川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

川口一晃(かわぐち・かずあき)

金融ジャーナリスト、経済評論家。1986年より11年間、ファンドマネージャーを務める。現在はテレビ、ラジオなどレギュラー多数。月9などのドラマの監修にも従事。著書も多数。

ブログランキング

  • にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

ホームページ

コレモニナカノ円

ブログ

コレモニナカノ円

メルマガ・セミナー

メルマガ
メルマガ

書籍

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

8月30日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「高値でのもち合いか」

先週のレポートではABラインに注目した。上値抵抗線として存在しているABラインを超えることが出来るのか否かがポイントになったからだ。 実際にはABラインを超えることはなく、B点に引き寄せられている。

次の注目日は9月5日前後である。

A点水準:約540万円
C点水準:約380万円
D点水準:約480万円

ビットコインチャート

今週のポイントはこのまま堅調な展開が続くのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
BEラインに注目したい。上値抵抗線として存在しているBEラインを超えていくことが出来るのか否かがポイントになるからだ。しかも、BEラインを超えたとしてもBFラインが強い上値抵抗線として控えている。なぜなら、BFラインを超えると『時間の逆行』が生じるからである。故に、BEラインも強い上値抵抗線になっている。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。右肩上がりの上昇が続き、上値抵抗線として存在していたBCラインおよびBDラインを超えてきているからだ。 この場合、BEラインを超えて600万円を窺がう動きが期待出来よう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。B点が位置する時間帯に引き寄せられた後は、横這いとなっている。また、上述したように強い上値抵抗線としてBEラインが存在しているからだ。 この場合、450万円を試すことが考えられる。

ビットコインチャート

雲のねじれの位置を通過した後は高値でのもち合いとなっている。流れが変ったのか否かに注目である。

「週明けの動きに注目」

先週のレポートでは、AEラインに注目した。AEラインが下値支持線となることで堅調な展開を維持できるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、AEラインを割り込む場面もあったのだが、AEラインを維持して先週末の取引を終えている。

次の注目日は9月5日前後である。

A点水準:約34万5000円
B点水準:約38万円
C点水準:約32万円
D点水準:約27万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは週明けの動きに注目したいということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。先週末にB点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯に到達した。したがって、B点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。下値支持線としてAEラインが存在している。また、AEラインを割り込んだとしても、右肩上がりのCEラインが控えているからだ。 この場合、38万円台に乗せていくことが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。B点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性がある。また、上値抵抗線としてBEラインが控えているからだ。 この場合、30万円を試すことが考えられる。

イーサリアムチャート

雲のねじれの位置を通過しても、高値でのもち合いが続いている。そして、遅行スパンがローソク足に接近している。遅行スパンとローソク足の位置関係に注目したい。

「堅調な展開が続くのか」

先週のレポートでは、ADラインに注目した。ADラインを超える上昇は『時間の逆行』となることから、大きな上昇にはつながりにくいと考えられたからだ。 実際には、ADラインを超えることはなく、むしろADラインから下放れてきた。

次の注目日は9月1日前後である。

A点水準:約120円
B点水準:約90円
D点水準:約170円  

リップルチャート

今週のポイントはこのまま堅調な展開を維持することが出来るのかということである。

<あくまでも個人的見解>
ACラインに注目したい。堅調な展開を維持するのであれば、下値支持線として存在しているACラインを割り込むことなく推移していくことが求められるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。下値支持線ACラインを維持している。また、右肩上がりのCDラインが下値支持線として控えているからだ。 この場合、150円台に乗せていくことが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性がある。B点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、上値抵抗線としてADラインが控えているからだ。 この場合、100円を割り込んでいくことが考えられる。

リップルチャート

雲のねじれの位置が接近している。ねじれの位置が変化日となるのか否かに注目したい。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

9月21日(火)YouTube無料セミナー開催!
以下のバナーよりお申込みいただけます。

8月23日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「反発上昇は続くのか」

先週のレポートでは、ADラインに注目した。堅調な展開が続くのであれば、上値抵抗線として存在しているADラインをこえていくことが求められたからだ。 実際には、週初こそADラインの真下で足踏み状態となっていたのだが、週末に迎えてはADラインに接近している。

