川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル円、クロス/円、続落。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は新型肺炎の感染拡大が拡がり、世界経済の景気減速懸念から、株が棒下げとなり、リスク回避の動きからドル/円も108円台まで続落しています。このまま109.30割れで終えた場合は新たな下落リスクが点灯します。108円台に強い下値抵抗があり、来週初にも一旦は下げ止まると見られますが、111円台を回復しない限り、下値リスクは軽減されません。また112.10-20の抵抗を上抜けて終えるまではドル強気に変化しません。買いは様子見です。或いは107.80に浅い損切りを置くなら108.10-20以下で軽く買い狙い。売りは109.80-90の戻り待ちです、損切りは110.60で撤退です。

ユーロ/ドルは1.1000台に実体を戻しており、ニュートラルな状態に変化しています。1.1200超えで越週した場合は強気に変化します。買いは1.0940-50の押し目待ち。損切りは1.0870で撤退としています。売りは損切りが付いたので様子見に転じています。

ユーロ/円は小幅続伸となりましたが、121.00-10の上値抵抗にはぶつかっています。今日はリスク回避の動きが強まっていますが、119.00-10に強い抵抗が日抱えており、突っ込み売りにも注意が必要です。118.50割れで終えた場合は新たな下落リスクが点灯します。買いは119円台を軽く拾って119円割れで撤退です。売りは様子見です。

ポンド/ドルは小幅続落。下げ余力の強いものではありませんが、トレンドが弱いので買いは様子見としています。1.2850割れで終えた場合は一段の下落リスクが生じます。売りは1.2960-70の戻り待ちです。損切りは1.3010で撤退です。

ポンド/円は続落。下値リスクが高い状態にあり、一段の下落リスクに注意が必要です。140.00前後に強い下値抵抗がありますが、138円割れで終えた場合は新たな下落リスクが生じます。買いは様子見です。売りは141.50-60で戻り売り。損切りは142.30出て対です。短期トレンドは142.50超えに値を戻さない限りポンド弱気の流れ。

豪ドル/円は続落。上値を急角度で切り下下ており、トレンドが非常に弱い状態です。70.00近辺に中期的な下値抵抗がありますが、トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは71.70-80の戻り待ち。損切りは72.20で撤退です。

株、金、為替相場の全てがリスクオフの動きとなっており、緊急事態ですが、金については5600円前後に強い下値抵抗があります。株もすでにオーバーシュートの域に入ってきましたが、この流れは戻ってもポイントでは戻り売りの流れに入っているようです。また来週分析してご報告します。

良い週末をお過ごしください。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、上値余地が限られる展開。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足は小陽線で続落を食い止めていますが、上値を切り下げる流れにあることや、110.70-80の日足の抵抗にもぶつかっており、下値リスクの高い形です。110.00,10、109.70-80に日足の下値抵抗がありますが、109.50割れで越週するか、109.30以下で終えた場合は一段の下落に繋がり易くなります。買いは様子見です。売りは110.50-60で戻り売り。損切りは110.90で撤退としています。

ユーロ/ドルは寄せ線で終え、下値をゆっくりと切り上げる流れを維持していますでが、短期トレンドの変化が認められないので買いは1.0820-30まで引きつけて。損切りは1.0780で撤退です。売りは1.0900-10で売り狙い。損切りは1.0930で浅めに一旦撤退です。短期トレンドは1.1000超えで終えない限り変化しません。

ユーロ/円は実体が小さい陽線で続落を食い止めていますが、上ヒゲがやや長く、上値トライに失敗した形となっています。下値リスクがやや高いので買いは様子見か119.00-10まで引きつけて。損切りは118.40で撤退です。売りは様子見とします。

ポンド/ドルは反落。前日の陽線の値幅を切り崩しており、下値リスクがより高い状態です。買いは様子見です。売りは1.2970-80の戻り待ち。損切りは1.3020で撤退です。短期トレンドは1.3050超えで終えない限り変化しません。

ポンド/円は陰線引けとなり、この足が下値を切り上げて来た流れから下抜けた位置で終えています。下値リスクが高いので、買いは様子見とします。売りは142.70-80で戻り売り。損切りは143.60で撤退です。短期トレンドは144.50-60の抵抗を実体ベースで上抜けない限り、下値リスクがより高い状態です。

豪ドル/円は続落。5手連続陰線引けとなっており、上値を急角度で切り嗅げています。また、73.00-10の上値抵抗にもぶつかって押し戻されれており、日足の形状が悪化しています。買いは様子見です。売りは。72.30-40で戻り売り。損切りは73.00で撤退です。

