川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

川口一晃(かわぐち・かずあき)

金融ジャーナリスト、経済評論家。1986年より11年間、ファンドマネージャーを務める。現在はテレビ、ラジオなどレギュラー多数。月9などのドラマの監修にも従事。著書も多数。

ブログランキング

  • にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

ホームページ

コレモニナカノ円

ブログ

コレモニナカノ円

メルマガ・セミナー

メルマガ
メルマガ

書籍

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレインスタグラム登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレスタッフブログ

ビットコイン堅調な展開ながら、流れの変わりやすい状況

  • はてなブックマーク

❖❖銭湯❖❖

エコキュートの給湯器が故障してしまい、お湯が出ない、お風呂を沸かせない状態となっています。お湯が出ないのはまだ我慢できるのですが、お風呂に入れないのは困ります。ですから、ほぼ60年振りに銭湯に通っています。近くのスーパー銭湯に通っているのですが、毎日大勢の人が来ています。ここは観光地に大浴場か、と思うぐらいです。 そして、お風呂から上がると、アレです。そうです、コーヒー牛乳。毎晩、飲んでいます。

❖❖❖❖❖❖❖

「ど真ん中の時間帯を通過」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。堅調な展開が続くのであれば、下値支持線となったACラインを維持することが求められたからだ。 実際には、横這いとなってはいたものの、ACラインの上方を推移している。

次の注目日は2月14日前後である。

A点水準:約280万円
B点水準:約380万円

ビットコインチャート

今週のポイントは新しい動きが出てくるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。先週末にB点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯に到達した。したがって、ど真ん中の時間帯が変化日となり、新しい動きが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開となっている。下値支持線としてACラインが存在しているからだ。 この場合、320万円を窺がう動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性はある。ペンタゴンのど真ん中の時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。しかも、同事線が頻発している。また、右肩下がりのBCラインが上値抵抗線として控えているからだ。 この場合、260万円を試す動きになっていこう。

ビットコインチャート

雲の上方に現在値が位置していることから、堅調な展開となっているのが分かる。ただし、この後に薄い雲が待ち構えていることには注意をしたい。つまり、流れが変わりやすい環境になるということである。

「週明けの動きに注目」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯を通過すること、流れが変わるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、B点を通過した直後より、上昇から横這いとなっている。

次の注目日は1月30日前後である。

A点水準:約20万円
B点水準:約24万円
C点水準:約14万円
D点水準:約30万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは週明けの動きに注目ということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。週明けにC点が位置する時間帯を通過する。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。上値抵抗線として存在していたBCラインを超えてきている。また、右肩上がりのCDラインが上値抵抗線として控えているからだ。 この場合、24万円を窺がう動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。B点が位置する時間帯を通過した直後より上昇が止まっている。また、C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、18万円を割り込んでいくことが考えられる。

イーサリアムチャート

雲の上方を推移し堅調な展開を見せてはいるが、ここから雲の薄い部分を通過していく。流れが変わりやすいことから、注意が必要だ。

「踏み止まることが出来るのか」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。堅調な展開に移行するのであれば、右肩上がりのACラインが下値支持線になることが求められたからだ。 実際には、ACラインを割り込むことなく推移している。

次の注目日は1月30日前後である。

A点水準:約40円
B点水準:約120円
C点水準:約70円

リップルチャート

今週のポイントは堅調な展開に移行することが出来るのかということである。

<あくまでも個人的見解>
ACラインに注目したい。先週同様、堅調な展開に移行するのであれば、右肩上がりのACラインが下値支持線になることが求められるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開となっている。下値支持線と期待されたABラインもあっさりと割り込んでしまっている。取引時間中ではあるが、ACラインを割り込む場面も出てきているからだ。 この場合、40円を試す動きになっていこう。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性はある。ACラインに沿って推移する可能性がある。また、B点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、60円を超えていくことが必要になる。

