川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

川口一晃(かわぐち・かずあき)

金融ジャーナリスト、経済評論家。1986年より11年間、ファンドマネージャーを務める。現在はテレビ、ラジオなどレギュラー多数。月9などのドラマの監修にも従事。著書も多数。

ブログランキング

  • にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

ホームページ

コレモニナカノ円

ブログ

コレモニナカノ円

メルマガ・セミナー

メルマガ
メルマガ

書籍

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

3月30日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「上値を抑えられる」

先週のレポートではACラインに注目した。堅調な展開が続くのであれば、上値抵抗線として存在しているACラインを越えていくことが求められたからだ。

しかし、実際には越えることが出来ずにC点に引き寄せられ、C点が位置する時間帯を通過した直後に陰線が出現している。

次の注目日は3月31日前後である。

A点水準:約90万円
B点水準:約50万円
C点水準:約75万円
E点水準:約65万円

ビットコインチャート

今週のポイントはこのまま上値を抑えられてしまうのかということである。

<あくまでも個人的見解>
CEラインに注目したい。

このまま上値の重たい展開に移行するのであれば、上値抵抗線CEラインを越えていくことが出来ずに、推移していく可能性があるからだ。
逆に言えば、堅調な展開を維持するのであれば、出来るだけ早い時間帯にCEラインを越えていく必要がある。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。右肩上がりのBCラインに沿って推移している。また、下値支持線BEラインが控えているからである。
この場合、まずは80万円台乗せが目標となってこよう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開になっていくことが考えられる。C点が位置する時間帯を通過以降に値を下げてきている。上値抵抗線CEラインが存在している。そして、D点が位置する時間帯を通過することで新しい流れが出る可能性もあるからだ。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

雲のねじれの位置を通過していく。このねじれの位置が変化日になるのか否かがポイントになってくる。

「横這いとなっている」

先週のレポートではADラインに注目した。堅調な展開に移行するのであれば、上値抵抗線ADラインを越えていくことが求められたからだ。
実際には、横這いが続いている。

次の注目日は3月31日前後である。

A点水準:約2万円
B点水準:約5,000円

イーサリアムチャート

今週のポイントはど真ん中の時間帯を通過で新しい流れが出るのかということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。
先週末にB点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過したことで、B点が変化日となり新しい流れが出るのか否かがポイントになるからだ。横這いが続いているだけに放れる方向に注目したい。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。上値抵抗線ADラインが存在している。B点が位置する時間帯を通過した直後に陰線が出現しているからだ。
この場合、1万円を試す可能性がある。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性もある。B点が位置する時間帯を通過した後に新しい流れが出る可能性がある。また、下値支持線BDラインが控えているからだ。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

雲の下方で推移し上値の重たい展開が続いている。

「ど真ん中の時間帯を通過」

先週のレポートではA点に注目した。A点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。
実際にはA点が位置する時間帯にかけて値を上げたものの、その後は横這いとなっている。

次の注目日は4月3日前後である。

A点水準:約30円
B点水準:約20円
C点水準:約5円
E点水準:約15円

リップルチャート

今週のポイントはど真ん中の時間帯を通過することで、新しい流れが出るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。
先週末にB点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過したことで、新しい流れが出るのか否かがポイントになる。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。A点が位置する時間帯を通過した後も値を上げることなく横這いとなっている。上値抵抗線DEラインが控えているからである。
この場合、10円を試す可能性がある。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性がある。B点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わっていく可能性がある。下値支持線CEラインが控えているからである。
この場合、30円を窺がう動きになる可能性がある。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲のねじれの位置を通過した。したがって、新しい流れが出るのか否かがポイントになってくる。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 【FINTECH-asp】

3月23日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「時間の逆行を回避」

先週のレポートでは、ABラインに注目した。なぜならば、ABラインを下回っている状態は「時間の逆行」といい、ペンタゴンチャート上はあってはならないとされているからだ。すなわち、B点が位置する時間帯までのうちにABラインの内側に戻っていくことが期待される。

