川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

川口一晃(かわぐち・かずあき)

金融ジャーナリスト、経済評論家。1986年より11年間、ファンドマネージャーを務める。現在はテレビ、ラジオなどレギュラー多数。月9などのドラマの監修にも従事。著書も多数。

ブログランキング

  • にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

ホームページ

コレモニナカノ円

ブログ

コレモニナカノ円

メルマガ・セミナー

メルマガ
メルマガ

書籍

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

3月29日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「ど真ん中の時間帯を通過」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過することで、新しい流れがどのように出てくるのかがポイントになったからだ。
実際には、B点が位置する時間帯より値を下げてきた。

次の注目日は3月29日前後である。

A点水準:約640万円
B点水準:約580万円
C点水準:約480万円
D点水準:約540万円   

ビットコインチャート

今週のポイントは堅調な展開を維持できるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
BEラインに注目したい。
堅調な展開を維持するのであれば、右肩上がりのBEラインに沿って推移していくことが求められるからだ。BEラインから下放れていくようなことになると、上値の重たい展開に移行することになろう。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。先週末の終値は下値支持線BEラインを維持している。また、BEラインを割り込んだとしても、右肩上がりのDEラインが控えているからだ。
この場合、高値更新を窺う動きが期待できよう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。B点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯より下落に転じている。週明けにD点が位置する時間帯を通過することで、流れが変わる可能性があるからだ。
この場合、500万円を試す動きになっていこう。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

遅行スパンを見ると、26日前のローソク足の上方をしっかりと推移している。

「下げ止まったのか」

先週のレポートでは、ADラインに注目した。堅調な展開が続くのであれば、上値抵抗線として存在しているADラインを越えていくことが求められたからだ。
実際には、ADラインより下放れ、ABCラインに沿ってC点に引き寄せられた。

次の注目日は4月2日前後である。

A点水準:約21万円
B点水準:約18万6000円
C点水準:約17万円
D点水準:約19万5000円

イーサリアムチャート

今週のポイントは下げ止まることができたのかということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。
先週末にC点が位置する時間帯にC点に引き寄せられた後に、大きな陰線を示現している。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開となっている。A点が位置する時間帯より下落に転じている。しかも、p点とのダブルトップを形成している。そして、ABCラインに沿って下値支持線BDラインを割り込んできているからだ。
この場合、17万円を割り込んでいくことが考えられる。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性も残っている。C点が位置する時間帯に同事線が出現し、翌日には大きな陽線が出現しているからだ。
この場合、20万円を越えていくことが求められる。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

雲の中に入り込んだのだが、すぐに陽線を示現し雲の上方を越えてきた。

「高値更新となるか」

先週のレポートでは、A点に注目した。A点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。
実際には、A点を通過以降は値を上げ、上値抵抗線ABラインを越えて高値に接近している。

次の注目日は3月30日前後である。

A点水準:約70円
B点水準:約30円
C点水準:約55円

リップルチャート

今週のポイントは高値更新となるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
ACラインに注目したい。
顕著な展開が続き高値を更新するのであれば、右肩下がりの上値抵抗線ACラインを越えていくことが必要になるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開となっている。A点が位置する時間帯を通過した後も上昇が続いている。また、上値抵抗線ABラインを超えた後も値を上げている。
この場合、70円を試す動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。上値抵抗線としてACラインが存在している。また、B点が位置する時間帯を通過することで流れが変わる可能性がある。また、ダブルトップを形成する可能性もあるからだ。
この場合、再び50円を割り込む可能性がある。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲を上抜けた後は、雲の上限が下値支持線になっているのがわかる。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

  • はてなブックマーク
【FINTECH-asp】 新型コロナウイルス検査キット

3月22日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「ど真ん中の時間帯を通過」

先週のレポートでは、ADラインに注目した。上値抵抗線として存在していたADラインを越えて堅調な展開が続くのか否かがポイントになったからだ。

実際には、ADラインを超える場面もあったのだが、結局はADラインに絡んだ動きを見せている。

次の注目日は3月29日前後である。

A点水準:約640万円
C点水準:約580万円  

ビットコインチャート

今週のポイントは新しい動きが出るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。
週末にかけてC点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過する。したがって、C点が変化日となり新しい動きが出るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。ADラインに絡んだ動きを維持している。右肩上がりのCDラインが下値支持線として控えているからだ。
この場合、最高値を更新していく可能性がある。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、ADラインが上値抵抗線になることも考えられるからだ。 この場合、580万円を割り込んでいくことになろう。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

