川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

川口一晃(かわぐち・かずあき)

金融ジャーナリスト、経済評論家。1986年より11年間、ファンドマネージャーを務める。現在はテレビ、ラジオなどレギュラー多数。月9などのドラマの監修にも従事。著書も多数。

ブログランキング

  • にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

ホームページ

コレモニナカノ円

ブログ

コレモニナカノ円

メルマガ・セミナー

メルマガ
メルマガ

書籍

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレインスタグラム登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレスタッフブログ

ビットコイン、右肩上がりに推移し引き続き堅調な展開

  • はてなブックマーク

❖❖さいたま市のソウルフード❖❖

僕の中学時代から有名で、多くの同級生が食べてきた娘々(にゃんにゃん)のラーメン。これは一番人気のスタミナラーメン。ピリ辛がたまりません。暖簾分けでいくつかのお店がありますが、今でも600円から700円という低価格。さいたま市に行った際には、是非、娘々のラーメンをご堪能あれ。

ビットコインチャート

❖❖❖❖❖❖❖

「底堅い動きを見せる」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置するど真ん中の時間帯が変化日となり、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、B点を通過した後も値を下げることなく推移している。

次の注目日は8月16日前後である。

A点水準:約280万円
B点水準:約380万円

ビットコインチャート

今週のポイントは堅調な展開を維持できるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。週明けにC点が位置する時間帯を通過する。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、新しい動きが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
基本的には堅調な展開が続いている。下値支持線と期待されたABラインを割り込んだものの、その後は右肩上がりに推移している。また、ペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過した後も値を上げているからだ。 この場合、360万円を窺がう動きの可能性がある。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。右肩下がりのBCラインが上値抵抗線として控えている。そして、C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、280万円を割り込んでいくことが考えられる。

ビットコインチャート

底堅く推移しているものの、雲の上限が上値抵抗線として存在している。故に、雲の上限を超えることが出来るのか否かがポイントになる。

「堅調な展開が続いている」

先週のレポートでは、BCラインに注目した。右肩上がりのBCラインが下値支持線となることで堅調な展開が続くのか否かがポイントになったからだ。 実際には、BCラインに沿って堅調な展開を維持している。

次の注目日は8月17日前後である。

A点水準:約30万円
B点水準:約20万円
C点水準:約24万円
D点水準:約14万円

イーサリアムチャート

今週のポイントはこのまま堅調な展開を維持できるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
CEラインに注目したい。堅調な展開が続くのであれば、右肩上がりのCEラインに沿った動きが続くことが求められるからだ。逆に言えば、CEラインを割り込むと、上値の重たい展開に移行する可能性が出てくる。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。C点が位置する時間帯より値を上げている。また、右肩上がりのBDラインが下値支持線として存在しているからだ。 この場合、25万円台に乗せていくことが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。D点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、上値抵抗線AEラインが控えているからだ。 この場合、20万円を試す動きが考えられる。

イーサリアムチャート

雲の上方を堅調に推移しているのがわかる。ここで注目なのは早晩、雲のねじれの位置が到来する。したがって、雲のねじれの位置が変化日となり、流れが変わるのか否かがポイントになる。

「もち合いが続いている」

先週のレポートでは、ABラインに注目した。右肩上がりのABラインに沿って推移していく可能性があったからだ。 実際には、ABラインも通過し、横這いが続いている。

次の注目日は8月17日前後である。

A点水準:約40円
B点水準:約70円
C点水準:約120円

リップルチャート

今週のポイントは横這いはどこまで続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。週央にC点が位置する時間帯を通過する。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。B点が位置する時間帯を通過した後も値を上げることなく推移している。また、右肩下がりのBDラインが上値抵抗線として存在しているからだ。 この場合、40円を試す動きになっていこう。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性もある。C点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出てくる可能性があるからだ。 この場合、60円台に乗せていくことが求められる。

リップルチャート

雲の上方を推移しているものの、ほぼ横這い。また、雲が薄く横這いとなっていることからも、雲から上放れることが出来るのか、それとも雲を割り込んでしまうのかに要注目である。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

ゴールデンアワー特別編 第3回不動産投資セミナー

ビットコイン、底堅い動きで堅調な展開

  • はてなブックマーク

❖❖神明の花火大会❖❖

山梨県で開催された神明の花火大会に行ってきました!迫力満点!音も凄いのですが、まさしく空から宝石が降ってくる感じで、花火はもはや宇宙のロマンと言っても過言ではありませんでした。

ビットコインチャート

❖❖❖❖❖❖❖

「底堅い動きを見せる」

先週のレポートではC点に注目した。C点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。 実際には、C点が位置する時間帯を通過した直後より横這いとなっている。

次の注目日は8月9日前後である。

A点水準:約280万円
D点水準:約380万円

ビットコインチャート

今週のポイントは新しい動きが出てくるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。ペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過する。したがって、D点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。B点が位置する時間帯を通過した後も底堅い動きを見せている。下値支持線としてCEラインが控えているからだ。 この場合、330万円を超えていくことが求められる。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。D点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、右肩下がりのDEラインが上値抵抗線として存在しているからだ。 この場合、CEラインを割り込んでいくことが考えられる。

ビットコインチャート

雲の中で推移。堅調な展開が続くのであれば、雲の上限を超えていくことが求められる。

「堅調な展開を維持」

先週のレポートではBDラインに注目した。堅調な展開を維持するのであれば、右肩上がりのBDラインが下値支持線になることが求められたからだ。 実際には、BDラインが下値支持線になっているのがわかる。