実際には、ペンタゴンチャートの基本通り、ABラインの内側に戻り時間の逆行は解消された。

次の注目日は3月26日前後である。

A点水準:約90万円
B点水準:約50万円
C点水準:約75万円

ビットコインチャート

今週のポイントは反発上昇が続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
ACラインに注目したい。

堅調な展開に移行するのであれば、上値抵抗線ACラインを越えていくことが求められるからだ。逆に言えば、ACラインを越えることが出来ないのであれば、再び安値を模索する動きになっていこう。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。上値抵抗線ACラインが控えている。しかも、ACラインの手前で上ヒゲの長い同事線が出現しているからである。
この場合、BCラインを割り込み安値を探る可能性がある。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性も出てきた。B点が位置する時間帯を通過した後も陽線が続いている。また、右肩上がりの下値支持線BCラインが控えているからだ。
この場合、ACラインを越えてAEラインを窺う動きになっていこう。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

雲から大きく下放れている。しかし、基準線に接近している。この基準線を越えることが出来るのか否かに注目したい。

「下げ止まったのか」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで流れが変わる、つまり下げ止まることが出来るのか否かがポイントになったからだ。
実際には、B点を通過した後は横這いとなり上値抵抗線ACラインを越えてきた。

次の注目日は3月26日前後である。

A点水準:約2万円  C点水準:約5,000円

イーサリアムチャート

今週のポイントは下げ止まったのかということである。

<あくまでも個人的見解>
ADラインに注目したい。
下げ止まりから堅調な展開に移行するのであれば、上値抵抗線ADラインを越えていくことが求められる。
逆に言えば、ADラインを越えることが出来ないのであれば、基本的には上値の重たい展開が続くことになる。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。A点が位置する時間帯より下落が続き、ADラインを割り込み真下に新しいペンタゴンが描き足された。その後はADラインが上値抵抗線として控えているからだ。
この場合、1万円を割り込む可能性もある。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性もある。B点が位置する時間帯以降、下げ止まる動きを見せている。また、上値の抵抗線ACラインを越えてきた。そして、右肩上がりのCDラインが控えているからだ。
この場合はAEラインを越えていくことが求められる。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

雲の下方を推移しているかが、転換線を越えてきた。

「軟調な展開が続く」

先週のレポートではB点に注目した。B点が位置する時間帯にB点に引き寄せられたことから、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。
実際には右肩下がりのABラインに沿って下落していたのだが、B点を通過した後は横這いとなり下げ止まる気配を見せている。

次の注目日は3月26日前後である。

A点水準:約30円
B点水準:約15円
D点水準:約20円
E点水準:約5円

リップルチャート

今週のポイントは軟調な展開は続くのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。
先週末にかけてC点が位置する時間帯を通過した。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる、すなわち下げ止まりから落ち着いた動きになるのか否かがポイントになる。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。B点が位置する時間帯以降、横這いにはなっているものの上昇するまでには至っていない。また、ABEラインに沿って推移していると見ることもできるからだ。
この場合、10円を試す可能性はある。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性もある。C点が位置する時間帯に陽線が出現し値を上げている。そして、BEラインからも放れてきているからだ。
この場合、CFラインを窺う動きになっていくことが期待される。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲のねじれの位置が接近している。つまり、変化日となるのか否かに注目。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 【FINTECH-asp】

3月16日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「時間の逆行が生じる」

先週のレポートでは、A点に注目した。A点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過することで新しい流れが出るのか否かがポイントになった。

実際には、下げ止まることなく下落に加速がついた。すなわち、AEラインを割り込み右下に新しいペンタゴンが描き足され、更にはABラインを割り込み「時間の逆行」状態が生じている。

次の注目日は3月18日前後である。

A点水準:約90万円
B点水準:約50万円

ビットコインチャート

今週のポイントは下げ止まりから時間の逆行が解消されるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
ABラインに注目したい。

上述したように、ABラインを割り込んでいる状態は「時間の逆行」であり、在ってはならないこととされている。すなわち、ABラインの内側に戻ってこられるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
軟調な展開となっている。A点が位置する時間帯以降、下落が続いている。ABラインおよびACラインが上値抵抗線として存在しているからだ。
この場合、B点が位置する時間帯を意識しながらの動きになっていこう。