上昇トレンドが続いている。遅行スパンも26日前のローソク足の頂を越えてきている。ここでは、転換線を維持することが出来るのか否かに注目したい。

「上値は重たくなのか」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。

実際には、B点に引き寄せられる動きを見せるものの、その後は右肩下がりのBCラインに沿って値を下げてきた。

次の注目日は3月26日前後である。

A点水準:約17万円
B点水準:約21万円
C点水準:約18万6000円
E点水準:約19万5000円

イーサリアムチャート

今週のポイントは上値は重たくなっていくのかということである。

<あくまでも個人的見解>
BEラインに注目したい。
上値抵抗線として存在しているBEラインを越えていくことが出来るのか否かがポイントになる。なぜならば、先週末までのローソク足を見ると、ダブルトップを形成していると考えられる。したがって、上値抵抗線BEラインを越えていくことが必要になるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。A点が位置する時間帯から上昇が続いている。また、右肩上がりの下値支持線CEラインが控えているからだ。
この場合、22万円台に乗せていくことになろう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性がある。C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、上値抵抗線としてBEライン、更にはBFラインが控えているからだ。
この場合、17万円を割り込んでいくことになろう。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

雲の上方をしっかりと推移しているものの、遅行スパンは26日前のローソク足を割り込んできている。

「下げ止まったのか」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。上値の重たい展開が続くのであれば、右肩下がりのACラインに沿った展開が続くことが考えられたからだ。
実際には、B点が位置する時間帯にかけて値を上げ、ACラインから放れてきた。

次の注目日は3月30日前後である。

A点水準:約45円
B点水準:約70円
C点水準:約30円

リップルチャート

今週のポイントは下げ止まることが出来たのかということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。
先週末にかけてB点が位置する時間帯を通過した。したがって、B点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。A点が位置する時間帯を通過した後も下落が続き、下値支持線と期待されたABラインを割り込んでいる。また、上値抵抗線BCラインが存在しているからだ。
この場合、40円を試す動きになっていこう。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性がある。B点が位置する時間帯にかけて陽線が出現し下げ止まっている。また、右肩下がりACラインからも上放れてきているからだ。
この場合、60円台に乗せていくことが期待される。

<一目均衡表>
リップルチャート

現在は雲の中を推移しているが、雲の上方に抜けるか、それとも下抜けるのかに注目をしたい。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

  • はてなブックマーク
【FINTECH-asp】 新型コロナウイルス検査キット

3月15日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「最高値を更新」

ビットコインは最高値を更新。先週までのペンタゴンチャートでわずかではあるが、「時間の逆行」が完成したことから描き換えとなった。なお、このペンタゴンチャートは前ペンタゴンチャートと並行させて今年の1月より描いてきたチャートである。

次の注目日は3月21日前後である。

A点水準:約640万円
B点水準:約540万円
C点水準:約480万円
D点水準:約580万円 

ビットコインチャート

今週のポイントは上昇トレンドは続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
AEラインに注目したい。
堅調な展開が続くのであれば、上値抵抗線として存在しているAEラインを越えて真上に新しいペンタゴンが描き足されることになるからだ。逆に越えることが出来ないと、次第に上値の重たい展開移行することになろう。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。A点が位置する時間帯を通過した直後から再度上昇に転じている。また、B点が位置する時間帯を通過した後も上昇が続いている。そして、右肩下がりのABラインおよびADラインを越えてきているからだ。
この場合、600万円台後半を目指す動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。先週末C点が位置する時間帯を通過したことで、流れが変わる可能性がある。また、上値抵抗線AEラインが存在しているからだ。
この場合、500万円を割り込んでいくことになろう。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

遅行スパンが26日前のローソク足に接近している。しっかりとローソク足の上方を通過することが出来るのか否かがポイントになる。

「上値は重たくなるのか」

先週のレポートでは、ADラインに注目した。堅調な展開に移行するのであれば、上値抵抗線として存在しているADラインを越えていくことが求められたからだ。 実際には、ADラインだけでなくACラインも越えて上昇が続いている。

