川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法 kawai

ドル/円、上値の重い展開。クロス円、小じっかり。

2022/08/25

ドル/円は実体が小さく下ヒゲのやや長い陽線で続落を食い止めています。単体では上昇余力の強いものではありませんが、下値抵抗に跳ね返された反動で再度137.50超えの抵抗をトライする動きが強まると見られます。ドルの押し目買い方針継続です。

136円台を維持出来ずに終えた場合は、日足の形状が悪化して下値りリスクが点灯。135.50以下で終えた場合は短期トレンドを”ニュートラル”な状態に戻して135.00以下の足元を固め直す動きが強まり易くなります。逆に137.50-60の抵抗を実体ベースで上抜けて終えれば138円超えトライへ。

ドル買いは136.60-70で押し目買い。これは東京市場で付いています。下値余地を136.20-30まで見て置く必要があります。損切りは135.90で撤退です。売りは様子見です。

ユーロ/ドルは寄せ線で終え、上下の抵抗にぶつかって寄り付き水準に戻しています。下ヒゲが若干長く下げ渋りの形となっていおり、0.9920以下の突っ込み売りにも注意が必要でしょう。トレンドが弱いので買いは引き続き様子見です。売りも1日様子見か0.9980-90で軽く売って1.0020で浅めに一旦撤退です。売りは東京市場で付いています。0.9800を割り込んで終えた場合は新たな下落リスクが点灯します。短期トレンドは1.02台に実体を戻せば”ニュートラル”な状態に変化しますが、1.0370超えで終えるまでは下値リスクを残します。

ユーロ/円は実体が小さく下ヒゲのやや長い陽線で切り返しています。下値トライに失敗した形ですが、レンジ内から抜け出しておらず、飛びつき買いにも注意が必要です。買いは136.00-10で再度押し目買い。損切りは135.40で撤退です。売りは1日様子見か137.70-80まで引きつけて。損切りは138.20で撤退です。

ポンド/ドルは小反落。下げエネルギーの強いものではなく、下値抵抗にも跳ね返されましたが、トレンドが弱いので今日の買いは様子見です。売りも1日様子見か1.1890-00の吹き値があれば売り狙い。損切りは1.1960で撤退です。短期トレンドは1.1950超えに値を戻せば”ニュートラル”な状態に変化しますが、1.2050超えで終えるまでは下値リスクを残します。また1.1700を守り切れずに終えた場合は一段の下落リスクが生じます。

ポンド/円は寄せ線で終え、寄り付き水準に押し戻された形となりました。2手連続して下ヒゲがやや長く160円台の下値抵抗に跳ね返されていますが、上値を切り下げる流れから抜け出していないので、163円台で終えるまでは、下値リスクにより警戒が必要です。買いは1日様子見です。売りも様子見か162.60-70の吹き値があれば売り向かい。損切りは163.20で撤退です。

豪ドル/円は実体が小さく下ヒゲのやや長い陰線引けとなりました。下値トライに失敗しており、再度95円超えトライの可能性に繋げていますが、95円の壁にぶつかる可能性にも注意が必要です。買いは94.40-50で押し目買い。損切りは93.90で撤退です。売りは様子見か95.30に浅い損切りを置くなら95.00-10で軽く試し売り程度に。売りは東京市場で付いています。95.50超えで終えれば一段の上昇へ。逆に、93.50以下で終えた場合は下値リスクが点灯、93円割れで終えた場合は”弱気”に変化します。

今日はお昼休みに歯科医院でメンテナンスだったので、セブンのデニッシュサンドとパックの牛乳で簡単に済ませました。ハム、チーズ、卵、レタスをクロワッサン風のデニッシュに挟んだものですが、具材の量も丁度良く、素材も美味しくてパンとの相性がいい感じです。単品でお昼はちょっと寂しい感じですが、珈琲と併せて朝食にはピッタリな感じです。パンも柔らかすぎずちょうどいい固さでした。オーブントースターで軽く温めるとなお美味しいと表示されていましたが、確かにそうかもしれませんね。

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

かわい・みちこ
川合美智子

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。外国為替ストラテジスト。オフィスフレア代表。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

最新の記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブス

無料会員募集中