川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレインスタグラム登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレスタッフブログ

ドル/円、クロス円、反発余地を探る動き。上値抵抗も抜けきれない状態に。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が実体が小さい陽線引けとなり、続落を食い止めています。下ヒゲが長く、下値トライに失敗した反動で、上値余地を探る動きが期待できますが、2手前の大陰線の影響を受けた状態にあるので、大幅続伸にも繋がり難く、下値リスクにより警戒が必要です。

134.00超えで終えれば下値リスクが若干後退して135.00-10の抵抗をトライする動きが強まり易くなりますが、この場合でも137.50超えで終えない限り、"ドル強気"に変化せず、下値リスクを残します。また、131.50以下で終えた場合は来週も下値トライの動きが継続します。130円割れで終えた場合は127~128円方向への一段の下落リスクが生じます。

ドル買いは損切りが付いたので様子見です。売りは133.30-40で戻り売り。(これは東京市場で付いています)損切りは134.10で撤退です。

ユーロ/ドルは小幅続伸となり、上値トライの可能性に繋げています。1.04台に乗せて終えれば、日足、週足ともに形状が改善して、上値余地がさらに拡がり易くなります。買いは1.0290-00で押し目買い。損切りは1.0230で撤退です。売りは様子見です。短期トレンドは1.0150以下で終えない限り、"ユーロやや強気"の状態を維持します。

ユーロ/円は小陽線で続落を食い止めています。上値トライの可能性に繋げており、短期トレンドの変化も認められませんが、8/2に付けた133.40を直近安値として下値を切り上げて来たサポートラインを、前日の陰線が下抜けた位置で終えており、日足の形状が悪化しています。反発余地が限られる可能性に注意が必要です。また、136.00以下で終えた場合は"弱気"に変化して下値余地が拡がり易くなります。買いは136.50-60まで引きつけて。損切りは135.90で撤退です。売りは様子見です。

ポンド/ドルは値幅の小さい足で終え、上昇一服となりました。強い上値抵抗をクリアしきれていませんが、1.2280-90の抵抗を実体ベースで上抜けて越週すれば、日足、週足ともに形状が改善して上値余地が一段と拡がり易くなります。逆に1.2050以下で終えた場合は短期トレンドが変化して、再び下値リスクが高くなります。買いは1.2150-60で押し目買い。損切りは1.2090で撤退です。売りは様子見か1.2320に浅い損切りを置くなら1.2280-90で軽く試し売り程度に。

ポンド/円は小反発。下ヒゲがやや長く、161円台の下値抵抗に跳ね返されていますが、前日の陰線が下値リスクのやや高いものであることから、上値トライに失敗する可能性にも注意が必要です。買いは1日様子見です。売りは162.60-70で戻り売り。損切りは163.40で撤退です。161.30-40の抵抗を下抜けて終えた場合は"弱気"に変化して下落余地がさらに拡がり易くなります。短期トレンドは164円台に実体を戻して引けない限り、下値リスクがより高い状態です。

豪ドル/円は陽線引けとなり、下値を切り上げる流れを守っています。95.60-70の抵抗を上抜けて終えれば、日足、週足ともに形状が改善して一段の上昇に繋がり易くなります。買いは94.00-10で押し目買い。損切りは93.60で撤退です。売りは様子見です。93円割れで終えた場合は下値リスクが点灯、92.50以下で終えた場合は"弱気"に変化します。

今日も暑いです。こんな日は香辛料の効いたものが食べたくなります。今日は「アンキットの気持ち」のチキンカレーを買って来てもらいました。日によって少し味が異なるのですが今日のはそこそこ辛くてコクもあり、とても美味しかったです。たっぷりのサフランライスを少し残そうかと思いつつも、結局完食。ちょっと食べすぎでお腹が重い感じです。

インディアンレストラン アンキットの気持ち - 人形町/インドカレー/ネット予約可 | 食べログ (tabelog.com)

