蟹瀬誠一コラム「世界の風を感じて」

蟹瀬誠一(かにせ・せいいち)

国際ジャーナリスト/明治大学国際日本学部教授
(株)アバージェンス取締役
(株)ケイアソシエイツ副社長
1950年石川県生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、米AP通信社記者、仏AFP通信社記者、米TIME誌特派員を経て、91年にTBS『報道特集』キャスターとして日本のテレビ報道界に転身。東欧、ベトナム、ロシア情勢など海外ニュース中心に取材・リポート。国際政治・経済・文化に詳しい。現在は『リーダー&イノベーション・賢者の選択』(日経CNBC,サンテレビ、BS-12)、『マネーの羅針盤』(テレビ東京)のメインキャスター。カンボジアに小学校を建設するボランティア活動や環境NPO理事としても活躍。
2008年より2013年3月まで明治大学国際日本学部長。
趣味は、読書、美術鑑賞、ゴルフ、テニス、スキューバ・ダイビングなど。


書籍

Twitter

出演番組

おススメブログ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

「A man's walking is succession of falls.」七転び八起き

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

成功のチャンスはいたるところに転がっている。しかし私たちはそれに気がつかないことが多い。今回は米国の実話をひとつご紹介しよう。

『トム・ソーヤの冒険』や『王様と乞食』で世界的に有名な作家といえばマーク・トウェインだが、彼は発明に飽くなき興味を持つ投資家でもあった。しかし失敗が多く、新案に投資して日本円にして1億円以上を失い、数10億円の借金に苦しんだこともあったそうだ。

ある時、そんなトウェインのところに背の高い若者が不思議な装置を抱えてやって来た。青年は素晴らしい装置を開発したが市場で売り出す資金がないので投資家を探しているという。「大金ではなく、500ドルで大きいな配当が得られます」と青年は熱っぽく語った。

しかし、それまでずいぶん騙されてきたトウェインは青年の話は聞いたが首を縦に振らなかった。ただ、うなだれて帰っていく青年の後姿を不憫に思った彼は、「君の名前は何だったかな。もう一度教えてくれ」と話しかけた。青年は振り向いて答えた。「ベルです。アレクサンダー・グラハム・ベルです。」もうお分かりのように青年は電話機を発明したベルだったのだ。トウェインは大儲けのチャンスを逃してしまったのだ。

「チャンスには後ろ髪がない」と言われる。一度逃がしたチャンスは二度と捕まえられないという意味だ。だが、新しいチャンスは必ず巡ってくる。小説家として有名になったトウェインは、講演旅行で世界と飛び回り自力で借金を完済したそうだ。

成功の秘訣は正しい決断。正しい決断をするためには経験が必要である。ではどのようにして経験を積むのか。その答えは、間違った決断をして失敗することだ。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
ビットコインクイーン名波はるか 2019年版・直筆サイン入り仮想通貨カレンダープレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示