川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

川口一晃(かわぐち・かずあき)

金融ジャーナリスト、経済評論家。1986年より11年間、ファンドマネージャーを務める。現在はテレビ、ラジオなどレギュラー多数。月9などのドラマの監修にも従事。著書も多数。

ブログランキング

  • にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

ホームページ

コレモニナカノ円

ブログ

コレモニナカノ円

メルマガ・セミナー

メルマガ
メルマガ

書籍

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

12月28日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「ど真ん中の時間帯を通過」

先週のレポートではB点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで、流れが変わるのか否かがポイントになったからだ。

実際にはB点を通過した直後に下落に転じたのだが、すぐに反発に転じ上値抵抗線BEラインを越えてきた。

次の注目日は12月28日前後である。

A点水準:約244万円
C点水準:約255万円
D点水準:約220万円
F点水準:約260万円

ビットコインチャート

今週のポイントは流れは変わるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。
週明けにC点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過する。したがって、C点が変化日となり、流れが変わるのか否かがポイントになる。

(現在のシナリオ)
上昇トレンドが続いている。上値抵抗線と存在していたBEラインを越えたことで、今後はBEラインが下値支持線となっている。右肩上がりの下値支持線EFラインが控えているからだ。
この場合、260万円を越えていくことが考えられる。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も出てきた。C点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯が変化日となり流れが変わる可能性があるからだ。
この場合、230万円を試す動きになっていこう。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

上昇トレンドが続いている。

「週明けの動きに注目」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで、B点が変化日となり流れが変わるのか否かがポイントになったからだ。
実際には、B点が位置する時間帯にB点に引き寄せられた後に下落に転じBCラインに沿って推移している。

次の注目日は12月28日前後である。

A点水準:約6万円
B点水準:約6万8000円
C点水準:約4万5000円
D点水準:約8万3000円

イーサリアムチャート

今週のポイントは週明けの動きに注目ということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。
週明けにC点が位置する時間帯を通過する。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。現ペンタゴンの中に入った後も右肩上がりのABラインを中心に堅調な展開を見せている。また、右肩上がりのCDラインが下値支持線として控えているからだ。
この場合、7万円台に乗せていくことが考えられる。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も出てきた。右肩上がりのABラインから下放れている。また、B点が位置する時間帯を通過した直後より下落に転じているからだ。
この場合、5万円を試す動きになることが考えられる。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

堅調な展開が続いているものの、転換線を割り込んできている。また、遅行スパンが26日前のローソク足に到達した。

「大きく値を崩す」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。堅調な展開が続くのであれば、右肩上がりのACラインを割り込むことなく推移していくことが求められた。
実際には、B点が位置する時間帯より急落。ACラインだけでなく一時的にはBEラインをも割り込む値動きとなった。

次の注目日は12月31日前後である。

A点水準:約45円
B点水準:約30円
C点水準:約55円
D点水準:約42円

リップルチャート

今週のポイントは下げ止まることが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。
先週末にD点が位置する時間帯を通過した。したがって、ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるD点が変化日となり、流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開になっている。右肩上がりで下値支持線と期待されたACラインを割り込んでしまった。また、一時的ではあるがBEラインをも割り込んだ。そして、中心点D点の下方を通過したことで、上値は限定的と考えられるからだ。 この場合、30円を割り込んでいくことが考えられる。

(第2シナリオ)
堅調な展開に戻る可能性もある。D点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、下値支持線としてBEラインおよびEFラインが控えているからだ。
この場合、50円を窺がう動きになっていこう。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲の下限を割り込むほど大きな下落となっている。また、遅行スパンは26日前のローソク足を割り込んできた。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 【FINTECH-asp】

12月21日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「大きく上昇」

先週のレポートでは、D点に注目した。D点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出るのか否かがポイントになった。

