蟹瀬誠一コラム「世界の風を感じて」

蟹瀬誠一(かにせ・せいいち)

国際ジャーナリスト/明治大学国際日本学部教授
(株)アバージェンス取締役
(株)ケイアソシエイツ副社長
1950年石川県生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、米AP通信社記者、仏AFP通信社記者、米TIME誌特派員を経て、91年にTBS『報道特集』キャスターとして日本のテレビ報道界に転身。東欧、ベトナム、ロシア情勢など海外ニュース中心に取材・リポート。国際政治・経済・文化に詳しい。現在は『リーダー&イノベーション・賢者の選択』(日経CNBC,サンテレビ、BS-12)、『マネーの羅針盤』(テレビ東京)のメインキャスター。カンボジアに小学校を建設するボランティア活動や環境NPO理事としても活躍。
2008年より2013年3月まで明治大学国際日本学部長。
趣味は、読書、美術鑑賞、ゴルフ、テニス、スキューバ・ダイビングなど。


書籍

Twitter

出演番組

おススメブログ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

誕生するか女性米国大統領

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

イラク情勢が悪化する中、米国では次期大統領選挙が始まっている。実際の大統領選は2016年だが、現職のオバマ大統領が失策続きでレイムダック(Lame duck, 任期は残っているが政治的な影響力を失った状態)になっているため、次の大統領候補にすでにメディアの関心が集まっているのだ。

最も注目されているのは、オバマ大統領と同じ民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(66歳)。言わずと知れたクリントン元大統領夫人だ。ファースト・レディとして8年間ホワイトハウスで過ごしただけでなく、2000年には上院議員に当選し2009年には国務長官まで上り詰めた才女だ。なにしろ間近で夫の仕事ぶりを見ていて「これなら私にも出来る」と呟いたぐらい野心家である。当選すれば米国史上初の女性大統領誕生ということになる。

米大統領選には厳密な選挙期間がない。つまり今すぐに出馬宣言をすることも可能だ。だがまだ誰も正式に出馬を表明していない。ビジネスと同様に政治の世界でもタイミングを間違えると命取りになるからだ。

ヒラリー夫人は1947年、イリノイ州シカゴで衣料品店を営む比較的裕福で政治的には保守的な家庭に生まれ、早くから政治に興味を持ち始めた。1964年の大統領選では共和党のバリー・ゴールドウォーター候補を応援するキャンペーンガールの一員になっている。その後、ベトナム戦争などに関する共和党の政策に疑問を感じるようになり民主党支持に転向。イェール大学法科大学院在籍中に、夫そしてアーカンソー州知事となるビル・クリントン氏と運命の出会いを果たしている。

1992年、クリントン氏が大統領選に勝利し彼女はファースト・レディとなったが順風満帆とは行かなかった。プライベートでは、選挙戦中に浮気性の夫とクラブ歌手の不倫が公となったため夫婦関係には修復不能な深い亀裂が出来てしまった。政治家としては、2008年の大統領選に出馬したが撤退を余儀なくされオバマ氏支持を表明するという苦い経験をしている。それだけではない。今年5月には、1998年に夫であるビル・クリントン大統領との不倫スキャンダルで世間を騒がせたホワイトハウスの元実習生、モニカ・ルインスキーが長年の沈黙を破って米誌『ヴァニティ・フェア(Vanity Fair)』に当時の出来事を暴露してしまった。

これでヒラリー夫人はもう公職には戻らないのではと思われたが、最近になって彼女がメディアや公のイベントに登場する回数が増えてきている。自身の生い立ちから国務長官としての外交経験までを書き綴った最新の著書『Hard Choices』(困難な選択)もベストセラーとなりヒラリー人気を印象付けるかたちとなった。私も早速入手したが、なかなか読みごたえのある内容だ。2年後の大統領選に向けて着々と歩を進めているとみて間違いないだろう。日本の新聞社のインタビューでは「重要なのは、どんな未来像を描き、米国を導いていけるのかという点だ」とさえ発言しており、すでに大統領選勝利後を視野に入れているようだ。

次期大統領選の争点は経済問題になるだろう。そして対立候補は共和党ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事(ジョージ・W・ブッシュ前大統領の弟)が有力だ。選挙に予断は禁物だが、もしヒラリー夫人が勝てば夫より強い大統領になることだけは間違いあるまい。

ヒラリー・クリントン

出典: ja.wikipedia.org

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
ビットコインクイーン名波はるか 2019年版・直筆サイン入り仮想通貨カレンダープレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示