蟹瀬誠一コラム「世界の風を感じて」

蟹瀬誠一(かにせ・せいいち)

国際ジャーナリスト/明治大学国際日本学部教授
(株)アバージェンス取締役
(株)ケイアソシエイツ副社長
1950年石川県生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、米AP通信社記者、仏AFP通信社記者、米TIME誌特派員を経て、91年にTBS『報道特集』キャスターとして日本のテレビ報道界に転身。東欧、ベトナム、ロシア情勢など海外ニュース中心に取材・リポート。国際政治・経済・文化に詳しい。現在は『リーダー&イノベーション・賢者の選択』(日経CNBC,サンテレビ、BS-12)、『マネーの羅針盤』(テレビ東京)のメインキャスター。カンボジアに小学校を建設するボランティア活動や環境NPO理事としても活躍。
2008年より2013年3月まで明治大学国際日本学部長。
趣味は、読書、美術鑑賞、ゴルフ、テニス、スキューバ・ダイビングなど。


書籍

Twitter

出演番組

おススメブログ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

究極の資産、再びもて囃される

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

世界的な通貨不安が起きると必ず注目されるのがゴールド(金)だ。

有史以来もっとも価値ある金属として煌びやかな装飾品や投資の対象になってきた。

お札はもともと紙切れである。人々がその紙に価値があると信じているうちは通用するが、ハイパーインフレなどで信用が失墜するとたちまち無価値な紙切れに戻ってしまう。600億Z(ジンバブエ)ドルで牛乳1パックしか買えなくなったアフリカのジンバブエ共和国の例をみれば明らかだろう。

そんな不安を払拭してくれるのが輝き続ける純金だというわけである。世界経済危機の今、またゴールドフィーバーが起きているのは当然なのだ。

歴史を振り返れば、人類は遠い昔から金の輝きに魅了されてきた。紀元前2600年頃の古代エジプトのヒエログリフにすでに金に関する記述がある。輝きだけでなく、柔らかくて加工しやすいことや、腐食にすこぶる強い性質などが通貨として使うのに便利だったということもあるだろう。

金本位制度は1970年代にニクソンショックによって崩壊したが、いまだに世界各国の中央銀行が支払い準備金として金を保有していることは金の揺るぎない価値を象徴している。

じつは純金は人工的に作ることが出来る。金の原子番号は79。元素記号Au。金よりも原子番号がひとつ大きい水銀にガンマ線を照射すると原子核が崩壊して水銀が金に変わることが分かっているからだ。こう言うと驚かれる金投資家の方がいらっしゃるに違いない。

しかしご安心いただきたい。現在の技術ではこの錬金術を行うには気が遠くなるような長い年月と莫大な資金がかかり、とても採算が取れない。

というわけで金の価値は今のところ不変である。

gold2.jpg 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
ビットコインクイーン名波はるか 2019年版・直筆サイン入り仮想通貨カレンダープレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示