ。

❖❖❖❖❖❖❖

「安値を更新してしまうのか」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。右肩上がりのACラインが下値支持線となり、下値のもち合いから堅調な展開へと移行することが出来るのか否かがポイントになったからだ。 しかし、実際にはACラインを割り込むと、大きな陰線が出現している。

次の注目日は12月26日前後である。

A点水準:約220万円
C点水準:約280万円

ビットコインチャート

今週のポイントは軟調な展開が続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。先週末にかけてB点が位置する時間帯に到達した。したがって、B点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
現在は軟調な展開が続いている。ペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過した後も上昇することなく推移している。また、右肩上がりの下値支持線ACラインを割り込んでしまったからだ。 この場合、200万円を試す動きが考えられる。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性も残っている。B点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性がある。また、右肩上がりのBCラインが下値支持線として控えているからだ。 この場合、280万円を超えていくことが求められる。

ビットコインチャート

雲の下限に接近したのだが、雲の下限から下放れてしまっている。これは上値の重たい展開が続くことを示唆している。これだけ見ると、上昇力は弱い。

「下値を試しに行くのか」

先週のレポートでは、C点に注目した。C点が位置する時間帯が変化日となり、新しい動きが出てくるのか否かがポイントになったからだ。 実際にはもち合いが続いた。ただし、先週末、CDラインの手前で値を下げてきている。

次の注目日は12月21日前後である。

A点水準:約14万円
B点水準:約20万円
C点水準:約14万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは下値を試す動きになるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
CDラインに注目したい。上値の重たい展開が続き、安値を付けるのであれば、右肩下がりのCDラインが上値抵抗線となりADラインを試す可能性があるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。値を上げることなく横這いに推移していたところに、右肩下がりのCDラインが上値抵抗線として存在しているからだ。 この場合、14万円を試す可能性がある。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性もある。D点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、20万円を超えていくことになろう。

イーサリアムチャート

雲の下限ではじかれた形になっている。すなわち、上値の重たい展開が広がる可能性がある。

「下げ止まることが出来るか」

先週のレポートでは、ABラインに注目した。堅調な展開に移行するのであれば、右肩上がりABラインが下値支持線になることが期待されたからだ。 しかし、ABライン越えても横這いが続いている。なお、先週末にはACラインを割り込んできた。

次の注目日は12月23日前後である。

A点水準:約40円
B点水準:約90円
C点水準:約70円

リップルチャート

今週のポイントは下げ止まることが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。先週末にB点が位置する時間帯に到達した。したがって、B点が位置する時間帯が変化日となり、新しい動きが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。下値支持線として期待されたABラインを割り込んできている。また、ACラインをも割り込んできたからだ。 この場合、ADラインを試す動きになっていこう。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性もある。B点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、ACラインに沿った展開の可能性も残っているからだ。 この場合、70円を窺がう動きになっていこう。

リップルチャート

雲が上値抵抗線として存在している。遅行スパンもローソク足を下回ってきたことからも、弱気が広がることが考えられる。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

若林栄四 NYからの金言
第23回「酒匂x川口のゴールデンアワー」

ビットコイン、上値の重たい持ち合いから放たれることが出来るのか

  • はてなブックマーク

❖❖ゆでガエル以上か?❖❖

「カエルを熱湯の中に入れるとすぐに飛び跳ねて逃げ出すが、水から徐々に温度を上げていくと水温の上昇を気づかず茹でられ死んでしまう」という話から、外部環境の変化に対応することの難しさを表している言葉が『ゆでガエル』である。

今の日本はまさしく、ゆでガエル状態と考えていたのだが、ゆでガエル以上に厳しい状況であるということで、「エレベーター理論」を紹介している経済学者がいる。日本人しか乗っていないエレベーターなのだが、上に向かっているのか、下に向かっているのか誰もわからない。しかし、もの凄いスピードで落ちている、というのだ。うーん、否定できないのが怖い。

❖❖❖❖❖❖❖

「もち合いが続く」

先週のレポートでは、ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるB点に注目した。B点を通過することで新しい動きが出てくるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、大きな変化はなくもち合いが続いている。

次の注目日は12月12日前後である。

A点水準:約280万円
B点水準:約220万円 

ビットコインチャート

今週のポイントはもち合いは続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
BDラインに注目したい。堅調な展開に移行するのであれば、右肩上がりのBDラインに沿って推移していくことが考えられるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。ペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過した後も値を上がることなく推移しているからだ。 この場合、200万円を試す可能性がある。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性もある。右肩上がりのBDラインが下値支持線となる可能性がある。また、C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、280万円を超えていくことが期待される。

ビットコインチャート

雲の薄い部分を通過し終わる。したがって、雲の薄い部分のうちにもち合いから放れていくことが出来るのか否かに注目したい。

「週明けの動きに注目」

先週のレポートではC点に注目した。C点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出ることが考えられたからだ。 実際には、横這いが続いている。

次の注目日は12月12日前後である。

A点水準:約24万円
B点水準:約14万円
C点水準:約20万円
D点水準:約30万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは週明けの動きに注目したいということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。先週末にD点が位置する時間帯に到達した。したがって、D点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。C点が位置する時間帯を通過した後も値を上げることなく推移している。また、右肩下がりのCEラインが上値抵抗線として存在しているからだ。 この場合、15万円を試すことが考えられる。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性もある。A点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯以降、わずかではあるが右肩上がりに推移している。また、D点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、20万円を超えていくことが求められる。

