蟹瀬誠一コラム「世界の風を感じて」

蟹瀬誠一(かにせ・せいいち)

国際ジャーナリスト/明治大学国際日本学部教授
(株)アバージェンス取締役
(株)ケイアソシエイツ副社長
1950年石川県生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、米AP通信社記者、仏AFP通信社記者、米TIME誌特派員を経て、91年にTBS『報道特集』キャスターとして日本のテレビ報道界に転身。東欧、ベトナム、ロシア情勢など海外ニュース中心に取材・リポート。国際政治・経済・文化に詳しい。現在は『リーダー&イノベーション・賢者の選択』(日経CNBC,サンテレビ、BS-12)、『マネーの羅針盤』(テレビ東京)のメインキャスター。カンボジアに小学校を建設するボランティア活動や環境NPO理事としても活躍。
2008年より2013年3月まで明治大学国際日本学部長。
趣味は、読書、美術鑑賞、ゴルフ、テニス、スキューバ・ダイビングなど。


書籍

Twitter

出演番組

おススメブログ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

スティグリッツが語る欧州の未来

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

英国の国民投票によるEU離脱決定に続いて、ハンガリーがEUのルールを破ってセルビアとの国境にフェンスを建設し難民を追い返している。ハンガリーのシャルト・ペトロ外相の言葉を借りれば「ハンガリーには他国の失敗による負担を追う義務はない」というわけだ。

 kanise_20161025#2.jpg

 

これに対してルクセンブルクのジャン・アセエルボーン外相がハンガリーをEUから追い出すべきだと激しく批判。するとぺトロ外相はタックスヘイブンで儲けているルクセンブルグに四の五の言われる筋合いはないとやり返している。

急速に進むグローバル化の中で競争力を維持するためにヨーロッパ合衆国を造ろうという壮大なヨーロッパの夢だったが、今や難民問題をきっかけに加盟国の間に修復不可能とも思える亀裂が拡大しているのだ。

いったいこれからEUはどこに向かうのか。その答えを探しあぐねていたところに一冊の本が届いた。ジョセフ・スティグリッツの『ユーロから始まる世界経済の大崩壊』(徳間書店)である。なんとも恐ろしいタイトルだが、これは出版社が売るための策略。 原題はただの『ザ・ユーロ』である。

ジョセフ・スティグリッツといえばノーベル経済学賞を始めてとして幾多の賞を総なめにし、政府や国際機関のアドバイザーも務める経済学者。しかし日本のメディアによく出ている物知り顔のエセ経済学者たちと違って、常に額に汗して働く人たちの視点から社会の格差を鋭く分析している。人種差別や社会的不公正への怒りが根底にあるのだ。2008年の世界金融危機を予測した数少ない研究者のひとりでもある。

今年3月には来日して安倍総理からいわゆる"アベノミクス"(それにしてもよくこんなあやふやな名前をマスコミは何の躊躇もなく喧伝したものだ)について意見を求められたが、上から目線で経済に疎い安倍総理にはまったく理解できなかっただろう。

それはともかく、同書を読んでみると共通通貨ユーロによってヨーロッパの未来がいかに脅かされているかが手に取るように分かる。頭の中のもやもやした霧がすっと晴れたようだった。

彼のユーロに対する評価は厳しい。「ユーロを一言で表現するなら、欠陥経済学と欠陥イデオロギーのごった煮だ」と一刀両断である。その結果、不平等を拡大し格差を悪化させたというわけだ。

さらに、今のようにユーロ存続にこだわり過ぎるとヨーロッパ統合という本来の目的が実現不可能になるとの警鐘も鳴らしている。「きわめて重要な欧州プロジェクトをユーロと引き換えに犠牲にしてはならない」というのだ。

詳しくは同書をお読みいただきたいが、彼が提案する代替案は異なる国々がそれぞれ独自のユーロを持つ「柔軟なユーロ」制度の構築。各国別のユーロは価値が変動するが、変動の範囲はユーロ圏の諸政策によって左右されるというスキームである。そうした柔軟な対応ができなければ共通通貨はヨーロッパの未来に大きな脅威となり、EU崩壊へと繋がりかねない。それは世界経済にとっても大きな衝撃となるだろう。そう考えると同書の日本語タイトルもあながち的外れではないようだ。

 

ジョセフ・ユージン・スティグリッツ(Joseph Eugene Stiglitz)1943年2月9日 生まれ。アメリカの経済学者、コロンビア大学教授。1979年にジョン・ベーツ・クラーク賞、2001年にノーベル経済学賞を受賞。

主な著書:

スティグリッツ 入門経済学』(1999年)

世界を不幸にしたグローバリズムの正体』(2002年)

人間が幸福になる経済とは何か――世界が90年代の失敗から学んだこと』(2003年)

世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す』(2006年)

世界の99%を貧困にする経済』(2012年) 等

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

《関連書籍》

ユーロから始まる世界経済の大崩壊

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
ビットコインクイーン名波はるか 2019年版・直筆サイン入り仮想通貨カレンダープレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示