実際には、D点が位置する時間帯を通過した直後より大きく上昇。CFラインおよびBFラインだけでなく、AFラインをも越えて右上に新しいペンタゴンが描き足された。

次の注目日は12月28日前後である。

A点水準:約244万円
B点水準:約220万円
C点水準:約203万円
D点水準:約180万円

ビットコインチャート

今週のポイントは上昇トレンドは続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
E点に注目したい。
先週末にE点が位置する時間帯に到達した。したがって、E点が位置する時間帯が変化日となり、新しい動きが出るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上昇トレンドが続いている。D点が位置する時間帯より大きく上昇している。そして、右肩下がりの上値抵抗線AEラインを越えて上昇が続いている。
この場合、240万円台に乗せていくことが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性に残っている。E点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性がある。また、右肩下がりのEFラインが上値抵抗線として控えているからだ。
この場合、220万円を割り込み、右下に新しいペンタゴンが描き足さエルことになろう。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

雲から放れて上昇トレンドが続いている。

「上昇トレンドは続く」

先週のレポートでは、ACラインおよびADラインに注目した。ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるA点を通過した後は、堅調な展開が続くのであればACライン、上値の重たい展開に移行するのであればADラインに沿った展開が考えられたからだ。
実際には、ACラインに沿った展開を示し、堅調な展開を維持している。

次の注目日は12月28日前後である。

A点水準:約6万円
B点水準:約8万3000円
C点水準:約6万8000円

イーサリアムチャート

今週のポイントはこのまま上昇トレンドは続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。
先週末にC点に到達した。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上昇トレンドは続いている。A点およびB点が位置する時間帯を通過した後も上昇が続いている。また、右肩上がりのACラインに沿った展開を維持しているからだ。
この場合、7万円に乗せていくことが考えられる。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性はある。C点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性がある。また、右肩下がりのCDラインが上値抵抗線として控えているからだ。
この場合、5万円を試す動きになっていこう。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

遅行スパンも26日前のローソク足を上回り、堅調な展開を維持している。。

「正念場を迎える」

先週のレポートでは、ADラインに注目した。堅調な展開を維持するのであれば、上値抵抗線であるADラインを越えていくことが求められたからだ。
実際には、下値支持線BDラインまで下落した後に反発しADラインに到達した。

次の注目日は12月24日前後である。

A点水準:約70円
B点水準:約45円
C点水準:約30円
D点水準:約55円

リップルチャート

今週のポイントは堅調な展開を維持することが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
BDラインに注目したい。
右肩上がりで下値支持線となっているBDラインを維持することが出来るのか否かがポイントになっている。 すなわち、BDラインを割り込むと上値の重たい展開に移行することになろう。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。BDラインの上方を推移している。先週末の終値はADラインを越えてきているからだ。 この場合、70円を窺がう動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性はある。A点が位置する時間帯より下落に転じている。また、ADラインに沿った展開となる可能性も残っている。そして、D点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性があるからだ。
この場合は、40円台前半を試す動きになっていこう。

<一目均衡表>
リップルチャート

遅行スパンは26日前のローソク足に到達。現水準を維持することが出来ないと、上値の重たい展開に移行することなる。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 【FINTECH-asp】

12月14日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「押し目はどこまで」

先週のレポートでは、C点に注目した。C点が位置する時間帯を通過することで流れが変わるのか否かがポイントになったからだ。

実際には、まさしくC点が起点となり、右肩下がりのCDラインに沿って値を下げてきている。

次の注目日は12月15日前後である。

A点水準:約180万円
B点水準:約195万円
C点水準:約203万円

ビットコインチャート

今週のポイントは押し目はどこまでなのかということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。
現在CDラインに沿って推移しているのであれば、D点が位置する時間帯にD点に水準に接近することが考えられる。したがって、D点水準が押し目のメドとなり下げ止まるのか否かがポイントになってくる。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。下値支持線ADラインが存在している。また、右肩上がりのDEラインも控えているからだ。
この場合、再度200万円台に乗せてくることが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。C点が位置する時間帯以降、下落が続いている。しかもCDラインに沿って推移しているからだ。
この場合、ADラインを割り込んでいくことが考えられる。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