ゴールデンアワー特別編 第3回不動産投資セミナー
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル円、クロス円、強気の流れ。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク


今日は米CPIの発表があり、欧州勢が参入しても発砲までは大きく動きそうもありません。発表は、東京時間午後9時30分です。市場予想は前月比+0.2%(コア+0.5%)、前年比+8.7%(コア+6.1%)となっています。

ドル/円は小陽線で終えています。単体では上昇エネルギーの強いものではありませんが、日足が強い状態を保っていることや、軽い下値抵抗にも跳ね返されており、上値トライの動きが強まり易い状態です。押し目買い方針継続としています。
但し、134円台を維持出来ずに終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクが点灯、133.50以下で終えた場合は短期トレンドが変化して131~132円台の足元を再度固め直す動きが強まり易くなります。逆に138円台に実体を戻して引けた場合は、"ドル強気"の流れに戻して一段の上昇に繋がり易くなります。

ドル買いは134.80-90の浅い押し目を拾って(これは東京市場で付いています)134.20で一旦撤退するか、134.40-50の押し目待ちとします。この場合の損切りは下値リスクが点灯する133.40に置く必要があります。ドル売りは様子見か137.40-50の吹き値があれば軽く売り向かい。損切りは138.10で撤退です。

ユーロ/ドルは小幅続伸となりましたが、強い上昇エネルギーも感じられないので大幅続伸にも繋がり難いと見られます。買いは1日様子見です。売りも様子見か1.0270-80で戻り売り。損切りは1.0310で浅めに撤退です。1.0100以下で終えた場合は下値リスクが点灯、1.0000割れで終えた場合は"弱気"の流れに戻します。

ユーロ/円は小陽線を繋げて下値を切り上げる流れを維持しています。買いは137.60-70の押し目を軽く拾って136.90で撤退です。売りは様子見です。短期トレンドは"やや強気"の状態ですが、141円台に乗せて終えるまでは下値リスクにも注意が必要です。また137円台を維持出来ずに終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクがやや高くなります。136.00以下で終えた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。

ポンド/ドルは寄せ線に近い形の足で終えています。上値を切り下げる流れから上抜けておらず、下値リスクがより高い状態です。買いは様子見か、1.2000-10まで引き付けて。損切りは1.1970で浅めに撤退です。売りは1.2140-50の戻り待ちとします。損切りは1.2190で撤退です。短期トレンドは1.2250超えで終えない限り、下値リスクがより高い状態です。

ポンド/円は小幅続伸となりました。下値を切り上げる流れを維持していますが、上値も切り下げており、166円台に実体を乗せて終えるまでは下値リスクを残した状態です。買いは1日様子見か162.00-10まで引きつけて。損切りは161.40で撤退です。売りは様子見です。161.40-50の抵抗を下抜けて終えた場合は短期トレンドが変化します。

豪ドル/円は小反落。調整的な押しの範囲内であり、上値トライの可能性に繋げています。買いは93.60-70の押し目待ちとします。損切りは93.20で撤退です。売りは様子見です。93円割れで終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクが点灯、92円割れで終えた場合は短期トレンドが変化します。逆に95.60-70の抵抗を実体ベースで上抜けて終えれば下値リスクが後退、96円台で終えれば一段の上昇に繋がり易くなります。

さて、今日のランチはガッツリ系の佐々舟の「のり弁」をテイクアウトしました。揚げたて熱々の鶏の唐揚げ3個、自家製焼売2個、もやしの辛味和え、沢庵、小梅、のり弁、ご飯にはおかかがまぶしてい有ります。パワーが付きそうなお弁当です。スープが付いて¥800でした。今日も美味しかったです! 明日からお盆休みで、来週の火曜日までお休みされるそうです。

らーめん 佐々舟 - 人形町/ラーメン | 食べログ (tabelog.com)