リップルチャート

雲の上に現在値が出てきたのですが、その動きは力強さに欠けています。しかし、まずは雲の上限が下値支持線になるのか否かに注目。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

若林栄四 NYからの金言

ビットコイン節目を超え、350万円を目指すか

  • はてなブックマーク

❖❖自分に合わない❖❖

先日、久しぶりにアルコールを身体の中に入れた。もともとアルコールには弱いので量を飲むことは出来ないのだが、アルコールの美味しさはわかると思っている。先日は、ビールをジョッキに3分の2飲んだ後に、冷酒をおちょこで4、5杯いただきました。無事に家には帰れたのですが、夜中に何度か目を覚まし、危ない状況となりました(笑)。ほんと、アルコールが身体に合わないようです。

❖❖❖❖❖❖❖

「節目を超えてきた」

先週のレポートではACラインに注目した。節目および上値抵抗線として存在していたACラインを超えることが出来るのか否かがポイントになったからだ。 実際には、先週末にC点が位置する時間帯にACラインを超えてきた。

次の注目日は1月28日前後である。

A点水準:約280万円 B点水準:約220万円
C点水準:約380万円

ビットコインチャート

今週のポイントは堅調な展開が続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
CEラインに注目したい。下値支持線となったCEラインを維持することが出来るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開となっている。上値抵抗線として存在していたACEラインを超えてきた。そして、右肩上がりのCDラインに沿って推移していくことも期待できるからだ。
この場合、320万円を窺がう動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、この先に右肩下がりのDEラインが上値抵抗線として控えているからだ。
この場合、250万円を割り込んでいくことになろう。

ビットコインチャート

遂に、雲の上方に現在価格が抜けました。これで、堅調な展開に移行。今後は雲の上限が下値支持線となります。

「週明けの動きに注目」

先週のレポートではADラインに注目した。堅調な展開に移行するのであれば、上値抵抗線として存在していたADラインを超えていくことが求められたからだ。
実際には、ADラインを超えて堅調な展開となっている。

次の注目日は1月30日前後である。

A点水準:約20万円
B点水準:約30万円
C点水準:約24万円
D点水準:約14万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは週明けの動きに注目ということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。先週末にC点が位置する時間帯に到達した。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、新しい動きが出てくるのか否か、週明けの動きに注目である。

(現在のシナリオ)
堅調な展開となっている。A点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯およびB点が位置する時間帯以降も値を上げている。また、上値抵抗線ADラインを超えてきたからだ。
この場合、24万円を窺がう動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、右肩下がりのCDラインが上値抵抗線として控えているからだ。
この場合、18万円を割り込んでいくことになろう。

イーサリアムチャート

雲の上限を超えてきたことで、堅調な展開となっている。今後は雲の上限が下値支持線となる。

「流れは変わるのか」

先週のレポートでは、ABラインに注目した。堅調な展開に移行するのであれは、右肩下がりで上値抵抗線押して存在していたABラインを超えていくことが求められたからだ。
実際には、ABラインを超えて下げ止まる気配を見せている。

次の注目日は1月30日前後である。

A点水準:約90円
B点水準:約40円
C点水準:約120円
D点水準:約70円

リップルチャート

今週のポイントは流れは変わったのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
BDラインに注目したい。堅調な展開に移行するのであれば、右肩上がりのBDラインが下値支持線となることが求められるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。下値で上値の重たい展開が続いている。ペンタゴンが真横に描き足される際に横切るライン(ここではCDライン)に到達すると直前の動きと逆になることが多い。直前に陽線が出現しているだけに、反発も止まる可能性がある。
この場合、再び40円を試す動きになっていこう。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性もある。B点が位置する時間帯を通過した直後より陽線が続いている。また、下値支持線としてBDラインが控えているからだ。
この場合、60円を超えていくことが求められる。

リップルチャート

下げ止まりから雲の中に入ってきた。堅調な展開に移行するのであれば、雲の上方に越えていくことが求められる。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