今日は久しぶりに「ももふく」の焼き鳥重を頂きました。ご主人はいらっしゃいませんでしたが若手のお兄さんが焼き鳥を焼いていました。鳥のそぼろが甘すぎず、これにかかっているタレも出汁が効いていてごはんになじみます。つくね、ささみ、ねぎま、そしてしし唐が4本。見た目もきれいです。小さい香の物、鳥スープが付いて¥900はお値打ちです。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13232466/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル円はニュートラルな状態に戻す。クロス/円、上値余地が限られる可能性。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は続落。ドル立ち上げの基点であった、2/19の大陽線の足元まで値を下げて、短期トレンドはニュートラルな状態に戻しています。下値リスクも点灯し始めているので、買いは1日様子見としています。売りは110.50-60の戻りを軽く売って111.00で一旦撤退するか111.10-20の戻り待ち。この場合の損切りは111.60で撤退です。112.10-20の抵抗を実体ベースで上抜けるか112.50超えで越週しない限り、戻りは売り場となります。109.50割れで終えた場合は短期トレンドがドル弱気に変化します。

ユーロ/ドルは小幅続伸となりましたが、短期トレンドが強いわけではないので、反落に注意が必要です。買いは様子見か1.0810-20まで引きつけて。損切りは1.0780で撤退です。売りは1.0880-90で売り向かい。損切りは1.0930で一旦撤退です。短期トレンドは1.1000超えに値を戻せばニュートラルな状態に戻しますが、1.1200超えで越週するまでは下値リスクを残します。

ユーロ/円は小幅続落となりましたが、下値トライにも失敗しており、反発に転ずる可能性が生じています。一方で、中期トレンドが弱いので122.50超えで終えない限り、下値リスクへの警戒も必要です。買いは119.60-70で軽く買って118.90で撤退です。売りは様子見です。121.00-10、122.10-20に強い上値抵抗があります。

ポンド/ドルは陽線で切り返しましたが上値を切り下げる流れに変化が認められません。買いは様子見です。売りは1.3010-20で売り向かい。損切りは1.3060で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻します。

ポンド/円は小陰線で終えており、下げ余力の強いものではありません。上値トライの可能性に繋げているので、143.00-10で軽く押し目買い。損切りは142.40で撤退です。これが付いた場合は下値リスクがやや高くなります。売りは様子見か144.70に損切りを置くなら144.20-30で軽く売り向かい。

豪ドル/円は続落。直近の陰線が73.00割れを見て一段の下落リスクが生じています。買いは様子見です。売りは73.00-10で戻り売り。損切りは73.50で撤退としています。

昨日は1年ぶりに根津の「大麒麟」で絶品ちゃんこ鍋を頂きました。4人で3人前、そっぷの出汁にしてみました。このお店の具材は何もかも素材がいいんですね。特に大きな団子状のつくねは絶品です。白身の魚は昨日は銀鱈でした。生タラの時もあります。脂がのっていてしかもさっぱりしてふわふわです。豚のばら肉、鶏もも肉、蟹、茹でたホタテ、エビ、野菜は白菜、春菊、長ネギなど。そして油揚げも美味しいです。お鍋の前にそら豆、こごみの天ぷら、ウドの酢味噌和え、つくねの大串でまず、生ビールで乾杯です。ちょっとしたおつまみ類も素材のいいのは勿論ですが、手抜きのない味なんですね。当然お酒も進み、越乃寒梅や出羽桜、濁り酒もありで結構頂きました。締めは勿論雑炊です。具材から出た出汁が洗ったご飯に吸い込んで卵のふわふわ感と一体になっていました。お腹いっぱい、お酒もしっかり頂いたせいか、今朝は前日比+1.0Kg!超ショックです。お店は小上がりが4つだけのこじんまりした所なので、予約は必須です。コロナウィルスで集まりが悪いかと思ったのですが、お店は予約でいっぱい。皆さん盛り上がっていました。

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131106/13018403/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、強気の流れは変わらず。クロス円、上値の重い展開。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は2手連続陰線引けとなり、上値を切り下げています。11210-20の日足の抵抗には一旦ぶつかりましたが、調整的な押しの範囲内となっており、110円割れを見ない限り、押しは一旦買い場と見ています。買いは110.50-60で押し目買い。損切りは下値リスクが点灯する109.90で撤退です。ドル売りは1日様子見か111.50-60超えで軽く売って112.30で撤退です。112.50超えで越週した場合は112~114円台でのレンジ内の動きへ。逆に110円割れを見た場合は短期トレンドの変化に要注意。

ユーロ/ドルは小幅続伸となりました。上値を急角度で切り下げて来た流れからは脱却した感があり、1.0800近辺の足元がしっかりとした感があります。但し、トレンドが弱いので買いは様子見か1.1820-30まで引きつけて。損切りは1.1780で撤退です。売りは1.1880-90で戻り売り。損切りは1.1910で浅めに一旦撤退です。短期トレンドは1.1000超えに値を戻さない限り、変化しません。

ユーロ/円は小反落。120.00-10の下値抵抗を守っていますが、中期トレンドが弱いので急反発にも繋がり難いでしょう。但し、短期トレンドは上値トライの可能性を残しているので、押し目買い方針継続とします。若干下押しの可能性が生じているので、買いは119.60-70の押し目があれば買い狙い。損切りは118.90で撤退です。売りは様子見です。