ゴールデンアワー特別編 第3回不動産投資セミナー
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル円、クロス円、短期は強気。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が実体が小さく上下にヒゲのある陰線引けとなりました。上下の攻めに失敗して寄り付き水準近くに戻した形ですが、前日の大陽線の流れを受けており、下値余地が限られ易い状態です。但し、4月に付けた114.65を基点とする中期的なサポートラインを下抜けた位置で推移しており、137.50超えに実体を戻して引けない限り、下値リスクにも注意する必要があります。また133.50以下で終えた場合は短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻して131~132円台の足元を固め直す動きが強まり易くなります。

短期トレンドが強い状態を維持しているので、買いは134.60-70の浅い押し目を買って(これは東京市場で付いています)134.20で一旦撤退するか、134.00-10の押し目待ちとします。この場合の損切りは下値リスクが点灯する133.40で撤退です。

ユーロ/ドルは小陽線で終え続落を食い止めていますが、上昇エネルギーの強いものではありません。狭いレンジ内での揉み合い状態となっており、エネルギーが蓄積されつつあるので、そろそろ一方向へ抜け出す可能性にも注意が必要でしょう。1.0250超えで終えれば一段の上昇へ。逆に、1.0050割れで終えれば下値リスクが点灯、1.0000割れで終えた場合は"ユーロ弱気"の流れに戻します。買いは1.0130-40の押し目待ちとします。損切りは1.0080で撤退です。売りは1日様子見か1.0230-40で戻り売り。損切りは1.0290で撤退です。

ユーロ/円は小幅続伸となり5手連続陽線引けとなりました。下値を着実に切り上げており、日足の形状も安定しているので、押し目買い方針継続としますが、週足が上値を切り下げる流れから抜け出しておらず、141円台で終えるまでは下値リスクにも注意が必要です。買いは136.80-90の押し目待ちとします。損切りは136.20で撤退です。売りは様子見です。135.50-60の抵抗も下抜けて終えた場合は"ニュートラル"な状態に戻して下値リスクがやや高くなります。

ポンド/ドルは実体の小さい陽線引けとなりましたが、上値を切り下げていることや、7/14に付けた1.1760を直近安値とする短期的なサポートラインを下抜けた位置で推移しており、下値リスクがやや高くなっています。現状は1.2000-10の下値抵抗を守っていますが、割り込んで終えた場合は"弱気"に変化します。買いは様子見か1.2000-10まで引きつけて。損切りは1.1970で浅めに撤退です。売りは1.2140-50で戻り売り。損切りは1.2210で撤退です。1.2250超えで終えない限り、下値リスクがより高い状態です。

ポンド/円は前日足から下寄りのスタートとなりましたが、実体が小さい陽線で終え、上値トライの可能性に繋げています。下値を切り上げていますが、強い上昇エネルギーも感じられず、大幅続伸に繋がり難いと見られます。166円台で終えれば一段の上昇へ。逆に161.50以下で終えた場合は短期トレンドが変化して下値リスクが点灯します。買いは162.00-10の押し目待ちとします。損切りは下値リスクが点灯する161.30で撤退です。売りは様子見です。

豪ドル/円は続伸。下値を切り上げており一段の上昇の可能性に繋げていますが、95.60-70の抵抗を上抜けて来れば下値リスクが後退、96円台で終えれば一段の上昇に繋がり易くなります。買いは1日様子見か、93.60-70の押し目待ちとします。損切りは93.20で撤退です。売りは様子見です。92円割れで終えた場合は短期トレンドが変化して下値リスクが高くなります。

今日はシチロカの発芽玄米弁当を買って来てもらいました。暑くて外に出るのも億劫になります。シチロカさんではクーラーが壊れているそうで、イートインはお休みとのこと。こんなに暑い日にクーラー無しでお弁当を作るのは大変な作業です。今日のおかずは卵焼き、胡瓜酢漬け、ちょっとピリ辛でした。これにキノコ類の炒め物と心なしか手がかからないものになっていたようです。そぼろと鮭のほぐし身はたっぷり乗っていて、これで¥500はやはりお値打ちです。