若林栄四 NYからの金言

ビットコイン反発に転じ上昇、280万円を超えていくか

  • はてなブックマーク

❖❖学生時代の友人❖❖

3年ぶりであろうか。高校時代の友人たちと新年会をやった。学生時代の友人との集まりは不思議なモノで、毎回、同じ話題で盛り上がり、騒ぐことができる。個人的な問題ではあるが、老後の生活をどこで過ごすのか、ということを考えると、歳を取ると行動範囲が狭くなるが、やはり、友人たちとの交流を重ねることが出来る距離に住みたいものだ。

❖❖❖❖❖❖❖

「反発に転じた」

先週のレポートではB点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、B点を通過後に徐々に値を上げ始め、上値抵抗線ACラインを超えてきた。

次の注目日は1月20日前後である。

A点水準:約280万円
C点水準:約220万円

ビットコインチャート

今週のポイントは反発はどこまで続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
ADラインに注目したい。反発上昇から本格上昇に転じるのであれば、上値抵抗線として存在しているADラインを超えていく必要があるからだ。

(現在のシナリオ)
基本的には上値の重たいとなっている。上値抵抗線としてADラインが控えている。また、C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、再び220万円を試す動きになっていこう。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性もある。右肩下がりで上値抵抗線として存在していたACラインを超えてきた。下値支持線としてCDラインが存在している。そして、下値でのもち合いを上放れてきた感があるからだ。 この場合、280万円を超えていくことが期待される。

ビットコインチャート

遂に、というか、ようやく雲の中に現在値が入ってきた。すなわち、下げ止まりから堅調な展開に移行することが期待される状態だ。そして、ここからもう一つ。雲の上限を超えることが出来るのか否かに注目をしたい。

「流れは変わったのか」

先週のレポートではC点に注目した。ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるC点を通過することで、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになったからだ。 実際には陽線が続き、節目の20万円に接近している。

次の注目日は1月18日前後である。

A点水準:約14万円
B点水準:約30万円
C点水準:約20万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは流れは変わったのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
CEラインに注目したい。堅調な展開に移行するのであれば、右肩下がりで上値抵抗線として存在しているCEラインを超えていく必要があるからだ。また、同時に20万円を超えていくことが求められる。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。上値抵抗線としてCEラインが控えている。また、D点が位置する時間帯が変化日となり、反発から下落に転じる可能性もあるからだ。 この場合、15万円を窺がう可能性も出てこよう。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性も出てきた。B点が位置する時間帯より値を上げ始め、ペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過した後も値を上げているからだ。 この場合、20万円を超えていくことが期待される。

イーサリアムチャート

現在値が雲の中に入ってきた。すなわち、下値でのもち合いから上放れ、堅調な展開へ移行する可能性が出てきたことを示唆している。この雲を上抜けることが出来るのか否かに注目をしたい。

「流れが変わるのか」

先週のレポートでは、C点に注目した。C点が位置する時間帯を通過することで新しい流れが出てくるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、横這いが続いていたのだが、先週末にかけて値を上げ始めた。

次の注目日は1月19日前後である。

A点水準:約40円
B点水準:約70円
C点水準:約120円
D点水準:約90円

リップルチャート

今週のポイントはもち合いを上放れることが出来るのかということである。

<あくまでも個人的見解>
DEラインに注目したい。堅調な展開に移行するのであれば、この際に控えている上値抵抗線DEラインを超えていくことが求められる。しかも、AEラインに近い水準ではなく、60円に近い水準が求められる。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。下値でのもち合いが続いている。右肩下がりのBEラインが上値抵抗線として存在している。また、BEラインを超えたとしても、DEラインが控えているからだ。 この場合、40円をためす可能性が残る。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性もある。D点が位置する時間帯よりやや値を上げ始めている。また、下値支持線としてAEラインが控えているからだ。 この場合、60円を超えていくことが求められる。