次の注目日は8月24日前後である。

A点水準:約540万円
B点水準:約480万円
C点水準:約440万円
E点水準:約380万円

ビットコインチャート

今週のポイントは反発上昇は続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
引き続きADラインに注目したい。堅調な展開が続くのであれば、ADラインを超えていくことが求められるからだ。逆に、この水準で超えることが出来ないのであれば、押し目を形成することが考えられる。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。B点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯より上昇が続いている。また、下値支持線としてBDラインおよびBCラインが存在しているからだ。 この場合、600万円を窺がう動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。上値抵抗線としてADラインが存在している。また、D点が位置する時間帯を通過することで、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、440万円を割り込んでいくことが考えられる。

ビットコインチャート

雲のねじれの位置を通過することから、流れが変わるのか否かがポイントになってくる。

「高値水準でのもち合い」

先週のレポートでは、AFラインに注目した。堅調な展開を維持するのであれば、AFラインが下値支持線となることが求められたからだ。 実際には、そのAFラインに絡んだもち合いとなっている。

次の注目日は8月28日前後である。

A点水準:約34万5000円
B点水準:約39万5000円
D点水準:約27万円
  D点水準:約38万円
E点水準:約32万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは顕著な展開を維持することが出来るのかということである。

<あくまでも個人的見解>
AFラインに注目したい。現在、節目となりつつあるAFライン水準を維持することが出来るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。AFラインが下値支持線として存在している。また、C点が位置する時間帯より陽線が続いているからだ。 この場合、38万円台に乗せていくことが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。B点が位置する時間帯以降、伸び悩んでいる。また、上値抵抗線としてADラインおよびDFラインが控えている。そして、D点が位置する時間帯が変化日となることも考えられるからだ。 この場合、30万円を割り込んでいくことが考えられる。

イーサリアムチャート

この後に雲のねじれの位置を通過していく。したがって、流れが変わるのか否かに注目したい。

「堅調な展開を維持」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。上値抵抗線として存在していたACラインを超えることができるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、ACラインを超え、ADラインとACラインで形成されている三角形の中での推移となっている。

次の注目日は8月28日前後である。

A点水準:約120円
B点水準:約40円   

リップルチャート

今週のポイントは堅調な展開は続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
ADラインに注目したい。ADラインを超えると『時間の逆行』状態となる。したがって、ADラインを大きく超えるような上昇は確率的には低いと考えられるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。下値支持線としてACラインが存在している。また、右肩上がりのADラインに沿って推移しているからだ。 この場合、160円を窺がう動きを期待出来よう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。先週末にB点が位置する時間帯に到達した。しかも、先週末のローソク足が同事線に近い足を示現している。したがって、週明けに流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、100円を試す動きになっていこう。

リップルチャート

転換線の水準を維持することが出来るのか否かに注目したい。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

9月21日(火)YouTube無料セミナー開催!
以下のバナーよりお申込みいただけます。

8月16日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「反発上昇が続く」

先週のレポートでは、BCラインに注目した。堅調な展開が続くのであれば、上値抵抗線として存在しているBCラインを超えていくことが求められたからだ。 実際には、BCラインを超えて右肩上がりのBDラインに絡みながら上昇を続けている。

次の注目日は8月17日前後である。

A点水準:約540万円
B点水準:約480万円
C点水準:約440万円

ビットコインチャート

今週のポイントはこのまま上昇が続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
ADラインに注目したい。反発上昇が続くのであれば、上値抵抗線として存在しているADラインを超えていくことが求められる。逆に、ADラインを超えることが出来ないのであれば、上昇も弱まり調整に入る可能性が出てこよう。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。B点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯より上昇が加速している。また、上値抵抗線BCラインを超えてきた。そして、BDラインに沿って推移しているからだ。 この場合、再度、600万円台が見えてこよう。

(第2シナリオ)
上円の重たい展開に移行する可能性も残っている。上値抵抗線としてADラインが存在している。また、週明けにC点が位置する時間帯を通過することで、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、400万円を試す動きになっていこう。

ビットコインチャート

大きく上昇している。ここでは、時期に到来する雲のねじれの位置の前後でどのような動きになっていくのかに要注目。

「大きく上昇」

先週のレポートでは、C点に注目した。C点が位置する時間帯を通過することでC点の位置が変化日となり流れが変わるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、ABCラインに沿ってC点に引き寄せられ、更にはCFラインを超えて真上に新しいペンタゴンが描き足された。

