川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法 kawai

ドル円、クロス円、上値の重い展開。

2023/10/30

ドル/円は直近の日足が陰線引けとなり、前の2手の陽線の値幅を切り崩して終えています。単体では下値リスクのやや高いものですが、149.40-50の日足の下値抵抗を守っており、これを支えとして反発の可能性を残しています。但し、149.00±10銭の下値抵抗を守り切れずに終えた場合は、下値余地が若干拡がり易くなります。148.50-60の抵抗を下抜けて終えた場合は、短期トレンドが変化して調整下げ局面入りの可能性が高くなります。
逆に150.50-60の抵抗を上抜けて終えた場合はドルの上値余地がさらに拡がり易くなります。

短期トレンドの変化は認められませんが、値動きの収縮が続いており、一方向へ抜け出す可能性にも注意が必要です。

ドル買いは149.00-10まで引きつけて。損切りは148.40で撤退です。売りは150.30-40の戻り待ちとします。損切りは150.70で撤退です。

ユーロ/ドルは寄せ線で終え上下の攻めに失敗して寄り付き水準に戻しています。強い上昇エネルギーを持ったものではありませんが、1.05台の下値抵抗を守っており、上値トライの可能性を残しています。買いは1.0540-50で押し目買い。損切りは1.0490で一旦撤退です。売りは様子見か1.0620-30まで引き付けて。損切りは1.0660で浅めに撤退です。1.0450以下で終えた場合は下値リスクが高くなります。

ユーロ/円は陰線引けとなり続伸に繋げられずに終えています。日足の下値抵抗を守っており、反発の可能性を残していますが、10/3に付けた154.46を基点とする短期的なサポートラインを下抜けた位置で推移しており、下値リスクにも注意が必要です。買いは157.50-60で押し目買い。損切りは156.90で撤退です。売りは1日様子見か158.80-90で戻り売り。損切りは159.30で撤退です。157.20以下で終えた場合は短期トレンドを“ニュートラル”な状態に戻します。さらに156円割れで終えた場合は下値リスクが点灯、154.40以下で終えた場合は“弱気”に変化して一段の下落に繋がり易くなります。逆に160.00超えで終えれば新たな上昇トレンド入りの可能性が生じます。

ポンド/ドルは小陰線で終えていますが、下げエネルギーの強いものではありません。短期トレンドは弱いままですが、強い下値抵抗ポイントにあるので売りも慎重に。買いは様子見か1.2020に浅い損切りを置くなら1.2050-60まで引きつけて軽く試し買い程度に。売りは1.2170-80の戻り待ちとします。損切りは1.2220で浅めに一旦撤退です。短期トレンドは1.2310-20の抵抗を上抜けて終えない限り、変化しません。

ポンド/円は陰線引けとなり上値を切り下げています。日足の形状が悪化し始めており、下値リスクにより警戒が必要です。買いは1日様子見です。売りは182.10-20の戻り待ちとします。損切りは182.70で一旦撤退です。183.50超えで終えるまでは下値リスクにより警戒が必要です。

豪ドル/円は小反落。下値を切り上げる流れを維持しており、反発に転ずる可能性を残していますが、9/29に付けた96.92を直近高値として上値も切り下げており、96円台に実体を戻すまでは上値余地も拡がり難いでしょう。また、93.70-80の抵抗を下抜けて終えた場合は下値リスクが点灯します。買いは94.30-40で押し目買い。損切りは93.90で一旦撤退です。売りは95.60-70の戻り待ちとします。損切りは96.20で撤退です。

今日は穂(みのり)の後に出来たおにぎりやさんのTaro Tokyo人形町ファクトリにどんな🍙があるのか見に行ってきました。取り合えず試しにお弁当のB¥780を選び、そのほかにふみ子農園の梅薬味¥280を一つ。そして三つ葉の味噌汁¥120も追加しました。お弁当は塩麴鮭のおにぎりと昆布が乗ったもの。これに卵焼きが2切と唐揚げ1個。ポテトサラダ少々。🍙は小ぶりで女性向きです。美味しいけれどお米の味は普通かな?お味噌汁は美味しいけど少し塩味が強く感じました。しっかりランチするならシチロカ、見た目に惹かれるならこの小さな🍙が良いかも知れません。海苔を別にして下さるので、パリパリ食感が楽しめます。

TARO TOKYO ONIGIRI

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

かわい・みちこ
川合美智子

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

最新の記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブス

無料会員募集中