川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法 kawai

ドル円、クロス円、上値トライの動き。上値抵抗にも注意。

2024/06/19

\選べるプレゼント!お肉かお米が貰える/ 詳しくはこちら→

今日はNY市場休場のため模様眺めの展開となりそうです。

直近の日足は実体の小さい陽線で終えています。4手連続して陽線引けとなりましたが、直近の陽線が上昇余力に欠けるものであることや、158.20-30の上値抵抗にぶつかっており、今日の上値トライでもこれを上抜けきれない可能性も高いと見ています。一方下値も、トレンドの崩れが認められないことから、小反落の可能性はあっても深い押しにもまだ繋がり難いと見られます。

158.50-60の抵抗を上抜けて終えれば一段の上昇へ。逆に155.70-80の抵抗を下抜けて終えた場合は下値リスクが点灯します。可能性がまだ低い状態ですが、154円を割り込んで終えた場合は短期トレンドが変化してドルの下落余地が拡がり易くなります。

短期トレンドが強い状態を維持しており、押し目買い方針継続とします。買いは157.20-30の押し目待ちとします。損切りは156.70で一旦撤退です。ドル売りは様子見か158.00-10で軽く売って158.40で浅めに撤退するか、深い場合は158.60で撤退です。

ユーロ/ドルは寄せ線で終え、寄り付き水準に押し戻されています。下値を切り上げていますが、上値抵抗にもぶつかったことや、上値を切り下げる流れの中にあり、下値リスクがより高い状態です。現状は1.0700-10にやや強い下値抵抗が出来ていますが、割り込んで終えた場合は下値リスクが再び高くなります。1.0650を割り込んで終えた場合は新たな下落リスクが生じます。短期トレンドは1.0910-20の抵抗を上抜けて終えない限り、変化しません。買いは様子見か1.0700-10まで引き付けて。損切りは1.0660で撤退です。売りは1.0760-70で再度戻り売り。損切りは1.0800で撤退です。1.0760-70,1.0780-90,1.0810-20に、下値抵抗は1.0700-10,1.0660-70,1.0640-50,1.0610-20にあります。

ユーロ/円は小幅続伸し、上値余地を探る動きに繋げていますが、上値を切り下げる流れからは上抜けきれておらず、下値リスクを残した状態です。一方で、168.00-10にやや強い抵抗が出来ており、これを割り込んで来ないと下値余地も拡がり難い状態です。買いは様子見か168.50-60まで引きつけて。損切りは167.90で撤退です。売りは169.70-80で戻り売り。損切りは170.20で浅めに撤退です。上値抵抗は169.70-80,170.20-30,170.60-70に、下値抵抗は169.00-10,168.50-60,168.00-10にあります。170円台に乗せて終えれば下値リスクが後退、170.60-70の抵抗を上抜けて終えた場合は、強気の流れに戻して一段の上昇へ。逆に168円を割り込んで終えた場合は下値リスクが点灯、167円割り込んで終えた場合は昨年12月に付けた153.23を基点として下値を切り上げて来た流れに変化が生じて新たな下落リスクが生じます。

ポンド/ドルは寄せ線で終え、寄り付き水準に戻しています。下ヒゲがやや長く、下値トライに失敗した形ですが、3手前の値幅のやや大きい陰線が上値を抑え込んでおり、日足の形状はやや悪化しています。また、1.2650を割り込んで終えた場合は短期トレンドが変化して下落余地がさらに拡がり易くなります。買いは1.2680-90で押し目買い。損切りは1.2640で撤退です。売りは1.2760-70まで引き付けて。損切りは1.2810で撤退です。上値抵抗は1.2710-20,1.2750-60,1.2780-90に、下値抵抗は1.2680-90,1.2660-70,1.2600-10にあります。

ポンド/円は小幅続伸し下値を切り上げていますが、直近の陽線が上昇余力に欠けるものであることから、反落の可能性にも注意が必要です。買いは様子見です。売りは200.80-90で戻り売り。これは東京市場で付いています。損切りは浅い場合で201.30,深い場合は下値リスクが後退する201.60で撤退です。上値抵抗は200.80-90,201.20-30,201.50-60に、下値抵抗は、199.80-90,199.00-10,198.10-20にあります。198円割れで終えた場合は新たな下落リスクが生じます。

豪ドル/円は高値圏で引ける陽線引けとなり、この足が104.80超えで終えており、新たな上昇トレンド形成の流れに入った可能性が点灯中です。105.10-20に週足の上値抵抗がありますが、これを上抜けて越週すれば、来週以降一段の上昇に繋がり易くなります。逆に、104円を割り込んで終えた場合は、上抜けが“ダマシ”に終わった可能性が生じます。トレンドが強い状態を保っており、押し目買い方針が有効と見ています。買いは104.50-60の押し目待ちとします。損切りは104.10で撤退です。売りは様子見です。上値抵抗は105.10-20,105.40-50.105.70-80に、下値抵抗は104.50-60,104.20-30,103.90-00にあります。短期トレンドは103円を割り込んで終えない限り、変化しません。

今日のランチは少し遠出して関西割烹のお店、焼き鳥の「ももふく」の近くにある「なごみ」に行ってきました。選んだメニューは親子丼と小鉢、うどんがセットになっているものです。¥1000とかなりリーズナブルなお値段です。小鉢は小松菜のお浸しにしらすが乗ったもの。小さなサラダです。これに白菜の漬物も付いてきます。うどんは暖かい小鉢に入ってとろろ昆布が乗ったものです。親子丼はささがき牛蒡が入っています。卵は程よくふわとろに仕上がってい手美味しかったです。親子丼自体がそこそこボリュームがあるのでうどんはちょっと食べすぎですが、美味しかったので完食しました。麦とろご飯のセットもありこちらも美味しそうでした。12時前に8割がたお席が埋まりますが、カウンター席もあるので一人でも気軽に入れるお店です。

関西割烹 なごみ – 人形町/日本料理 | 食べログ (tabelog.com)

さて、明日の夜はロンドンの松崎さん、分林さんとマーケット女史24時をYouTubeでライブ配信します。お時間があれば是非ご参加下さいね。20時開始です。

マーケット女史24時|川合美智子氏と松崎美子氏が日本・ロンドン・NYの相場を予測! (trade-trade.jp)

\嬉しい特典!お肉かお米がもらえる/ 詳細を見る→

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

かわい・みちこ
川合美智子

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。外国為替ストラテジスト。オフィスフレア代表。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログ FX投資情報へ

最新の記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブス

無料会員募集中