次の注目日は8月16日前後である。

A点水準:約22万円
B点水準:約27万円
C点水準:約34万5000円
D点水準:約39万5000円
E点水準:約38万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは上昇はまだ続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
CFラインに注目したい。堅調な展開を維持するのであれば、下値支持線となったCFラインを維持することが求められるからだ。CFラインを維持している限り、真上のペンタゴンで推移することができる。

(現在のシナリオ)
上昇トレンドが続いている。ABCラインに沿って推移している。また、C点が位置する時間帯を通過した後も値を上げている。そして、下値支持線としてCEラインおよびCFラインが存在しているからだ。 この場合、40万円が視野に入ってこよう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性がある。D点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、右肩下がりのDEラインが控えているからだ。 この場合、30万円を割り込んでいくことになろう。

イーサリアムチャート

雲を上抜けて大きく上昇している。ただし、この雲は先行スパン2が上の雲であることから、押し目形成の可能性を残している。

「どこまで上がるのか」

先週のレポートでは、A点に注目した。A点が位置する時間帯を通過することで、新しい動きが出てくるのか否かがポイントになるからだ。 実際には、A点が位置する時間帯を通過した直後より大きく上昇。上値抵抗線ABラインおよびACラインを超えてきた。

次の注目日は8月20日前後である。

A点水準:約120円
B点水準:約40円
C点水準:約90円  

リップルチャート

今週のポイントはどこまで上昇するのかということである。

<あくまでも個人的見解>
ADラインに注目したい。堅調な展開が続くのであれば、上値抵抗線として存在しているADラインを超えていくことが求められるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。A点が位置する時間帯より値を上げている。上値抵抗線ABラインおよびACラインを超えてきているからだ。 この場合、14万円を窺がう動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性はある。B点が位置する時間帯を通過することで流れが変わる可能性がある。また、ADラインが上値抵抗線として存在している。しかも、ADラインを超えるとAEラインが上値抵抗線として控えている。このAEラインを超えると『時間の逆行』状態が生じるからだ。

リップルチャート

雲を上抜けて、上昇力が強まっている。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

9月21日(火)YouTube無料セミナー開催!
以下のバナーよりお申込みいただけます。

8月9日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「正念場を迎える」

先週のレポートでは、C点に注目した。ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるC点を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。 実際には、C点が位置する時間帯より再度上昇に転じ、戻り高値を更新している。

次の注目日は8月12日前後である。

A点水準:約440万円
B点水準:約380万円
C点水準:約480万円

ビットコインチャート

今週のポイントは節目を越えていくことが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
CEラインに注目したい。堅調な展開が続き節目を越えていくのであれば、右肩下がりの上値抵抗線CEラインを超えていくことが必要になるからだ。逆に、超えることが出来ないのであれば、上値の重たい展開に移行する可能性が出てくる。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。C点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯より再度上昇している。また、下値支持線としてBDラインおよびDEラインが控えているからだ。 この場合、500万円台を回復する可能性がある。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。上値抵抗線としてCEラインが存在している。また、D点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、380万円を割り込んでいくことが考えられる。

ビットコインチャート

雲の上限が下値支持線となり、堅調な展開が続いている。

「上昇は続くのか」

先週のレポートでは、C点に注目した。C点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。 実際には、C点が位置する時間帯を通過した後も上昇が続いている。

次の注目日は8月16日前後である。

A点水準:約22万円
B点水準:約27万円
D点水準:約34万5000円
E点水準:約30万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは上昇はどこまで続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。先週末にD点が位置する時間帯に到達した。したがって、D点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。

(現在のシナリオ)
上昇トレンドが続いている。A点が位置する時間帯より上昇が続いている。しかも、右肩上がりのABDラインに沿って推移している。そして、下値支持線BEラインが存在しているからだ。 この場合、35万円を窺がう動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。D点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。右肩下がりのDEラインが上値抵抗線として控えているからだ。 この場合、26万円を割り込んでいくことが考えられる。

イーサリアムチャート

雲を上抜けたことで、堅調な展開が鮮明になった。

「流れは変わるのか」

先週のレポートでは、A点に注目した。A点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、A点が位置する時間帯を通過した後も横這いが続き下値支持線ABラインを割り込んできた。