(第2シナリオ)
下げ止まりから落ち着いた動きになっていく可能性がある。ABラインを割り込んでいる状態が解消される可能性があるからだ。
この場合、C点水準を意識した動きを期待したい。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

雲を割り込み軟調な展開がしばらく続くことが予想される。

「大きく下落」

先週のレポートでは、A点に注目した。A点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。
実際には、A点を通過直後も下落が続き、ADラインを割り込み真下に新しいペンタゴンが描き足された。

次の注目日は3月19日前後である。

A点水準:約2万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは下げ止まることが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。
先週末にB点が位置する時間帯を通過する。したがって、B点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
軟調な展開となっている。ADラインが下げ止まる気配を見せたのだが、そのADラインより下放れ、真下に新しいペンタゴンが描き足された。また、上値抵抗線ACラインが存在しているからだ。
この場合、1万円を割り込む可能性が出てきた。

(第2シナリオ)
下げ止まりから落ち着いた動きになる可能性も出てきた。B点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性があるからだ。
この場合、ADラインを越えていくことが求められる。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

雲の下限を割り込み、軟調な展開が続いている。

「安値を更新」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで下げ止まることが出来るのか否かがポイントになった。
しかし、実際には下げ止まることなく下落が続き、C点に引き寄せられた。

次の注目日は3月19日前後である。

A点水準:約30円
C点水準:約15円

リップルチャート

今週のポイントは下げ止まることが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。
先週末にかけてC点が位置する時間帯に到達した。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、下げ止まることが出来るのか否かがポイントになる。

(現在のシナリオ)
軟調な展開が続いている。右肩下がりのACラインに沿って推移している。B点が位置する時間帯を通過した後も下落が続いているからだ。
この場合、10円を試す可能性も出てくる。

(第2シナリオ)
下げ止まりから落ち着いた動きになる可能性も残っている。C点が位置する時間帯が変化日になり流れが変わる可能性がある。また、右肩上がりのCDラインが下値支持線になることも考えられるからだ。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲の下限から下放れ、軟調な展開が続いている。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 【FINTECH-asp】

3月9日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「新しい流れが出るのか」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。下値支持線として位置しているACラインを維持することで下げ止まりから堅調な展開を維持することがきるからだ。

実際には、ACラインを割り込むことなく推移し、先週末にはC点が位置する時間帯に到達した。

次の注目日は3月18日前後である。

A点水準:約90万円
B点水準:約115万円

ビットコインチャート

今週のポイントはペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過することで、新しい流れが出るのかということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。

先週末にC点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯に到達した。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。右肩上がりのCDラインが下値支持線になることが期待される。また、CDラインを割り込んだとしても、CEラインが控えているからだ。
この場合、100万円台を回復することは求められる。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性はある。C点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯が変化日となり新しい流れに移行する可能性があるからだ。
この場合は90万円を割り込んでいくことになる。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

雲の中に入ってことで上値は重たくなっている。ここでは、雲の下限を維持することが出来るのか、維持することが出来るのであれば雲の上限を越えていくことが出来るのか否かがポイントになる。

「週明けの動きに注目」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。下値支持線として存在していたACラインを維持することが出来れば、堅調な展開が続くと期待された。
実際には、ACラインを割り込むことなく推移している。

次の注目日は3月18日前後である。

A点水準:約2万円
D点水準:約4万4000円

イーサリアムチャート

今週のポイントは週明けに新しい流れが出るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。
先週末にC点が位置する時間帯に到達した。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、週明けの新しい動きが出てくるのか否かがポイントになるからだ

(現在のシナリオ)
底堅い動きが続いている。下値支持線CDラインが存在している。また、CDラインを割り込んだとしてもCEラインが控えているからだ。
この場合、3万円を窺がう動きが期待されよう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。C点が位置する時間帯を通過することで流れが変わるの可能性があるからだ。
この場合、CFラインを割り込んでいくことが考えられる。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

