蟹瀬誠一コラム「世界の風を感じて」

蟹瀬誠一(かにせ・せいいち)

国際ジャーナリスト/明治大学国際日本学部教授
(株)アバージェンス取締役
(株)ケイアソシエイツ副社長
1950年石川県生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、米AP通信社記者、仏AFP通信社記者、米TIME誌特派員を経て、91年にTBS『報道特集』キャスターとして日本のテレビ報道界に転身。東欧、ベトナム、ロシア情勢など海外ニュース中心に取材・リポート。国際政治・経済・文化に詳しい。現在は『リーダー&イノベーション・賢者の選択』(日経CNBC,サンテレビ、BS-12)、『マネーの羅針盤』(テレビ東京)のメインキャスター。カンボジアに小学校を建設するボランティア活動や環境NPO理事としても活躍。
2008年より2013年3月まで明治大学国際日本学部長。
趣味は、読書、美術鑑賞、ゴルフ、テニス、スキューバ・ダイビングなど。


書籍

Twitter

出演番組

おススメブログ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

失敗学を一番研究してほしい人は!?

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

我々人間はどうしてこうも同じ過ちを繰り返し続けるのか。

あまりの失敗の多さに失敗学なんていう学問領域まで認知されてしまったくらいだ。失敗に学んで同じ愚を繰り返さないためにはどうしたらよいかを考える研究である。

しかしそんな事は何百年も前から科学誌、技術者、経営者、さらには一般人だって考えながら生きてきた。それでも原発事故や企業破たん、汚職は無くならない。交通事故も離婚もなくならない。食べすぎ飲みすぎだって止められない。

とりわけ昨今の日本の政治・経済の舵取りに至っては失敗の無限連鎖を思わせる。いったいどうなっているのだと思っていたら、ノーベル経済学賞を授賞した心理学者ダニエル・カーネマン博士が著書(“Thinking, Fast and Slow”)でその謎を解いていた。

我々の認知プロセスはふたつのシステムから成り立っているというのだ。ひとつは過去の経験だけに基づいて直感的に結論に飛びついてしまうシステム。もうひとつはじっくりと分析して合理的な結論を引き出そうとするシステム。実際にはこのふたつが私たちの頭の中で複雑に絡まりあって、かなりの頻度で間違った判断をしてしまうというわけだ。

考えてみれば、星の数ほど専門家がいるのに、なぜ現在のグローバル金融危機を予測できなかったのか不思議である。「じつは私はこうなると思っていた」と後講釈を垂れる政治家、経済評論家や経済学者はもっとタチが悪い。

なによりも今恐いのは野田総理が消費税増税に突っ走っていることだ。デフレのときにやってはいけないことは増税と金利引き上げというのは経済学の常識。経済がますます収縮して、企業活動や国民生活が苦しくなり税収も上がらなくなるかだ。

今やるべきことは金融緩和と雇用の確保。それによってデフレを脱却すれば財政再建の道も開ける。そんな世界の常識が、夜中に慌てて柱に頭をぶつける総理大臣には理解できないのだろう。かくして失敗はまた繰り返される。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
ビットコインクイーン名波はるか 2019年版・直筆サイン入り仮想通貨カレンダープレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示