次の注目日は8月20日前後である。

A点水準:約70円
B点水準:約120円
C点水準:約40円  

リップルチャート

今週のポイントは流れが変わるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。先週末にB点が位置する時間帯を通過した。したがって、B点が位置する時間帯が変化日となり、新しい動きが出るのか否かがポイントになるからだ。特に、同事線が出現し横這いとなっているだけに要注目である。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。下値支持線と期待されたABラインを割り込んできている。また、右肩下がりの上値抵抗線BCラインが存在している。 この場合、60円を試す動きになっていこう。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性が出てきた。ペンタゴンのど真ん中の時間帯より右肩上がりに推移している。また、B点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出てくる可能性もあるからだ。 この場合、90円を超えていくことが考えられる。

リップルチャート

雲の中に入ってきた。そして、その後は雲の下限が下値支持線となっている。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

9月21日(火)YouTube無料セミナー開催!
以下のバナーよりお申込みいただけます。

8月2日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「大きく上昇」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。堅調な展開に移行するのであれば、上値抵抗線として存在しているACラインを超えていくことが求められたからだ。 実際には、ACラインだけでなく、BCラインも超え、更にはB点水準をも超えてきた。

次の注目日は8月4日前後である。

A点水準:約380万円
B点水準:約440万円
D点水準:約480万円

ビットコインチャート

今週のポイントはこのまま上昇は続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。週央にD点が位置する時間帯を通過する。したがって、D点が位置する時間帯が変化日となって、新しい動きが出るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開となっている。上述したように、上値抵抗線として存在していたACラインおよびBCラインを超えてきている。そして、特にC点が位置する時間帯を通過した後も陽線が続き、B点水準を越えてきているからだ。
この場合、480万円を超えていくことが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。D点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、右肩下がりのDGラインが上値抵抗線として控えているからだ。

ビットコインチャート

雲を上抜けたことで堅調な展開に移行した、今後は雲の上限が下値支持線になるのか否かに注目。

「反発上昇が続く」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。ACラインが下値支持線となることで、下げ止まりから落ち着いた動きになることが期待されたからだ。 実際には、ACラインから上放れ、BCラインおよびBGラインを超えて、右上に新しいペンタゴンが描き足された。

次の注目日は8月4日前後である。

A点水準:約22万円
B点水準:約27万円
E点水準:約30万円

イーサリアムチャート

今週のポイントはこのまま反発上昇が続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。週明けにC点が位置する時間帯を通過する。したがって、C点が変化日となり、新しい動きが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。B点が位置する時間帯を通過した後も上昇が続いている。また、上値抵抗線として存在していたBGラインを超えて右上に新しいペンタゴンが描き足された。この場合、30万円を窺がう動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。BFラインおよびBEラインが上値抵抗線として存在している。また、C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。この場合、24万円を割り込んでいくことになろう。

イーサリアムチャート

雲の中に戻ってきた。今後は雲を上抜けることが出来るのか、それとも雲の下限を割り込んでしまうのか、どちらの方向に抜けていくのかに注目したい。

「流れは変わるのか」

先週のレポートではACラインに注目した。堅調な展開に移行するのであれば、上値抵抗線として存在していたACラインを超えていくことが求められたからだ。 実際には、ACラインを超えて80円台に乗せてきた。

次の注目日は8月7日前後である。

A点水準:約90円
B点水準:約40円
C点水準:約70円
D点水準:約120円

リップルチャート

今週のポイントは週明け以降に流れは変わるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。先週末にC点が位置する時間帯に到達した。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開となっている。A点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯より上昇に転じている。また、右肩下がりの上値抵抗線ACラインを超えてきた。そして、右肩上がりのCDラインが下値支持線として存在しているからだ。この場合、100円に乗せていくことが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に戻る可能性も残っている。C点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性がある。しかも、C点が位置する時間帯で同事線が出現しているからだ。 この場合、70円を割り込んでいくことが考えられる。

リップルチャート

雲の中に戻してきた。ここでは雲の下限を維持することが維持することが出来るのか否かがポイントになる。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

9月21日(火)YouTube無料セミナー開催!
以下のバナーよりお申込みいただけます。

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示