蟹瀬誠一コラム「世界の風を感じて」

蟹瀬誠一(かにせ・せいいち)

国際ジャーナリスト/明治大学国際日本学部教授
(株)アバージェンス取締役
(株)ケイアソシエイツ副社長
1950年石川県生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、米AP通信社記者、仏AFP通信社記者、米TIME誌特派員を経て、91年にTBS『報道特集』キャスターとして日本のテレビ報道界に転身。東欧、ベトナム、ロシア情勢など海外ニュース中心に取材・リポート。国際政治・経済・文化に詳しい。現在は『リーダー&イノベーション・賢者の選択』(日経CNBC,サンテレビ、BS-12)、『マネーの羅針盤』(テレビ東京)のメインキャスター。カンボジアに小学校を建設するボランティア活動や環境NPO理事としても活躍。
2008年より2013年3月まで明治大学国際日本学部長。
趣味は、読書、美術鑑賞、ゴルフ、テニス、スキューバ・ダイビングなど。


書籍

Twitter

出演番組

おススメブログ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

混迷が続くギリシャ

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

古代からギリシャには「フィロクセニア」という言葉がある。

「外国からの客人を手厚くもてなす」という意味だ。私は、深夜3時過ぎに乗ったバスの運転手に話しかけたらバスを止めて話こんでしまい、ホテルに着いたのは5時過ぎだったという経験がある。これも「フィロクセニア」か、と感心した。2004年、首都アテネでオリンピックが開催された時のことである。

市内の小高い丘の上にパルテノン神殿を中心としたアクロポリス(丘の上の都市)がそびえ立ち、夜になるとライトアップされた巨大遺跡が宙に浮いているように見える幻想的な光景は今もはっきりと記憶に残っている。開会式も私がそれまで見たことがないほど知的独創性に溢れた素晴らしいショーだった。1カ月ほど滞在している間に私はすっかりギリシャとギリシャ人を好きになってしまった

。ところが、そのギリシャが今や財政破たん状態だという。2009年の財政赤字は欧州連合(EU)の財政基準である国内総生産(GDP)比3%の4倍以上となる12.7%に達し、ギリシャの国債は暴落。あわてて緊縮財政策をとったところ、2008年に8%以下だった失業率は2010年に14%を超えてしまった。あっちこっちで借金をしてそのお金を景気よく使ってきたいわゆる放漫経営のつけが回って来てしまったのだ。

ギリシャの経済規模はユーロ圏全体からみればわずか3%弱しかない。しかし共通通貨であるユーロが急落したため信用不安は瞬く間に圏内全体に広がってしまったのだ。破たんすれば住んでいる人たちは食べ物もまともに買えないような悲惨な生活を強いられる。貯金があっても役に立たない。

通貨が信用を失えば紙くず同然だからだ。というわけでユーロ圏の国々は必死になってギリシャを救済し、ユーロを防衛しようとしている。それはそうだろう。自分たちの生活も脅かされているのだから。そこで必要になるのが「再起力」だが、どうもギリシャの評判はよくない。

市場が、ギリシャが信用力を取り戻すのは極めて難しいと判断しているからだ。その理由はギリシャ国民が痛みを受けとめたがらないからだという。それでも巨額の支援をし続けなければならないところに共通通貨ユーロ圏の苦悩がある。アテネオリンピック開催直前には施設工事の遅れや治安の悪さをマスコミにさんざん酷評されたが最後は見事にやり遂げた。

ギリシャ好きのひとりとしては、そんな気概を財政再建でも見せて欲しいと思うのだが、お得意の「フィロクセニア」だけでは難しそうだ。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
ビットコインクイーン名波はるか 2019年版・直筆サイン入り仮想通貨カレンダープレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示