蟹瀬誠一コラム「世界の風を感じて」

蟹瀬誠一(かにせ・せいいち)

国際ジャーナリスト/明治大学国際日本学部教授
(株)アバージェンス取締役
(株)ケイアソシエイツ副社長
1950年石川県生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、米AP通信社記者、仏AFP通信社記者、米TIME誌特派員を経て、91年にTBS『報道特集』キャスターとして日本のテレビ報道界に転身。東欧、ベトナム、ロシア情勢など海外ニュース中心に取材・リポート。国際政治・経済・文化に詳しい。現在は『リーダー&イノベーション・賢者の選択』(日経CNBC,サンテレビ、BS-12)、『マネーの羅針盤』(テレビ東京)のメインキャスター。カンボジアに小学校を建設するボランティア活動や環境NPO理事としても活躍。
2008年より2013年3月まで明治大学国際日本学部長。
趣味は、読書、美術鑑賞、ゴルフ、テニス、スキューバ・ダイビングなど。


書籍

Twitter

出演番組

おススメブログ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

非武装中立地帯から眺める未来

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

北朝鮮ミサイル危機が深刻化する中、朝鮮半島を分断する軍事境界線の非武装中立地帯(DMZ)を久々に訪れた。晴れた日には肉眼でも北側の風景がはっきりと見える。60年以上にわたる南北分断の板門店。近くにはソウルまでわずか50キロ程の所で発見された第3地下トンネルもある。1970年代に北朝鮮が奇襲攻撃のために掘ったものだ。

現在4本のトンネルが確認されているが、一番大きくて知られているのは全長1,635メートル、幅2メートル、高さ2メートルの第3トンネル。北朝鮮の完全武装した兵士3万人が1時間以内に移動できる規模だ。当時の北朝鮮の南進欲の強さが感じられるトンネルである。入口の棚に置かれたヘルメットを被って長いスロープを降りていくと、湿気と埃で息苦しくなるような薄暗いトンネルが北に向かって続いていた。途中でコンクリートの壁があり、その向こうが北朝鮮だ。

じつは、ツアーに参加すればこのトンネルには誰でも入れる。「命がけの非武装地帯潜入」とか大げさに体験談を書いたブログなどが散見されるが、実際には板門店も第3トンネルも人気ナンバーワンの観光スポットなのだ。多数の観光客が記念写真を撮り、嬉々として土産物を物色している。時々刻々とミサイル危機を伝えるニュースとは対照的な光景である。このギャップをどう理解すればいいのか。

「たぶん日本と韓国で感じる危機感を足して2で割ったぐらいが適当でしょう」そう話してくれたのは韓国有力紙『東亜日報』元編集局長シン・キュソン氏。つまり日本ではメディアが過剰な危機感を煽っている一方で韓国の人々はこうした状況に慣れ過ぎているという意味だ。

 とはいえ今回は傍若無人で"天性の嘘つき"のトランプと得体の知れない金正恩という予測不可能な二人のリーダーが角を突き合わせている。世界的に緊張感が高まるのは無理もない。威嚇の応酬は人類の滅亡を暗示するスタンリー・キューブリック監督の核戦争映画『博士の異常な愛情』(1964年)のようだという声さえ米国内で出始めているという

 しかしその裏で融和策シナリオが米国で検討されていることを知る人は少ない。北朝鮮の核弾頭小型化と大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発阻止はもはや手遅れだから、米国は北朝鮮を核保有国と認めた上で両国の関係を正常化して危機を回避するというオプションだ。にわかに信じがたいかもしれないが、ありえない選択肢ではない。

元々は1970年代にヘンリー・キッシンジャー米国家安全保障担当補佐官が二つの対立する勢力による韓国と北朝鮮の「相互承認」を提案したのが始まりだった。一方がソ連と中国、もう一方が米国・日本である。もしこの提案に沿って米国が北朝鮮との関係を正常化していれば北が核開発をすることはなかっただろう。だが当時の政治的状況から提案は見送られ、北朝鮮は国家の存亡を賭けて核兵器開発に邁進するようになったのである。その結果が今の北朝鮮ミサイル危機だ。

金正恩政権もトランプ大統領も今のところは強硬な姿勢を崩していないが、国家の滅亡に繋がる核戦争を始める"度胸"は双方ともないだろう。実際、トランプは金正恩との直接対話の可能性を否定していないし、それは北朝鮮が切望していることでもある。彼らも、そして我々も恐怖感から状況判断を誤ってはならない。

第3次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからない。だが、第4次世界大戦が起こるとすれば、その時に人類が用いる武器は石とこん棒だろう」と警句を物理学者アンシュタインが残している。

核戦争が起こればほとんどの人類が死滅しあらゆる文明が消滅するからだ。残るのは原始的な生活のみである。

20170829.jpg

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
ビットコインクイーン名波はるか 2019年版・直筆サイン入り仮想通貨カレンダープレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示