蟹瀬誠一コラム「世界の風を感じて」

蟹瀬誠一(かにせ・せいいち)

国際ジャーナリスト/明治大学国際日本学部教授
(株)アバージェンス取締役
(株)ケイアソシエイツ副社長
1950年石川県生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、米AP通信社記者、仏AFP通信社記者、米TIME誌特派員を経て、91年にTBS『報道特集』キャスターとして日本のテレビ報道界に転身。東欧、ベトナム、ロシア情勢など海外ニュース中心に取材・リポート。国際政治・経済・文化に詳しい。現在は『リーダー&イノベーション・賢者の選択』(日経CNBC,サンテレビ、BS-12)、『マネーの羅針盤』(テレビ東京)のメインキャスター。カンボジアに小学校を建設するボランティア活動や環境NPO理事としても活躍。
2008年より2013年3月まで明治大学国際日本学部長。
趣味は、読書、美術鑑賞、ゴルフ、テニス、スキューバ・ダイビングなど。


書籍

Twitter

出演番組

おススメブログ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

クリミアのロシア編入で一体誰が得をしたのか?

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

30年以上前、胸躍らせて読んだ小説に『悪魔の選択』(1979年)があった。著者は英国空軍勤務後ロイター通信の記者を経てスパイ小説作家となったフレデリック・フォーサイス。ヨーロッパの穀倉地帯と呼ばれるウクライナの独立運動を巡って超大国ソ連と欧米諸国が丁々発止と渡り合う物語だった。

「悪魔の選択」とは選択の余地が極端に少なく、どの選択肢を選んでも大きな痛みが伴う状況を指す情報機関が使う言葉だ。今のウクライナ情勢はまさにプーチン大統領率いるロシアとオバマ米大統領率いる欧米連合にそんな選択を迫っている。

ただ今回はウクライナを絶対手放さないというプーチンの強い想いが圧倒的に勝っている。ソチ五輪のどさくさにウクライナ南部のクリミア半島に軍事侵攻し、クリミア自治共和国を主権国家だと承認した。それだけではない。すぐさま住民投票を行ってクリミアのロシア編入を圧倒的多数で認めさせた。クリミアの住民のおよそ6割はロシア人で、反対派は投票をボイコットしたから結果は開票前から明らかだった。じつに用意周到な戦略である。

これに対して欧米が発動した制裁は、軍事侵攻に関与したとみられる一部のロシアやウクライナ人の渡航禁止や資産凍結といたって慎重。国内で支持率が70%を超えたプーチン大統領にとってそんなものは蚊が刺した程度の痛みでしかない。領土確保を目指すプーチンにとってクリミア編入はロシアとヨーロッパの間に明確な国境線を第一歩にすぎないのである。

もちろん株・通貨の下落や商取引の停滞はロシア経済にとってダメージだが、政治目的のためにはその程度の代償は覚悟しているのがプーチンだ。1999年のチェチェン紛争、2008年のグルジア侵攻の前例を見れば分かる。一方、産業面で深く繋がり、エネルギー供給を支配され債務の大半を握られているウクライナはそう簡単にロシアと決別できないだろう。

ロシアの侵攻の表向きの理由は「ロシア系住民の保護」だ。これを言われるとオバマも手を出せなくなる。なぜならオバマ大統領が昨年、化学兵器を使用したシリアのアサド政権に対して軍事行動に踏み切ろうとした際に、米国の武力行使が認められるのは「自衛のため」もしくは「国連安保理決議があるときだけだ」とプーチンに釘を刺され、断念した経緯があるからだ。それで米国の国際的威信は地に堕ちた。国連安保理でクリミア編入をとりあげてもロシアが拒否権を行使するからあまり意味がない。

天然ガスと北方領土問題を視野に就任から5回もの日ロ首脳会談を行ってロシアに熱烈求愛メッセージを送った安倍首相は、米国とロシアの間で股裂き状態となっている。日本外交の優先度からいえば米国、中国、ロシアの順だろうから、当面は欧米と歩調を合わせて行くしかないだろう。かくしてロシアでひと儲けを考えていた日本企業はしばらく動きがとれなくなる。果たしてどんな選択肢が残されているのか。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
ビットコインクイーン名波はるか 2019年版・直筆サイン入り仮想通貨カレンダープレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示