リップルチャート

下値でのもち合いから、やや値を上げて来ている。ただし、現在値は依然と雲の下方で推移している。したがって、堅調な展開に移行するには、まずは雲の中に入ることが出来るのか否かがポイントになる。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

若林栄四 NYからの金言

ビットコイン横這いのまま、今週は新しい動きが出てくるかに注目

  • はてなブックマーク

❖❖おみくじ❖❖

63回目の挑戦だったが、今年も初夢で『富士山、鷹、茄子』を観ることは出来なかった。 初夢を見る回数も残り少なくなってきたが、富士山の初夢を観ることは出来るのであろうか。ただ、今年の初詣はおみくじが例年に比べて良かった。大吉と中吉であった。今年1年はこのおみくじを信じて過ごしてみよう。

❖❖❖❖❖❖❖

「週明けの動きに注目」

もち合いが続いている。すなわち、A点が位置する時間帯を通過しても、上値抵抗線ABラインを超えても新しい動きが出るわけでもなく、横這いが続いている。

次の注目日は1月15日前後である。

A点水準:約280万円
C点水準:約220万円 

ビットコインチャート

今週のポイントは新しい動きが出てくるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。先週末にB点が位置する時間帯を通過した。したがって、B点が位置する時間帯が変化日となり、新しい動きが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。A点が位置する時間帯を通過した後も値を上げることなく推移している。また、右肩下がりのACラインが上値抵抗線として存在しているからだ。 この場合、200万円を割り込んでいくことになろう。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性もある。ABラインを超えてきて後はやや値を上げている。また、B点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、280万円を窺がう動きになっていこう。

ビットコインチャート

雲の下限に沿って推移している。故に、上値の重たい展開が続いている。雲の中に入ることが出来るのか否かがポイントになる。

「ど真ん中の時間帯を通過する」

下値でのもち合いが続いているイーサリアムだが、C点が位置する時間帯を通過するとやや値を上げてきている。

次の注目日は1月11日前後である。

A点水準:約14万円
B点水準:約24万円
C点水準:約20万円
D点水準:約24万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは新しい流れが出てくるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。週央にD点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過する。したがって、ど真ん中の時間帯が変化日となり、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになる。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。下値支持線と期待されたADラインを割り込んでしまっている。また、上値抵抗線DEラインが控えているからだ。 この場合、14万円を試す動きになっていこう。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性もある。C点が位置する時間帯を通過した後は値を上げて来ている。また、ペンタゴンのど真ん中の時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、20万円を窺がう動きになっていこう。

イーサリアムチャート

雲の下限に到達。堅調な展開に移行するのであれば、まずは雲の中に入ってくることが求められる。

「週明けの動きに注目」

下値水準での横這いが続いている。特に、B点が位置する時間帯を通過した後は下値支持線AEラインに近づいている。

次の注目日は1月12日前後である。

A点水準:約40円
B点水準:約70円
D点水準:約90円

リップルチャート

今週のポイントは週明けの動きに注目ということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。先週末にC点が位置する時間帯を通過した。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。ど真ん中の時間帯を通過した後も上昇することなく推移している。また、右肩下がりのBEラインが上値抵抗線として存在しているからだ。 この場合、40円を割り込む可能性もある。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開を移行する可能性もある。下値支持線AEラインが存在している。また、C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、60円を超えていくことになろう。

リップルチャート

雲の下方を推移し、軟調な展開が続いている。しかも、転換線および基準線の下方を推移している。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

