蟹瀬誠一コラム「世界の風を感じて」

蟹瀬誠一(かにせ・せいいち)

国際ジャーナリスト/明治大学国際日本学部教授
(株)アバージェンス取締役
(株)ケイアソシエイツ副社長
1950年石川県生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、米AP通信社記者、仏AFP通信社記者、米TIME誌特派員を経て、91年にTBS『報道特集』キャスターとして日本のテレビ報道界に転身。東欧、ベトナム、ロシア情勢など海外ニュース中心に取材・リポート。国際政治・経済・文化に詳しい。現在は『リーダー&イノベーション・賢者の選択』(日経CNBC,サンテレビ、BS-12)、『マネーの羅針盤』(テレビ東京)のメインキャスター。カンボジアに小学校を建設するボランティア活動や環境NPO理事としても活躍。
2008年より2013年3月まで明治大学国際日本学部長。
趣味は、読書、美術鑑賞、ゴルフ、テニス、スキューバ・ダイビングなど。


書籍

Twitter

出演番組

おススメブログ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

今中東・東欧で起こっている不幸

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

まさに現代のエクソダスだ。

エクソダスとは、古代エジプト王の迫害を受けたユダヤ人が指導者であるモーゼに率いられてエジプトから大脱出するという旧約聖書の中に登場する物語のことである。今、エクソダスが起きているのは内戦が続くアラブ共和国シリア。何十万人というシリア難民がまるで堤防が決壊した河の濁流のように欧州に流れ込んでいる。

隣国のイラク、トルコ、レバノン、ヨルダン、エジプトに逃れたシリア難民の数となると400万人以上だから、当分の間は欧州へ向かう難民の数は増えることがあっても減ることはないだろう。

そうなると受け入れ側も苦慮する。困っている人を助けてあげたいと思うのは人情だが物事には限界があるからだ。これまでも欧州諸国は、人道的配慮あるいは必要な労働力を確保するという観点から、中東や北アフリカから多くの難民を受け入れてきた。

しかし、現在以上に難民が増えるのは経済的にも治安上も無理だというのが偽らざる本音である。しかもその難民の中にはイスラム過激派が潜入している可能性もあるとなるとなおさらのことだ。

そもそもこんな深刻な事態を引き起こした奴はいったい誰なのか。まず思いつくのが難民の源流であるシリアのアサド大統領。エクソダスの古代エジプト王のごとくやりたい放題の独裁者として君臨している。

人権監視団によれば、過去4年だけもシリア人25万人が内戦の犠牲になっているが、その大半はアサド政権によって殺害されたという。女性や子供など一般市民に毒ガス兵器まで使ったというから許せない。

ところがこの許せない独裁者が今も大統領の座に居座り続けている。最大の後ろ盾ロシアがいるからだ。中東で米国に主導権を握られたくないロシアにとってアサドは必要な存在なのだ。

一方、欧米諸国の弱腰にも責任がある。オバマ米大統領はアサド政権を軍事的に打倒しようと考えたが、欧州諸国と足並みが揃わず結局実現できなかったからだ。この不介入という西側政策のツケが内戦を長引かせ、難民を生み出しているのだ。

その間隙をついてIS(イスラム国)という反欧米・反政府イスラム過激勢力までもが台頭してきた。欧米諸国はイスラム国攻撃に踏み切ったが、それはアサド政権の支配力を強めるという悩ましい結果となっている。つまり難民流出の責任はシリア不介入姿勢をとった欧米にもあるのだ。

今になって慌てて難民対策の議論が続いているが、その間に失われていく多くの命をいったい誰が救うのか。私たちは今、アテネの悲劇詩人エウリピデスの次の言葉を思い出すべきだろう。

「祖国を失うことほど、この世に深い嘆きはない」

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
ビットコインクイーン名波はるか 2019年版・直筆サイン入り仮想通貨カレンダープレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示