川口一晃の仮想通貨テクニカル分析 kawaguchi

ビットコイン高値でのもち合いを上放れる動き、流れが変わるかに注目

2024/01/16

3回目の痛み

この1カ月半の間に、3回目の痛風を発症した。痛みと腫れが収まってはぶり返している。

医者に行って、注意すべき食べ物の一覧表を見て驚いた。エビやカニ、そして卵系はNGと周りから聞かされていたが、それ以外にもNGの食品が多いのだ。実は、エビやカニ以上にレバー、鶏のモモ肉、牛のヒレ、さんま、マグロ、カツオ等々。そして、いずれにしても暴飲暴食だけは避けなさい、という注意を受けて帰ってきた。ということで、明日から霞を食べることにした。

「ど真ん中の時間帯を通過」

A点が位置する時間帯にA点に引き寄せられたことで、p点とのダブルトップを形成する可能性があった。しかし、A点を通過した後も値を上げ高値を更新してきた。

次の注目日は1月19日前後である。

A点水準:約640万円
B点水準:約680万円
C点水準:約540万円

今週のポイントは流れは変わるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。先週末にB点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過した。したがって、ペンタゴンのど真ん中の時間帯が変化日となり、名が変わるのか否かがポイントになる。

<現在のシナリオ>
堅調な展開を維持している。高値でのもち合いを上放れる動きを見せている。また、右肩上がりのCDラインが下値支持線として存在しているからだ。この場合、700万円台に乗せていくことが期待される。

<第2シナリオ>
上値の重たい展開に移行した可能性も出てきた。B点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯が変化日となり、流れが変わった可能性がある。しかも、ど真ん中の時間帯で上ヒゲの長いローソク足が出現している。そして、上値抵抗線としてADラインが存在しているからだ。この場合、580万円を割り込んでいくことになろう。

一目均衡表では正念場に差し掛かっている。まず、雲の上限が下値支持線となり下げ止まることが出来るのか否かがポイントになる。次に、遅行スパンが26日前のローソク足を割り込むことになるのか否かにも注目である。

「週明けの動きに要注目」

高値水準でもち合っていたイーサリアムだが、A点が位置する時間帯を通過すると大きく上昇。右肩上がりのABラインに沿ってB点に引き寄せられた。

次の注目日は1月20日前後である。

A点水準:約30万円
B点水準:約40万円

今週のポイントは週明けより流れが変わるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。先週末にB点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯に到達した。したがって、ペンタゴンのど真ん中の時間帯が変化日となり、新しい動きが出てくるのか否かがポイントになる。

<現在のシナリオ>
堅調な展開を維持している。30万円台前半でもち合いを続けていたのだが、そのもち合いから上放れてきている。A点が位置する時間帯より大きく上昇しているからだ。この場合、40万円台に乗せていくことが期待される。

<第2シナリオ>
上値の重たい展開に移行する可能性もある。ペンタゴンのど真ん中の時間帯で陰線が出現している。また、右肩下がりのBCラインおよびBDラインが上値抵抗線として存在しているからだ。この場合、30万円を試す動きになっていこう。

現在のところ、堅調な展開を維持している。特に、転換線および基準線の上方を推移している。

「踏み止まることが出来るのか」

ペンタゴンのど真ん中の時間帯以降、緩やかながらも値を下げてきたリップルだが、B点が位置する時間帯で下げ止まる動きを見せている。

次の注目日は1月17日前後である。

A点水準:約90円
B点水準:約70円
C点水準:約120円
D点水準:約40円

今週のポイントは下げ止まることが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。週央にC点が位置する時間帯を通過する。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、下げ止まることが出来るのか否かがポイントになる。

<現在のシナリオ>
上値の重たい展開が続いている。ペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過した後も値を下げている。また、下値支持線と期待されたBCラインも割り込んできたからだ。この場合、70円を試す動きになっていこう。

<第2シナリオ>
堅調な展開に移行する可能性もある。C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。この場合、100円を窺がう動きになっていこう。

雲のねじれの位置を通過した直後より下げ止まる気配を見せている。下げ止まるのであれば、雲の中に入ってくる動きが求められる。

この記事をシェアする

前の記事 次の記事

プロフィール

かわぐち・かずあき
川口一晃

金融ジャーナリスト、経済評論家。1986年より11年間、ファンドマネージャーを務める。現在はテレビ、ラジオなどレギュラー多数。月9などのドラマの監修にも従事。著書も多数。

ブログランキング

  • にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

最新の記事

カテゴリー

アーカイブス

無料会員募集中