ビットコインは転換線を割り込んでしまった。また、遅行スパンが26日前のローソク足に接近していることに注目をしたい。

「流れは変わるのか」

先週のレポートでは、C点に注目した。ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるC点を通過することで、新しい動きが出るのか否かがポイントになったからだ。
実際には陰線を示現した後、下値支持線と期待されたACEラインを割り込んできた。

次の注目日は12月16日前後である。

A点水準:約4万円5000円
B点水準:約6万8000円
C点水準:約6万円

イーサリアムチャート

今週のポイントはど真ん中の時間帯を通過したことで、流れは変わったのかということである。

<あくまでも個人的見解>
CEラインおよびCFラインに注目したい。
このまま上値の重たい展開に移行するのであれば、右肩下がりのCFラインに沿った展開になっていくことが考えられる。 逆に、堅調な展開を維持するのであれば、右肩上がりのCEラインに引き戻されることが求められるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。上値抵抗線CFラインの上方に現在値がある。また、C点が位置する時間帯以降、横這いとなっているからだ。
この場合、6万円台を回復することが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性はある。C点が位置する時間帯に陰線が出現している。また、下値支持線と期待された右肩上がりのACEラインを割り込んでしまった。そして、D点が位置する時間帯を通過することで、流れが変わる可能性があるからだ。
この場合、5万円を割り込むことが考えられる。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

転換線を割り込み、上昇トレンドも一服した感がある。基準線を維持することが出来るのか否かがポイントになる。

「高値でのもち合い」

先週のレポートではA点に注目した。A点が位置する時間帯を通過することで、流れが変わるのか否かがポイントになったからだ。しかも、A点が位置する時間帯に比較的大きな陰線が出現もしたからでもある。
実際には、その後は大きく下落することなく高値でのもち合いとなっている。

次の注目日は12月17日前後である。

A点水準:約70円
B点水準:約45円
C点水準:約30円
D点水準:約55円

リップルチャート

今週のポイントはもち合いが続くのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
ADラインに注目したい。
堅調な展開を維持するのであれば、右肩下がりで上値抵抗線として存在しているADラインを越えていくことが求められるからだ。逆に言えば、ADラインを越えることが出来ないのであれば、上値の重たい展開に移行することになろう。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。上値抵抗線として存在していたABラインを越えてきている。また、B点が位置する時間帯を通過することで、流れが変わる可能性があるからだ。
この場合、70円を窺がう動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。A点が位置する時間帯以降、上値を抑えられている。また、右肩下がりの上値抵抗線ADラインが控えているからだ。
この場合、50円を割り込んでいくことが考えられる。

<一目均衡表>
リップルチャート

現在値は転換線を割り込んできた。そして、遅行スパンの前には26日前のローソク足が立ちふさがっている。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 【FINTECH-asp】

【無料セミナー】12月16日 酒匂隆雄さん・川口一晃さんの特別対談がyoutubeで生配信されます

  • はてなブックマーク

みなさん、こんにちは。

トレトレ編集部より、無料セミナーのお知らせです。

12月16日(水)20時より、酒匂隆雄さんと川口一晃さんの特別対談がYoutubeで生配信されます!

「酒匂隆雄×川口一晃 生対談配信スペシャル」
https://www.amethyst.hk/seminar/2020-xmas-seminar/

開催日:2020年12月16日(水)20:00~21:00
配信方法:Youtube ライブ配信
参加費:無料

こちらのセミナーはアメジスト香港様の企画によるもので、川口先生とFXのカリスマトレーダー酒匂隆雄さんが登場し、「2021年の為替」「仮想通貨がどのように動いていくか」などを対談するライブセミナーとなっております。

リップルの爆上げを事前に見事的中させた川口先生のペンタゴンチャートの解説もありますので、リップルが今後どのような動きをするか知りたい方も要チェックです。

▼的中させたときのブログがこちら▼
https://www.trade-trade.jp/blog/kawaguchi/20201123/

そして、今回のセミナーでは参加者全員に必ず何か当たるクリスマスプレゼントが用意されており、1等賞はなんと10万円分のビットコインが当たるようです!