次の注目日は8月11日前後である。

A点水準:約30万円
C点水準:約20万円
C点水準:約14万円
D点水準:約24万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは堅調な展開は続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
引き続きBDラインに注目したい。堅調な展開を維持するのであれば、右肩上がりのBDラインを維持することが求められるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。C点が位置する時間帯より値を上げている。また、右肩上がりのBDラインが下値支持線として存在しているからだ。 この場合、25万円台に乗せていくことが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。上値抵抗線として右肩下がりのADラインが控えている。また、D点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、20万円を割り込んでいくことになろう。

イーサリアムチャート

雲を上抜けた後は堅調な展開を維持している。この先も雲の上限が下値支持線になることが求められる。

「横這い続くのか」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過することで、ど真ん中の時間帯が変化日となり新しい流れが出てくるのか否かがポイントになったからだ。

次の注目日は8月9日前後である。

A点水準:約40円
B点水準:約60円
D点水準:約70円

リップルチャート

今週のポイントは新しい流れが出てくるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
CDラインに注目したい。堅調な展開に移行するのであれば、現在続いている横這いから上放れていくことが求められる。したがって、右肩上がりのCDラインが下値支持線となることが求められるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。ペンタゴンど真ん中の時間帯を通過した後も上昇することもなく、横這いとなっているからだ。 この場合、40円を試す動きになっていこう。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性もある。C点が位置する時間帯が変化日となり新しい流れが出現する可能性がある。また、右肩上がりのCDラインが下値支持線となることが考えられるからだ。 この場合、60円台に乗せていくことが期待される。

リップルチャート

薄い雲に沿った動きとなっている。ここでは、雲から上放れることができるのか、それとも下放れてしまうのかに注目である。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

ゴールデンアワー特別編 第3回不動産投資セミナー

ビットコイン再び上昇に転じ、このまま堅調な展開を維持するか

  • はてなブックマーク

❖❖この夏は!❖❖

暑さ対策のグッズとして新兵器を手に入れました。なんでも、NASAが開発したもので、一定の温度以下になると、0度以下にならなくても凍るというものです。僕は22度以下になると凍るという商品を購入。これを首にして夏のゴルフを乗り切りたいと思います。

ビットコインチャート

❖❖❖❖❖❖❖

「堅調な展開が続くのか」

先週のレポートでは、AEラインに注目をした。堅調な展開を維持するのであれば、右肩上がりのAEラインに沿って推移していくことが求められたからだ。 しかし、実際には、AEラインから下放れてしまった。ただし、ADラインが下値支持線となり、再び上昇し取引を終えている。

次の注目日は8月1日前後である。

A点水準:約280万円
B点水準:約440万円
E点水準:約380万円

ビットコインチャート

今週のポイントは堅調な展開を維持することが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。週明けにD点が位置する時間帯を通過する。したがって、新しい動き、すなわち、どのような動きが出るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。下値支持線としてADラインおよびDEラインが存在している。また、C点が位置する時間帯より上昇に転じているからだ。 この場合、380万円を窺がう動きを期待できる。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。B点が位置する時間帯以降、上値を抑えられている。また、D点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、280万円を割り込んでいくことになろう。

ビットコインチャート

雲の中を推移し、先週末には雲の上限に接近。ここでは雲を上抜けることが出来るのか否かがポイントになる。上抜けることが出来たのであれば、強気が広がるのだが。

「節目に到達」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで、新しい動きが出てくるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、B点が位置する時間帯を通過した後は横這いとなったが、ACラインが下値支持線となり、堅調な展開を維持しBCラインを超えてきた。

次の注目日は8月3日前後である。

A点水準:約14万円
B点水準:約30万円
C点水準:約20万円
E点水準:約24万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは節目に到達したことから、超えることが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
CEラインに注目したい。堅調な展開を維持しp点水準の節目を越えていくのであれば、右肩上がりの下値支持線CEラインを割り込むことなく推移していくことが求められるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。右肩上がりの下値支持線ACEラインが存在している。また、右肩下がりの上値抵抗線BCラインを超えてきたからだ。 この場合、28万円を窺がう動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。右肩下がりのBEラインが上値抵抗線として控えている。また、先週末にC点が位置する時間帯に到達。また、週明けにもD点が位置する時間帯を通過することから、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、18万円を試す動きが考えられる。

イーサリアムチャート

久しぶりに雲上抜け堅調な展開を維持している。これで雲の下限が下値支持線になることが期待できる。

「新しい流れが出るのか」

先週のレポートでは、A点に注目した。A点が位置する時間帯を通過することで、新しい動きが出てくるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、A点通過以降ももち合いが続いている。

次の注目日は8月4日前後である。

A点水準:約40円
B点水準:約60円
D点水準:約70円

リップルチャート

今週のポイントはもち合いが続くのか、それとも新しい動きが出るのかということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるB点を通過した。したがって、B点が位置する時間帯が変化日となり、新しい動きが出てくるのか否かがポイントになるからだ。特に5月からもち合いが続いていることからも、もち合い放れには注意をしたい。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。中心点でもあるB点の下方を通過している。しかも、B点を通過した直後に陰線が出現しているからだ。 この場合、40円を試す動きになっていこう。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性もある。B点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、右肩上がりのCDラインが下値支持線として控えているからだ。 この場合、60円を窺がう動きを求められる。

リップルチャート

雲の中を推移してるのだが、この先、雲が薄くなっている。したがって、この雲からどちらの方向に向かうのかに要注目である。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

ゴールデンアワー特別編 第3回不動産投資セミナー

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示