次の注目日は3月20日前後である。

A点水準:約17万円
B点水準:約21万円
C点水準:約18万6000円 

イーサリアムチャート

今週のポイントは流れが変っていくのかということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。
先週末にB点が位置する時間帯に到達した。したがって、B点が位置する時間帯が変化日となり、新しい動きが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。A点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯より上昇に転じ、ADラインだけでなくACラインをも越えてきているからだ。
この場合、21万円台に乗せていくことが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。B点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、また、右肩下がりのBCラインが上値抵抗線として存在している。そして、ダブルトップを形成したと考えることができるからだ。
この場合、18万円を割り込んでいくことになろう。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

遅行スパンを見ると、26日前のローソク足を割り込んできた。

「上値の重たい展開が続く」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになった。
実際には反発に転じていたのだが、B点が位置する時間帯より横這いとなり、C点が位置する時間帯より下落に転じている。

次の注目日は3月18日前後である。

A点水準:約55円
B点水準:約30円
C点水準:約45円
D点水準:約70円

リップルチャート

今週のポイントは上値の重たい展開が続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
CEラインに注目したい。
高値からの下落を見ると、右肩下がりのACEラインに沿って推移している。したがって、上値の重たい展開が続くのであれば、ACEラインに絡んだ動きも続くことが考えられるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。C点が位置する時間帯を通過した後も陰線が出現している。右肩上がりの下値支持線CDラインを割り込んできたからだ。
この場合、40円を試すことが考えられよう。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性も残っている。右肩上がりのCDラインに沿った展開になる可能性も残っている。また、C点が位置する時間帯を通過することで、流れが変わる可能性があるからだ。
この場合、60円台に戻す可能性がある。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲の中に入り込んできてしまった。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

  • はてなブックマーク
【FINTECH-asp】 新型コロナウイルス検査キット

3月8日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「少しは落ち着いたか」

先週のレポートではC点に注目した。C点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。

実際には最高値を示現後、値を下げていたビットコインはC点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯で下げ止まった後は再び反発に転じているのがわかる。値動きは荒いが、ペンタゴンチャートの特徴通りに動いている。

次の注目日は3月8日前後である。

A点水準:約535万円
B点水準:約560万円
C点水準:約510万円
E点水準:約520万円 

ビットコインチャート

今週のポイントは少しは落ち着いた動きになるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。
週明けにD点が位置する時間帯を通過する。したがって、D点が変化日となり、新しい動きがどのように出てくるのかに注目したい。

(現在のシナリオ)
基本的には上値の重たい展開が続いている。上値抵抗線としてADラインおよびDEラインが存在しているからだ。
この場合、再び500万円を割り込んでいく可能性が残る。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性もある。C点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯より上昇に転じている。また、D点が位置する時間帯を通過することで流れが変わる可能性もあるからだ。 この場合、550万円を越えていくことが求められる。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

転換線と基準線がクロス寸前となっている。加えて、遅行スパンが26日前のローソク足に接近。故に、流れが変わるのか否かに注目したい。

<予備のビットコイン>
ビットコインチャート

「時間の逆行を回避」

先週のレポートでは、C点に注目した。ペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過することで、新しい流れが出るのかはだけでなく『時間の逆行』が回避されるのか否かもポイントになったからだ。

実際にはC点が位置する時間帯にかけて安値を付けた後に反発に転じたのだが、時間の逆行は回避されている。

次の注目日は3月8日前後である。

A点水準:約14万7,000円
C点水準:約17万円 

イーサリアムチャート

今週のポイントは下げ止まったのかということである。

<あくまでも個人的見解>
CFラインに注目したい。
堅調な展開に移行するのであれば、上値抵抗線として存在しているCFラインを越えていくことが必要になるからだ。

(現在のシナリオ)
現在は上値の重たい展開が続いている。上値抵抗線CFラインの手前にも右肩下がりのCEラインが上値抵抗線として存在しているからだ。
この場合、15万円を試すことが考えられる。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性はある。ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるC点を通過以降、値を上げている。上値抵抗線として存在していたCDラインも越えてきているからだ。
この場合、18万5000円を越えていくことになろう。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

雲の上限が下値支持線になっているのがわかる。ただし、遅行スパンは26日前のローソク足を下回ってきた。

「上値の重たい展開が続く」

先週のレポートでは、B点に注目した。ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたり且つ中心点でもあるB点を通過することで、流れが変わるのか、そしてB点の上方を通過するのか下方を通過するのかがポイントになったからだ。
実際にはB点の上方を通過し下げ止まりから反発に転じている。