セミナーはYoutubeによるライブ配信のため、スマホやPCがあれば自宅や職場などから自由に視聴可能となっております。
※今のところ、セミナー終了後のライブラリー公開は予定していないそうです。

お申込み、セミナーの詳細については、下記ページよりご確認ください。

▼「酒匂隆雄×川口一晃 生対談配信スペシャル」▼
https://www.amethyst.hk/seminar/2020-xmas-seminar/

12月16日はセミナーに参加して、素敵なクリスマスプレゼントをもらいましょう!

  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 【FINTECH-asp】

12月7日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「上昇トレンドは続く」

先週のレポートではAEラインに注目した。AEラインが下値支持線になるのか否かがポイントになった。下値支持線になることで上昇トレンドを維持することが期待されたからだ。

実際には、AEラインから下放れることはなく、むしろAEラインから上放れ、200万円に乗せる場面もあった。

次の注目日は12月7日前後である。

A点水準:約180万円
B点水準:約208万円
C点水準:約195万円
D点水準:約203万円

ビットコインチャート

今週のポイントはこのまま上昇トレンドは続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。週明けにD点が位置する時間帯を通過する。したがって、D点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。AEラインが下値支持線として控えている。B点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯以降も上昇が続いているからだ。
この場合、210万円に乗せていくことが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。D点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、右肩下がりのDEラインが上値抵抗線として控えているからだ。
この場合、AEラインを割り込んでいくことが考えられる。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

上昇トレンドが続いている。ここでは遅行スパンがローソク足に接近していることから、遅行スパンに注目したい。

「流れは変わるのか」

先週のレポートでは、ADラインに注目した。ADラインが下値支持線となるのであれば、堅調な展開が続くことが期待されたからだ。
実際には、ADラインが下値支持線となり堅調な展開が続いている。

次の注目日は12月8日前後である。

A点水準:約4万円5000円
B点水準:約6万8000円
D点水準:約6万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは流れが変わるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。
週明けにD点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過する。したがって、D点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続く可能性はある。右肩上がりの下値支持線ADEラインが存在している。また、上値抵抗線として存在していたBDラインを越えてきているからだ。
この場合、7万円に乗せていくことが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性がある。D点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯が変化日となる可能性がある。また、C点が位置する時間帯を通過した後は上値を抑えられ、ダブルトップに近いパターンを形成しているからだ。
この場合、5万円を割り込んでいくことが考えられる。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

堅調な展開が続いているのだが、現在値が転換線に接近していることから、現在値と転換線の位置関係に注目したい。

「週明けの動きに注目」

先週のレポートでは、ABラインに注目した。堅調な展開が続くのであれば、右肩上がりのABラインを維持することが期待されたからだ。
実際には、先週末にかけてABラインを割り込み、B点が位置する時間帯で大きく値を下げてきた。

次の注目日は12月12日前後である。

A点水準:約30円
B点水準:約70円
C点水準:約45円

リップルチャート

今週のポイントは週明けの動きに注目したいということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。
先週末にB点が位置する時間帯に到達した。したがって、B点が位置する時間帯が変化日となり新しい動きが出るのか否かがポイントになるからだ。すなわち、先週末の陰線が流れの変化を示唆しているのか、それとも週明けに上昇に転じるのか、ということである。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。B点が位置する時間帯が変化日となり、週明け以降に上昇に転じる可能性は残っている。
この場合、70円台に乗せていくことが求められる。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性が出てきた。B点が位置する時間帯に大きな陰線が出現している。また、右肩下がりのBCラインが上値抵抗線として控えているからだ。
この場合、50円を割り込んでいくことが考えられる。

<一目均衡表>
リップルチャート

上昇トレンドは続いているものの、先週末のローソク足は転換線を割り込んでいる。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 【FINTECH-asp】

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示