イーサリアムチャート

先行スパン1が下になる雲が迫っている。したがって、雲の中に入ることなく上値の重たい展開が続くのか。それとも、雲の中に入っていくことが出来るのかに注目したい。

「もち合いは続くのか」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。右肩下がりのACラインが上値抵抗線となり、上値の重たい展開がより鮮明になるのか否かがポイントになったからだ。 実際にはACラインを超えたのだが、値を上げることなく、もち合いが続いている。

次の注目日は12月18日前後である。

A点水準:約70円
B点水準:約120円
C点水準:約40円
D点水準:約90円

リップルチャート

今週のポイントはもち合いはまだ続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
CDラインに注目したい。堅調な展開に移行するのであれば、右肩上がりのCDラインに沿って推移していくことが期待されるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。前ペンタゴンのど真ん中の時間帯に値を下げて以降は横這いが続いている。B点が位置する時間帯を通過した後も値を上げることなく推移しているからだ。 この場合、40円を試す可能性が残る。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性もある。週末に到達したC点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性がある。また、下値支持線としてCDラインが控えているからだ。 この場合、70円を窺がう動きになっていこう。

リップルチャート

以前と雲の下方を推移する上値の重たい展開が続いている。ただし、目の前に雲の下限が接近していることから、雲の中に入ることが出来るのか否かに注目したい。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

若林栄四 NYからの金言
第23回「酒匂x川口のゴールデンアワー」

ビットコイン、横這いの軟調な展開が続いている

  • はてなブックマーク

❖❖今年はトホホ❖❖

今年は半月板を損傷するし、体調は崩すし、そして、先日、1年以上前から調子の悪かった頚椎のヘルニアを専門家も診てもらったら、ひと言「川口さん、首、壊れている」。これから、身体を鍛え直そうと切に思い、決意した次第です。すぐに効果は出ないかもしれませんが、春先のセミナー等でNew川口の身体をお見せできればと思っています。

❖❖❖❖❖❖❖

「週明けの動きに注目」

現ペンタゴンの中に入ると横這いが続いている。先週は右肩下がりのABラインに注目したのだが、そのABラインを超えても目立った動きは出ていない。

次の注目日は12月12日前後である。

A点水準:約280万円
B点水準:約220万円 

ビットコインチャート

今週のポイントは週明けの動きに注目をしたいということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。週末から週明けにかけてB点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過する。したがって、新しい動きが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
軟調な展開が続いている。A点が位置する時間帯以降、横這いが続いている。また、ABラインを超えた後も大きな動きが出ていないからである。 この場合、220万円を割る可能性がある。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性もある。B点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出てくる可能性がある。また、右肩上がりのBCラインが下値支持線として控えているからだ。 この場合、280万円を窺がう動きになっていこう。

ビットコインチャート

軟調な展開が続いているのがわかる。 そして、雲の薄い部分の時間帯を通過していく。こういう時間帯は乱高下しやすいことから、どちらに動き出すのかも含めて要注意である。

「流れは変わるのか」

先週のレポートではC点に注目した。C点が位置する時間帯を通過することで新しい流れが出てくるのか否かがポイントになったからだ。 じっさいには 、C点が位置する時間帯を通過した直後よりCDラインに沿った動きを見せている。

次の注目日は12月11日前後である。

A点水準:約14万円
B点水準:約19万円
D点水準:約20万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは流れは変わるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。先週末にD点が位置する時間帯を通過した。したがって、D点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。下値支持線と期待されたCDラインを割り込んでしまっている。また、右肩下がりのDEラインが上値抵抗線として存在しているからだ。 この場合、14万円を試す可能性がある。

(第2シナリオ)
下げ止まりから落ち着いた動きに移行する可能性もある。ペンタゴンのど真ん中の時間帯で下げ止まっている。また、C点が位置する時間帯を通過した直後より値を上げて来ているからだ。 この場合、20万円台を回復することになろう。

イーサリアムチャート

軟調な展開が続いているが、雲のねじれの位置を通過する。したがって、雲のねじれの位置が変化日となり、新しい動きが出てくるのか否かに注目をしたい。

「上値の重たい展開は続くのか」

先週のレポートでは、D点に注目した。D点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、大きな動きはなく横這いが続いている。

次の注目日は12月10日前後である。

A点水準:約90円
B点水準:約40円
C点水準:約70円

リップルチャート

今週のポイントは上値の重たい展開は続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
CEラインに注目したい。上値の重たい展開が続くのであれば、右肩下がりのCEラインに沿って推移していく可能性があるからだ。逆に言えば、堅調な展開に移行するのであれば、CEラインを超えていく必要がある。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるA点以降、値を下げたままである。また、C点やD点が位置する時間帯を通過した後も値を上げることなく推移している。そして、上値抵抗線としてCEラインおよびDEラインが存在しているからだ。 この場合、40円を試す可能性がある。

(第2シナリオ)
下げ止まりから落ち着いた動きに移行する可能性も残っている。下値支持線としてBEラインが存在しているが、そのBEラインの上方を推移しているからだ。 この場合、70円を窺がう動きになっていこう。

リップルチャート

雲のねじれの位置を通過する。したがって、新しい流れが出てくるのか否か。週明けの動きに注目したい。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

若林栄四 NYからの金言
第23回「酒匂x川口のゴールデンアワー」

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示