シチロカ (Shichiroca) - 人形町/和食(その他) | 食べログ (tabelog.com)

ゴールデンアワー特別編 第3回不動産投資セミナー
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル/円、クロス/円、上値トライの動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が前日足から下寄りのスタートとなり、そのまま大陽線で終えています。強い米雇用統計を受けて急伸しており、強い上昇エネルギーが働いた形ですが、値動きの中では132円台から押し目の無いまま135.50まで急伸しており、小反落の可能性があります。

短期トレンドは130円台で底打ち、反転の流れにありますが、週足が上値を切り下げる流れから上抜けていないので、今週中の買いも慎重に臨む必要がありそうです。

買いは134.80-90の浅い押し目を買って134.50で浅めに撤退するか、134.00-10の押し目をゆっくり待つ方針で。この場合の損切りは133.40で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。ドル売りは様子見です。

ユーロ/ドルは反落。上下の抵抗を攻めきれずに揉み合いとなっています。買いは1.0150-60で押し目買い。これは東京市場で付いています。損切りは1.0090で撤退です。売りは1.0230-40で戻り売り。損切りは1.0280で撤退です。1.0000割れで終えた場合は"弱気"の流れに戻します。

ユーロ/円は寄付き安値の陽線引けとなり、この足が7/21に付けた142.32を戻り高値とする短期的なレジスタンスラインを上抜けており、上値トライの動きが期待できますが、週足の形状が安定しておらず、140.50超えで越週するまでは下値リスクにも注意が必要です。買いは1日様子見か136.70-80の押し目待ちとします。損切りは136.20で撤退です。売りは様子見です。短期トレンドは135.50割れで"ニュートラル"な状態に戻します。

ポンド/ドルは陰線引けとなり、上値を切り下げています。1.2000-10の下値抵抗には跳ね返されましたが、直近の陰線が7/14に付けた1.1760を直近安値とする短期的なサポートラインから下抜けた位置で終えており、下値リスクが点灯中です。また、週足も上値トライに失敗して陰線引けしており、日足、週足ともに形状が悪化しています。現状は1.2000-10に強い抵抗がありますが、割り込んで終えた場合は一段の下落リスクに要注意。下値リスクがより高いので、買いは様子見か1.2000-10の押し目を軽く拾って1.1970で浅めに撤退です。売りは1.2090-00で戻り売り。損切りは1.2150で撤退です。

ポンド/円は寄付き安値の陽線引けとなり、上値余地を探る動きに繋げていますが、166円台に実体を乗せて来るまでは下値リスクにも注意が必要です。買いは162.00-10の押し目待ちとします。損切りは161.60で浅めに一旦撤退です。売りは様子見です。161.50以下で終えた場合は下値リスクが点灯、161円割れで終えた場合は短期トレンドが変化します。

豪ドル/円は陽線で切り返して上値トライの可能性に繋げています。93.10-20の抵抗を実体ベースで上抜けており、日足は下値リスクがやや後退していますが、週足の形状がまだ弱く、95円台に実体を乗せて越週するまでは、下値リスクにも注意が必要です。買いは92.60-70の押し目待ちとします。損切りは92.20で撤退です。売りは様子見です。92円割れで終えた場合は下値リスクがやや高くなります。

 

ゴールデンアワー特別編 第3回不動産投資セミナー
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!