次の注目日は3月10日前後である。

A点水準:約55円
B点水準:約42円
C点水準:約30円
D点水準:約45円
E点水準:約70円

リップルチャート

今週のポイントは堅調な展開に移行することが出来るのかということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。
先週末にC点が位置する時間帯に到達した。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。高値から右肩下がりのADラインに沿って推移をしている。また、C点が位置する時間帯を通過した直後に陰線が出現しているからだ。 この場合、40円を試す動きになっていこう。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性もある。ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるB点を通過した直後に陰線が出現しているからだ。
この場合、まずは60円台に乗せていくことが期待される。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲のねじれの位置を通過。その翌日に陰線が出現していることからも、週初の動きには注目したい。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

  • はてなブックマーク
【FINTECH-asp】 新型コロナウイルス検査キット

3月1日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「時間の逆行を回避」

先週のレポートではACラインに注目した。ACラインを越えている状態は『時間の逆行』と言い、ペンタゴンチャート上はあってはならないこととされている。したがって、ACラインの内側に戻ってくるのか否かがポイントになった。

実際には、大きく下落しACラインを割り込み、時間の逆行は回避された。

次の注目日は3月8日前後である。

A点水準:約535万円
B点水準:約495万円
C点水準:約560万円
D点水準:約510万円
E点水準:約480万円

ビットコインチャート

今週のポイントは上値の重たい展開が鮮明になるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。
大きく乱高下するビットコインだが、ペンタゴンチャートのポイントにはしっかりと反応している。したがって、ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるD点を通過することで、新しい流れが出るのか否かに注目をしたい。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開となっている。高値より20%も下落し、先週末にかけては下値支持線と期待されたBDラインおよびBFラインを割り込んできているからだ。
この場合、480万円を試す動きが考えられる。

(第2シナリオ)
堅調な展開に戻る可能性も残っている。D点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。また、BEラインが下値支持線になるとも期待される。
この場合、理想的には560万円を越えていく動きを期待したい。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

大きく上昇したビットコインだが、転換線を割り込んできた。基準線の水準を維持することが出来るのか否かに注目をしたい。

<予備のビットコイン>
ビットコインチャート

「週明けの動きに注目」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。ACラインを越えている状態は『時間の逆行』というのだが、この状態はペンタゴンチャート上あってはならない、とされているからだ。実際には、ACラインの内側に戻り、時間の逆行は回避されている。

次の注目日は3月8日前後である。

A点水準:約14万7,000円
C点水準:約17万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは下げ止まることが出来るのかということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。
先週末にC点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過した。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、下げ止まりから落ち着いた動きになるのか否がポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開となっている。下値支持線となっていたACラインを割り込んできた。また、BCラインも割り込んできた。そして、右肩下がりのCDラインおよびCEラインが上値抵抗線として控えているからだ。 この場合、14万円を試す動きになっていこう。

(第2シナリオ)
堅調な展開に戻る可能性も残っている。C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、BDラインが下値支持線になる可能性があるからだ。 この場合、18万円を越えていくことが求められる。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

転換線および基準線をも割り込んできた。雲の上限が下値支持線となり、下げ止まることが出来るのか否かがポイントになる。

「ど真ん中の時間帯を通過」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。
実際には値を戻すことなく下落し、ACラインをも割り込んできた。

次の注目日は2月27日前後である。

A点水準:約45円
B点水準:約30円
C点水準:約55円
D点水準:約42円

リップルチャート

今週のポイントは週明けに流れが変わるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。
週末にD点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過する。したがって、週明けに新しい動きが出るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開となっている。A点が位置する時間帯より下落に転じ、右肩上がりの下値支持線ACラインも割り込んできている。また、右肩下がりのCEラインが上値抵抗線として控えている。そして、p点とのダブルトップを形成した可能性があるからだ。
この場合、40円を割り込んでいくことが考えられる。

(第2シナリオ)
下げ止まりから落ち着いた動きに移行する可能性も残っている。C点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、中心点D点の上方を通過していることから、下値は限定的と考えることができるからだ。
この場合、60円を窺がう動きになっていこう。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲の上限が下値支持線になるのか否かとともに、雲のねじれの位置の動きに注目したい。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

無題ドキュメント
  • はてなブックマーク
【FINTECH-asp】 新型コロナウイルス検査キット

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示