右肩上がりの雲に接近しているが、赤線の遅行スパンに注目したい。26日前のローソク足の上方維持することが出来るのか否かがポイントになるからだ。

「新しい流れが出るのか」

先週のレポートではB点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。
実際には下げ止まっているものの、横這いの動きが続いている。

次の注目日は3月14日前後である。

A点水準:約30円
D点水準:約15円

リップルチャート

今週のポイントは新しい流れが出てくるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。
先週末にC点が位置する時間帯に到達した。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり新しい流れが出るのか否かがポイントになる。しかも、同事線に似た小さなローソク足が続き、横這いとなっているだけに要注目である。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。B点が位置する時間帯を通過した後も値を上げることなく推移している。また、上値抵抗線AEラインが存在しているからだ。
この場合、20円を窺がう動きになっていこう。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性も残っている。C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、右肩下がりのADラインに沿って推移していたのが、ADラインから放れてきているからだ。
この場合、AEラインを越えていくことが求められる。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲の下限を維持することが出来るのか否かがポイントになる。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 【FINTECH-asp】

3月2日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「下げ止まるか」

先週のレポートでは、C点に注目した。C点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。

実際には、C点を通過した直後より下落に転じ先週末にはAEラインに到達した。

次の注目日は3月6日前後である。

A点水準:約115万円
B点水準:約90万円
C点水準:約130万円

ビットコインチャート

今週のポイントは下げ止まることができるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
BEラインに注目したい。

下値支持線として控えているBEラインを維持することが出来れば、下げ止まりから落ち着いた動きになっていくことが期待できる。逆に割り込むと下値不安が広がり調整が長引くことになろう。

(現在のシナリオ)
下げ止まりから落ち着いた動きになっていくことが考えられる。下値支持線AEラインが存在している。また、AEラインの真下にはBEラインが控えているからだ。

(第2シナリオ)
軟調な展開に移行する可能性がある。D点が位置する時間帯を通過した後も陰線が続いている。また、上値抵抗線DEラインが控えているからだ。
この場合、90万円を割り込んでいくことが考えられる。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

雲の中に現在値が入ってきてしまった。遅行スパンも26日前のローソク足を割り込んできている。要警戒か。

「節目を試すのか」

先週のレポートでは、C点に注目した。C点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。
実際には、C点が位置する時間帯より下落に転じ、右肩下がりのBDラインに沿って値を下げてきている。

次の注目日は3月6日前後である。

A点水準:約2万円
B点水準:約3万5000円

イーサリアムチャート

今週のポイントは節目の水準を試す動きになるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
ADラインに注目したい。
節目の水準であるADラインを維持することが出来るのか否かがポイントになる。このADラインを割り込むと弱気が広がり、厳しい調整となることが考えられる。

(現在のシナリオ)
下げ止まりから落ち着いた動きになっていく可能性がある。下値支持線ADラインが控えている。また、ADラインの上方で先週末に同事線に近いローソク足が出現しているからだ。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開が鮮明になっていく可能性がある。C点が位置する時間帯を通過した後も下落が続いている。また、右肩下がりのBDラインに沿って推移しているからだ。
この場合は2万円を割り込んでくることが考えられる。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

遅行スパンが26日前のローソク足に接近している。こちらも正念場を迎えている。

「下落が止まらない」

先週のレポートでは、ABラインに注目した。下値支持線として存在していたABラインを維持することが出来るのか否かがポイントになったからだ。
実際には、B点に引き寄せられた後、下落が加速し、ABEラインを割り込んでしまっている。

次の注目日は3月3日前後である。

A点水準:約30円

リップルチャート

今週のポイントはどこまで下がるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。
週明けにC点が位置する時間帯を通過する。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開となっている。B点が位置する時間帯を通過した直後より下落が加速している。節目のABEラインを割り込んできている。そして、右肩下がりのBDラインを沿って推移しているからだ。 この場合、20円を試す可能性がある。

(第2シナリオ)
下げ止まりから落ち着いた動きに移行する可能性も残っている。週明けにC点が位置する時間帯を通過することで流れが変わる可能性があるからだ。
この場合、BEラインを越えていくことが求められる。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲を維持することが出来るのか否かがポイントになる。要注目である。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 【FINTECH-asp】

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示