蟹瀬誠一コラム「世界の風を感じて」

蟹瀬誠一(かにせ・せいいち)

国際ジャーナリスト/明治大学国際日本学部教授
(株)アバージェンス取締役
(株)ケイアソシエイツ副社長
1950年石川県生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、米AP通信社記者、仏AFP通信社記者、米TIME誌特派員を経て、91年にTBS『報道特集』キャスターとして日本のテレビ報道界に転身。東欧、ベトナム、ロシア情勢など海外ニュース中心に取材・リポート。国際政治・経済・文化に詳しい。現在は『リーダー&イノベーション・賢者の選択』(日経CNBC,サンテレビ、BS-12)、『マネーの羅針盤』(テレビ東京)のメインキャスター。カンボジアに小学校を建設するボランティア活動や環境NPO理事としても活躍。
2008年より2013年3月まで明治大学国際日本学部長。
趣味は、読書、美術鑑賞、ゴルフ、テニス、スキューバ・ダイビングなど。


書籍

Twitter

出演番組

おススメブログ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

大いに盛り上がったオリンピックの闇

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

「より速く、より高く、より強く」

この有名なオリンピック標語にはフェアプレー精神が含まれている。しかし勝つためには手段を選ばないのが現実のスポーツ界の姿だ。それが如実に表れるのがドーピング(運動能力を高める薬物使用)まみれとなった国際スポーツの祭典オリンピックである。

リオデジャネイロ五輪では開催直前にロシアによる"国家ぐるみのドーピング隠し"が暴露され大混乱となった。それにも関わらず密かに薬物に依存した選手がどの程度いたのか。私はかなりの数だと推測する。

ドーピングは利用する選手側と検査官のイタチごっこである。検査技術が進歩すれば、その一歩先を行くように選手側は次から次へと新しいテクニックを使って検査の裏をかいてきた。

例えば、ステロイド服用者は、その痕跡を隠すために別のドラッグを服用している。マスキング・エージェント(遮蔽物質)と呼ばれるものだ。一般的には薬草から生成されたエフェドリンを使う。エフェドリンはビタミン剤にも含まれているので検出されても言い逃れができるからだ。

「血液ドーピング」という裏技も開発された。選手からあらかじめ採取した血液を競技会の2,3日前に同選手に輸血すると増加した赤血球が筋肉に多量の酸素を送り込んで運動能力を高めるというものだ。とんでもないことを思いつくものである。現在血液ドーピングは違反とされているが、近年ではヒト成長ホルモンというのも登場している。決定的な検出方法はまだないそうだ。

だがその程度で驚いていてはいけない。禁止薬物を服用する女子選手の中には、競技当日に友人からもらった尿をカテーテルという細い管をつかって自分の膀胱に注入して尿検査を潜り抜ける者もいるというから開いた口が塞がらない。

しかし何故それほどまでして勝ちたいのだろうか。その答えは明白だ。有り余る栄光とカネである。選手だけではない。国際オリンピック委員会(IOC),各競技連盟、医師、コーチ、テレビ局、スポンサー企業すべてが共犯者なのだ。

場当たり的な倫理観を振りかざしたマスコミや評論家が「フェアーでクリーンな大会にしなければならない」といくら説いたところで屁のツッパリにもならない。なぜならスポーツの商業化はとどまるところを知らず巨額のマネーが動いているからだ。

今やオリンピック収入の9割以上は企業後援とテレビ放映権。人々の注目を集める金メダリストたちの経済的報酬は巨額になっている。選手にとってもスポンサー企業、メディアにとっても、常に人々が熱狂するヒーローが必要なのだ。その手っ取り早い手段がドーピングというわけである。

1989年、米短距離選手ダイアン・ウイリアムズは米司法委員会でコーチから筋肉増強のためにステロイドの服用を強制されたと証言している。女性アスリートの身に副作用でひげが生え、クリトリスが肥大化し、声が太くなったという生々しい証言だった。

驚いたことにドーピングの歴史は紀元前3世紀まで遡る。古代ギリシャですでに選手が運動能力を高めるために様々な刺激薬を使用していたという記述があるのだ。それ以降1999年に世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が設立されるまでの約2000年間(!)、多かれ少なかれ運動能力向上薬は大した罰も社会的非難も受けることもなく使われてきたのである。

薬物を使用した選手を袋叩きにして責任を押し付けてもドーピング問題は解決しない。国際スポーツの界の構造的な薬物汚染にメスを入れる必要があるのだ。

rio_2016.png

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
ビットコインクイーン名波はるか 2019年版・直筆サイン入り仮想通貨カレンダープレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示