ポンド/ドルは小反落。1.2850-6の下値抵抗を守っていますが、上値を切り下げる流れに変化が認められないので買いは様子見です。売りは1.2950-60で戻り売り。損切りは1.3010で一旦撤退です。短期トレンドは1.3050超えで終えない限り変化しません。

ポンド/円は実体の大きい陰線引けとなり下値リスクの高いものです。144円台定着にも失敗していますが、短期トレンドの変化が確認できないので売りは様子見か、144.30-40の戻り待ちとします。損切りは44.70で浅めに撤退です。買いは143.00-10で押し目買い。損切りは短期トレンドが変化する142.40で撤退です。

豪ドル/円は続落となりました。73.00-10の下値抵抗を守っていますが、直近の陰線が上値トライに失敗した形となっているので、上値を追いきれない可能性にも注意が必要です。買いは浅い損切りが付いたので1日様子見です。売りも様子見です。

連休の間にコロナウィルスがさらに拡散して株式市場も大混乱。金相場も一時1680ドル台を付け、金先物も5900円超えがありました。金相場は本来は5800円超えに強い上値抵抗があります。勢いがあるので売りは勧めませんが、買いは利食いをそろそれお入れて置いた方がいいでしょう。ドル金もドル超えに強い抵抗があります。日経平均株価は、22.200~22,300円は強いサポート。NYダウも27,600ドル台に強い抵抗があります。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、押し目買い。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は2手連続して実体のしっかりとした陽線が出ており、短期トレンドは非常に強い状態にあります。暫くは浅い押し目を拾って流れに付いて行く方針で。短期トレンドは110円割れを見ない限り、変化しませんが、今週の週足の上値抵抗が112.10-20にあり、これを上抜けきれない可能性にも注意が必要です。買いは111.80-90の浅い押し目を拾って111.60で浅めに一旦撤退するか、111.50-60以下の押し目待ちとしています。この場合の損切りは110.90で撤退です。売りは様子見か112.10-20に週足の抵抗があるので、このレベルを軽く売って112.40で撤退としています。

ユーロ/ドルは反落。上値を急角度で切り下げる流れに変化が認められませんが、1.0770-80の下値抵抗にも跳ね返されているので、このレベルの売りは様子見とします。買いも様子見か1.0760に浅い損切りを置くなら1.1780-90で軽く試し買い程度に。上値抵抗は1.0840-50、1.0880-90に、下値抵抗は1.0770-80、1.0720-30にあります。

ユーロ/円は続伸となりましたが、上ヒゲがやや長く上値トライにも失敗しています。日足は上値トライの可能性に繋げていますが、122.20-30に日足の抵抗があり、これをしっかり上抜けて終えるまでは下値リスクにも注意が必要です。一方で119.50-60、119.00-10に強い下値抵抗が出来ており、119円割れで終えない限り、押しは一旦買い場となりそうです。買いは120.20-30の押し目待ち。損切りは119.80で一旦撤退です。売りは様子見か122.30に損切りを置くなら121.70-80超えで軽く試し売り程度に。

ポンド/ドルは小幅続落。1.2850-60の下値抵抗を守って終えていますが、トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは1.2920-30で軽く戻り売り。損切りは12960で浅めに撤退です。短期トレンドは1.3050超えに値を戻さない限り変化しません。 1.2800割れを見た場合は新たな下落リスクが生じます。

ポンド/円は続伸となり、短期トレンドは強い状態を維持しています。144.50-60の抵抗を実体ベースで上抜けきれておらず、また、ポンド/ドルが弱気の流れにあるので、買いは無理せず143.80-90の押し目待ちとします。損切りは143.40で浅めに撤退です。短期トレンドは142.50割れで変化します。

豪ドル/円は小反落。下げ余力の強いものではなく、下値を切り上げる流れを維持しています。週足が不安定な状態のままですが、日足が強いので、73.90-00で押し目買い。損切りは73.50で一旦撤退としています。

昨日は浜町のノーマルで食事をして帰りました。一番奥のお席だったので落ち着いて食事が出来ましたが、お店の中ほどの大きいテーブルに男性7人のグループが先に入店していて結構にぎやかでした。女性でもちょっときつい位なので、かなり窮屈な様子でしたがそれでも和やかに盛り上がっていた感じでした。昨日はグリーンサラダ、生ハムとルッコラのピザ(小)と牛肉のハラミの部分のステーキ¥1800をおろしポン酢ソースで頂きました。これは結構イケます。しし唐とベーコンのペペロンチーノのパスタ¥1100も美味しかったですね。今は牡蠣の季節なので生カキ¥400や牡蠣のオーブン焼き¥450も一個から注文できます。お店が小さいので予約がお勧め。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13038989/

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
吉田恒氏著書「そうだったのか!FX大相場の真実」プレゼント企画
1000円がもらえるアメジスト香港オリジナル2021年版卓上カレンダープレゼント!
「タンク将軍の愛人米」プレゼント企画
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示