若林栄四 ニューヨークからの便り

若林栄四(わかばやし・えいし)

1966年東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。シンガポール支店、本店為替資金部及びニューヨーク支店次長を経て勧角証券(アメリカ)執行副社長を歴任。現在、ニューヨークを拠点として、ファイナンシャル・コンサルタントとして活躍する傍ら、日本では株式会社ワカヤバシ エフエックス アソシエイツ(本邦法人)の代表取締役を務める。

【著書】
・黄金の相場予想
・世界一やさしい図解FXの教科書
・異次元経済 金利0の世界
・富の不均衡バブル
・etc

書籍

トレトレブログ

若林栄四 Flying Back JAPAN!013を公開しました

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

<トレトレ編集部よりお知らせです。>

TRADE×TRADEのコンテンツ
若林栄四「Flyng Back JAPAN!013」を公開しました。

今回は以下の内容を若林先生にお伺いしました。
・大きく下げる金~今後の動向は?
・金はどこまで上がるのか。そして、その後はどうなるのか。
・為替は異常な値動き・・・相場にストレスがたまっている

インタビューの詳細はこちらから。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

<11月11日(土)赤坂アークヒルズクラブで特別セミナー開催決定!>

アークヒルズ特別セミナー

若林栄四 Flying Back JAPAN!013を公開しました

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

<トレトレ編集部よりお知らせです。>

TRADE×TRADEのコンテンツ
若林栄四「Flyng Back JAPAN!013」を公開しました。

今回は以下の内容を若林先生にお伺いしました。
・大きく下げる金~今後の動向は?
・金はどこまで上がるのか。そして、その後はどうなるのか。
・為替は異常な値動き・・・相場にストレスがたまっている

インタビューの詳細はこちらから。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

<11月11日(土)赤坂アークヒルズクラブで特別セミナー開催決定!>

アークヒルズ特別セミナー

若林栄四 Flying Back JAPAN!013公開のお知らせ

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

<トレトレ編集部よりお知らせです。>

TRADE×TRADEのコンテンツ
若林栄四「Flyng Back JAPAN!013」を来週公開いたします。

本編公開に先がけて、インタビューの冒頭部分を特別にご紹介いたします!

-------------------------------------

2012年に向けた金とドル円の行方

マーケットが大きく荒れている。なかでも、急激な下げに見舞われたのが金。果たして、下落の要因は何だったのか。また、当サイトでも掲載していた、若林氏が唱える2012年に起こるマーケット大変動のシナリオに変化はないのか。若林氏に聞いた。

----金価格急落の理由は?

若林  特に理屈はありません。恐らく、今回の金価格急落の理由を説明できる人は、ほとんどいないでしょう。マスコミなどでは、「他のアセットバリューが急落したので、利益が出ている金を売却する動きに拍車がかかった」などと、もっともらしい理由付けがされていますが、これも正直、説得力があるとは思えません。

結局のところ、チャートで見た時に、いいところまでやった(値が上がった)から下がったということに尽きるのではないでしょうか。

1トロイオンスあたりの金価格で説明していくと、2008年10月が8年サイクルボトムで、この時の価格が681ドルでした。それを起点にして、一相場を黄金分割的に見ると、590ドル、1180ドルというのが節目になります。たとえば、681ドルに1180ドルを加えると、1861ドルになります。つまり、この水準を上回ったところは危険水域と考えることができます。

…続きは来週の本編で!乞うご期待!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

<11月11日(土)赤坂アークヒルズクラブで特別セミナー開催決定!>

アークヒルズ特別セミナー

若林栄四 Flying Back JAPAN!013公開のお知らせ

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

<トレトレ編集部よりお知らせです。>

TRADE×TRADEのコンテンツ
若林栄四「Flyng Back JAPAN!013」を来週公開いたします。

本編公開に先がけて、インタビューの冒頭部分を特別にご紹介いたします!

-------------------------------------

2012年に向けた金とドル円の行方

マーケットが大きく荒れている。なかでも、急激な下げに見舞われたのが金。果たして、下落の要因は何だったのか。また、当サイトでも掲載していた、若林氏が唱える2012年に起こるマーケット大変動のシナリオに変化はないのか。若林氏に聞いた。

----金価格急落の理由は?

若林  特に理屈はありません。恐らく、今回の金価格急落の理由を説明できる人は、ほとんどいないでしょう。マスコミなどでは、「他のアセットバリューが急落したので、利益が出ている金を売却する動きに拍車がかかった」などと、もっともらしい理由付けがされていますが、これも正直、説得力があるとは思えません。

結局のところ、チャートで見た時に、いいところまでやった(値が上がった)から下がったということに尽きるのではないでしょうか。

1トロイオンスあたりの金価格で説明していくと、2008年10月が8年サイクルボトムで、この時の価格が681ドルでした。それを起点にして、一相場を黄金分割的に見ると、590ドル、1180ドルというのが節目になります。たとえば、681ドルに1180ドルを加えると、1861ドルになります。つまり、この水準を上回ったところは危険水域と考えることができます。

…続きは来週の本編で!乞うご期待!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

<11月11日(土)赤坂アークヒルズクラブで特別セミナー開催決定!>

アークヒルズ特別セミナー
300円相当ビットコインプレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示