ドル/円、下値抵抗に跳ね返される。クロス円、上値余地を探る動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が上ヒゲが長く実体の小さい陰線引けとなりました。上値トライに失敗しており、下値トライの動きが先行しています。下値リスクがやや高いものの、下値を切り上げる流れも維持しており、突っ込み売りに注意が必要でしょう。

但し、134.40-50の日足の上値抵抗にぶつかっており、これをしっかりクリアするか、134.00超えで終えるまでは上値余地も拡がり難いでしょう。また、132.50以下で終えた場合は日足、週足の形状が悪化して、下値リスクが高くなり130~131円台の下値抵抗の強さを確認する動きが強まり易くなります。

ドル買いは132.80-90で押し目買い。これは東京市場で付いています。損切りは132.30で撤退です。売りは134.10-20の戻り待ちとします。損切りは134.60で撤退です。損切りが付かない場合でも134円超えで終えた場合は買いは撤退して様子を見た方がいいでしょう。

ユーロ/ドルは陽線引けとなり、上値トライの可能性に繋げていますが、1.0250超えで終えていないことや、中期トレンドが弱い状態にあるので急伸にも繋がり難いと見られます。一方で1.0200近辺の足元がややしっかりし始めており、下値余地も限られ易くなっています。買いは1.0190-00で押し目買い。損切りは1.0150で撤退です。売りは浅い損切りが付いたので1日様子見か1.0270-80で戻り売り。損切りは1.0310で撤退です。1.0000割れで終えた場合は"弱気"の流れに戻します。

ユーロ/円は実体が小さく上ヒゲのやや長い陽線引けとなりました。下値を切り上げる流れを維持しており、また、7/21に付けた142.32を基点として上値を切り下げて来た短期的なレジスタンスラインを若干上抜けた位置で終えていますが、この足が上値トライに失敗して押し戻された形となったことや、週足の形状が改善しておらず、日足の上抜けが"ダマシ"となる可能性に注意が必要です。買いは1日様子見か135.00-10の押し目があれば軽く買い狙い。損切りは134.40で撤退です。売りは1日様子見です。134.50以下で終えた場合は再び下値リスクが高くなります。137.00超えで終えれば、日足、週足ともに形状が改善して来週も上値トライの動きが強まり易くなります。この場合でも141円超えで終えるまでは下値リスクを残します。

ポンド/ドルは実体の小さい陽線引けとなりましたが、上下の抵抗を攻めきれずに終えています。1.22台に乗せて終えれば日足の形状が安定して、上値余地がもう一段拡がり易くなります。逆に、1.2050以下で終えた場合は下値リスクが点灯します。買いは1.2110-20で再度押し目買い。損切りは下値リスクが点灯する1.2040で撤退です。売りは1日様子見か1.2220に損切りを置くなら1.2180-90まで引き付けて軽く売り向かい。

ポンド/円は上ヒゲの長い陰線引けとなり、上値トライに失敗した形で終えています。下値を切り上げる流れを維持していますが、日足の形状が悪化しており、続落の可能性に注意が必要です。買いは損切りが付いたので様子見です。売りは162.40-50で戻り売り。損切りは163.10で撤退です。161円割れで終えた場合は下値リスクが点灯、160.50以下で終えた場合は"弱気"の流れに戻して下落余地が拡がり易くなります。

豪ドル/円は上ヒゲが長く実体の小さい陰線引けとなりました。上値トライに失敗しており、また93.76に位置する21日移動平均線にもぶつかっています。下値リスクがやや高いので買いはもう一日様子見か、91.80-90で軽く押し目買い。損切りは91.40で撤退です。売りは93.60-70の戻り待ちとします。損切りは94.10で撤退です。91.50以下で終えた場合は再び下値リスクが高くなります。

今日は米雇用統計の発表があります。市場予想は失業率3.6%、非農業部門就業者数(NFP)+25万人です。

では皆さま良い週末をお過ごしください。

ゴールデンアワー特別編 第3回不動産投資セミナー
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!
トレトレ会員無料登録はこちら
ゴールデンアワー特別編 第3回不動産投資セミナー
「タンク将軍の愛人米 2021」先着100名様にプレゼント!
川口一晃のペンタゴンチャンネル
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
お肉お米どちらかもらえるプレゼント!
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示