若林栄四 NYからの金言

ビットコイン、上値の重たい展開続く。このまま横ばいが続くのか。

  • はてなブックマーク

❖❖1年が早い!❖❖

早いもので、今年も終わります。年々時が経つのが早くなります。以前、NHKの『チコちゃんに・・・』という番組で、『なぜ、1年が経つのが早く感じるのか』という質問があり、『驚かなくなってくるから』との答がありました。たしかに、国木田独歩の『牛に行くと馬鈴薯』の中で、主人公が『人生とは驚きである』と話しています。しかし、僕はもう一つ。 『3歳の子供の1年は3分の1ですが、60歳の1年は60分の1になることから1年が早く感じる』と考えています。いずれにしても、どんどん早くなってくる1年を充実させたいものです。

❖❖❖❖❖❖❖

「週明けの動きに注目」

先週のレポートではB点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになったからだ。 しかし、実際には、横這いが続き、BCラインを超えてきた。

次の注目日は12月26日前後である。

A点水準:約220万円
C点水準:約280万円

ビットコインチャート

今週のポイントはこのまま横這いが続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。週明けにC点が位置する時間帯を通過する。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。下値支持線と期待されたACラインおよびBCラインを割り込んでしまっている。また、右肩下がりのCDラインが控えているからだ。 この場合、200万円を試す可能性がある。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性はある。C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合280万円を超えていくことが求められる。

ビットコインチャート

雲の下方を推移しており、上値の重たい展開が続いている。遅行スパンが20日前のローソク足を下回り始めていることからも、再度注意が必要である。

「流れは変わること出来るのか」

先週のレポートでは、BCラインに注目した。右肩下がりのBCラインの手前で大きな陰線が出現したことからも、その動向がポイントになったからだ。 実際には、その後は横這いが続き、BCラインを超えてきた。

次の注目日は12月29日前後である。

A点水準:約20万円
B点水準:約30万円
C点水準:約14万円
D点水準:約14万円
E点水準:約20万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは横這いが続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
CEラインに注目したい。この先、右肩上がりのCEラインに到達する。したがって、堅調な展開に移行するのであれば、CEラインに沿った展開になることが期待されるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。上値抵抗線BCラインおよびC点が位置する時間帯を通過しても、値を上げることなく推移しているからだ。 この場合、14万円を割り込む可能性もある。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性もある。右肩上がりの下値支持線CDラインおよびCEラインが控えているからだ。また、D点が位置する時間帯が変化日になる可能性もある。 この場合、20万円を超えていくことが求められる。

イーサリアムチャート

雲の下限を推移している限り、上値の重たい展開が続く。

「踏み止まるか」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、値を下げたままで上値の重たい展開が続いている。

次の注目日は12月30日前後である。

A点水準:約40円
B点水準:約90円
D点水準:約70円

リップルチャート

今週のポイントは踏み止まれるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
AEラインに注目したい。AEラインは下値の節目の水準である。この水準を割り込むと、真下に新しいペンタゴンが描き足され、弱気が広がることになる。したがって、AEラインを維持できるのか否かは重要である。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。B点が位置する時間帯を通過した後も値を下げている。右肩上がりのADラインも割り込んでしまったからだ。 この場合、40円を割り込む可能性がある。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性もある。C点が位置する時間帯を通過した後に陽線が続いている。下値支持線としてAEラインが控えているからだ。 この場合、60円を超えていくことが求められる。

リップルチャート

雲の下方を推移していることに加え、転換線、基準線よりも下方を推移し、そして遅行スパンが26日前のローソク足の下方を推移している。これらは軟調な展開が続いていることを示しているものであり、この後、一つずつ、解消することが出来るのか否かに注目したい。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

若林栄四 NYからの金言
トレトレ会員無料登録はこちら
蟹瀬誠一氏編著「2023年 野蛮の時代」プレゼントキャンペーン
アメジスト香港オリジナル2023年版卓上カレンダープレゼント
「タンク将軍の愛人米 2022」プレゼントキャンペーン
若林栄四 NYからの金言
川口一晃のペンタゴンチャンネル
奥義ペンタゴンチャート戦略
【FINTECH-asp】
500円相当ビットコインプレゼント
BXONE
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
お肉お米どちらかもらえるプレゼント!
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示